商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻 1月号
大好評配信中!

Xmas・年末年始商戦も終わり、1月は消費が冷え込みがちな月。
こんな状況下で購入してもらうためには
「提案」と「他社との差別化」が肝となる。
その戦略を、商人伝道師こと水元仁志が徹底解説いたします。


ご視聴はコチラから

全番組見放題の法人会員の詳細はコチラ

個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






第32回売場大賞「ハロウィン」

ハロウィン商戦はいかがでしたでしょうか?
皆さまの取組み写真の応募お待ちしております。

売場大賞公式ホームページはこちら



今日は朝6時30分起床。
かなり疲れが溜まっているせいか…
起きれませんでした。

Blogを書いて…
「スーパーマーケット実践会 in 大阪」の会場へ…。
朝9時から夕方18時まで講義しまくります。
その後、帰京。


さて、もう11月も10日になろうとしています。
意外と9月くらいからどの企業も調子が良い。
なぜなのかわからないけど…。

そして…
そのせいか、チラシ削減を本気で考え始めている。
すごく良いことだ。
チラシの効果がなくなっている今…
本当にやり方を変えていかないと…

「ドブに捨てているようなもの」

だと思う。
この流れは、一気に進むかもしれませんね。

「第24回やる気と感動の祭典」

トリガーとなって、そういう方向に向かってくれることを…
期待する。


そして、今日は「Aランク商品のブラッシュアップ」について…。


今、商人伝道師が言っていること…。
それは「Aランク商品のブラッシュアップをしていくべき!!」ということ。
要するに「売れる商品」をもっとしっかり売っていく!!べきであると…
人手不足もあるので…

Bランク商品やCランク商品をAランクに押し上げるよりも…
Aランク商品をブラッシュアップするほうが確実に結果が変わると思っているからです。


今日は「鮮魚部門」を例にしてお話します。
まずは「マグロ」
間違いなく「Aランク」商品。
なのに、「相場が高い!!」で終わっている。
そこで、まずやらないといけないこと。
それは…

「目利き人の見える化」

必ずマグロは目利き人がいる。
素人が見てもわからないから…
そこで、その「目利き人」を見える化する。

f0070004_14045180.jpg

これを「MDシール化」して…
「目利き歴○○年の方が選んだ今週のマグロ」
みたいな展開をする。

お客様は「マグロ」を買っているのではなく…
「マグロを選んだ目利き人」の“信用”を買う。
そういう時代になる。


さらに、ミレニアル世代に人気のある…
「マグロのタタキ」や「マグロ切り落とし」
これは徹底的に「無添加」にこだわる。

f0070004_14074839.jpg

「第24回 やる気と感動の祭典」のブースに出展していた…
「㈱西松さん」などが持っている。
これだけで全く違う。
しかし、全国のスーパーマーケットの90%が「PH調整剤」
「酸化防止剤」「グリシン」を入れている。
これでは、絶対にミレニアル世代には支持されない。


さらに、「ブリ」
「養殖ブリ」は美味しさのアピールよりも「安全・安心」のアピール。

f0070004_14270594.jpg

「抗生物質を与えていないブリ」

をアピールできたら…。
圧倒的に支持される。


そして、「不」がいつもつきまとう…。
「天然ブリ」
しかし、原価は安い。
この商品を売り込んだら、利益が取れる。
ならば、その「不」の解消をする。

まずは「タレ漬け」
変色が早いので、タレ漬けで売り込む。

f0070004_14332976.jpg

そして、夕方からは…
ミレニアル世代への対応…。
「揚げもの」
で売り込む。
こういう風にして…
「不の解消」を行う。


「貝類」とて同じ。
まずは、「ホンビノス貝」
英語では「クラム」という。
みなさん、わかりますよね…
そうです。

「クラムチャウダー」のクラム。

ということは…。
ミレニアル世代には100%支持されるということでしょ。
これをPOP化する。

f0070004_14341300.jpg

そうすれば、物凄い数字を叩き出せる。
でも、ほとんどの企業が気づいていない。。
商人伝道師が「第2のあさり」と言い続けているんだけど…(笑)
届かないもどかしさ(泣)


このように、鮮魚部門だけでも…
「Aランク商品」のブラッシュアップがまだまだできる。
でも、全くどの企業もしていない。
だから、売上も…利益も…
伸び悩んでいるんだと思う。


先月の「第24回 やる気と感動の祭典」
鮮魚部門の発表はまさしくこれでした。

「Aランク商品のリノベーションを行うと、前年比2ケタアップになる!!」

という発表。
商人伝道師は何回も申し上げました。
そして…

「鮮魚担当者は100%モデリング!!」
「必ず2ケタアップするよ!!」
「だって、難しくないでしょ!!」


これは他部門にも言えること。
もう少し、Aランク商品の“ブラッシュアップ”に目を向けていたら…
もっともっと…
売上も…利益も…
伸びていくと思う。


これは「Xmas商戦」や「年末商戦」にも言えること。
もっともっと考えて…
Aランク商品のブラッシュアップする。
そうすれば…

「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高」

を確保できるのに…
それを知りたいですか…???
知りたければ…。

「流通業専門インターネットTV“商人ねっと”」の…
「商売繁盛虎の巻」を視聴してみて下さい。



今日は「Aランク商品」のブラッシュアップでした。


そして、「今日の一言」…。
「突き抜けたことをしたいなら、基礎を徹底的に学ぶことだ。
基本を超えるには、格闘しながら基本を極めるしかない。」
見城徹

# by akindonet | 2018-11-09 18:00 | Comments(0)

「買物体験」について


小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻 1月号
大好評配信中!

Xmas・年末年始商戦も終わり、1月は消費が冷え込みがちな月。
こんな状況下で購入してもらうためには
「提案」と「他社との差別化」が肝となる。
その戦略を、商人伝道師こと水元仁志が徹底解説いたします。


ご視聴はコチラから

全番組見放題の法人会員の詳細はコチラ

個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






第32回売場大賞「ハロウィン」

ハロウィン商戦はいかがでしたでしょうか?
皆さまの取組み写真の応募お待ちしております。

売場大賞公式ホームページはこちら



今日は朝5時起床。
身支度して…
大阪・伊丹空港へ。
今日は山陰・出雲へ…

と思ったら…
高速道路が事故で大渋滞。
第一便に間に合わず…
急遽、二便目で出雲へ…
冷や汗かきまくりでした(泣)



さて、「第32回売場大賞 ハロウィン」
もう一度、担当のザッキーより案内させていただきます。
みなさん、こんにちは!
担当のザッキーです!
改めて「売場大賞」についてご案内させていただきます!

「売場大賞」は、スーパーマーケット業界に関係する全ての人々の技術レベル
向上を目的としたコンテストです。
自社の取り組みを見直すキッカケに…
全国の同志たちの取り組みから学ぶために…
開催しております!

今回は「ハロウィンの取り組み」で撮影した写真を
事務局へメールまたは郵送で送るだけでエントリーは完了です!

審査終了後、エントリーいただいた皆様に
「エントリー写真を全て収録したDVD」をお送りしています。
振り返りのために…次年度の参考に…ぜひ、ご活用くださいませ!

さらに「最優秀大賞」を受賞すると
「やる気と感動の祭典 無料参加チケット1名様分」が贈呈されます。

商人伝道師の解説付きで受賞企業様を発表する番組が公開されます
(会員様は無料で視聴できます)
受賞理由を詳しく知ることができるので、
より学びが深まること間違いなしです…!

「第32回売場大賞 ハロウィン」のエントリー〆切は11月20日(火)
なっております。
皆様のエントリー、心よりお待ちしております!



ぜひ、応募してみてください。
必ず、来年の“宝物”になりますよ。





そして、今日は「買物体験」について…

よく商人伝道師は言いますよね。
「モノを売っていたらAmazonに負ける」
これからは
「モノを売るのでなく、買物することの楽しさの体験を提供しなければいけない」と…

モノはイニシャルコスト(固定経費)の低い企業が一番安く売れる。
だから、“店舗”をもたない企業が一番安く売れる。
もしくは、コストコのような「イニシャルコスト」をお客様に負担してもらうやり方の企業が安く売れる。
リアル店舗をかまえている企業は“安さ”では競争の優位性を保つことはできない。

5年…
いや、3年…
で、安さの“イニシアティブ”はAmazonなどの「e-コマース企業」が握ってしまうでしょう。
これは火を見るより明らか。
ならば、今から変えていかないと…
その「Amazon対策」の一つが…
「買物することの楽しさの体験」の提供をしていかないと…

「体験」
英語で言うと…
「Experience」
この言葉がこれからの「キーワード」になるような気がする。


例えば、これからの「Xmas~年末年始商戦」。
こんなことを「Experience」という。

まずは…
f0070004_14083823.jpg

「サンタバナナ」(笑)
たくさん売れないし…
売上もとれないが…
「この店に来てよかった!!」となる。

f0070004_14083870.jpg

なんと、「ミニオンズ」のパイン
子供たちは大喜びするはず。

f0070004_14083806.jpg

これもすごい!!
こういう店には、何かイベントあったらいきたいですもんね…

f0070004_14092773.jpg

こういう「Xmasの食卓の提案」も楽しいですよね。
ついつい参考にしてしまいますもんね。

f0070004_14092775.jpg

こういう商品化もワクワクしますよね。

また、「第24回 やる気と感動の祭典」で発表した…
「Jボーンステーキ」
f0070004_14140262.png

こんな肉見たら、店に来てよかったとなる。

さらに…
f0070004_14095382.jpg

こんな「菓子のエンド」もいいですよね。
子供が大喜びする。

f0070004_14095457.jpg

こんな「飾り切り」の提案も…
この店に来てよかった…
となる。

f0070004_14095488.jpg
f0070004_14095486.jpg

「鏡もち」でこんな提案しますか…(笑)
バウムクーヘンで「しめ縄」をつくりますか…(笑)
でも、こんな店、行ってみたいですよね。
こういうことを「Experience」という。

f0070004_14102164.jpg
f0070004_14102155.jpg

こういう商品があると…
「この店に来てよかった…」
となる。
これを…
「買物することの楽しさの体験」という。


これからは、こういうことがお客様から求められると思うんです。
「モノを買うならネットで買うほうが楽で便利だもんね」
「でも、買物の楽しさを求めてこの店に来るのよ…」

こういう会話が…
5年後…
いや、3年後には…
当たり前のように出てくる。
そうなる前にどんどんこういうことをやっていく。


「楽しくなければ、スーパーマーケットじゃない!!」
これは、「やる気と感動の祭典」でちょくちょく出てくるフレーズ。
まさしく、そういう時代になるのかもしれませんね。
今年の「Xmas商戦」や「年末商戦」。
「買物する楽しさを体験」
する計画はされてますか…




そして、「今日の一言」
迷ったら積極的な方を選ぶ。
自分が動けば、自分が変わる。人生が変わる。
(流 音弥)


# by akindonet | 2018-11-08 18:00 | Comments(0)

小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻 1月号
大好評配信中!

Xmas・年末年始商戦も終わり、1月は消費が冷え込みがちな月。
こんな状況下で購入してもらうためには
「提案」と「他社との差別化」が肝となる。
その戦略を、商人伝道師こと水元仁志が徹底解説いたします。


ご視聴はコチラから

全番組見放題の法人会員の詳細はコチラ

個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






第32回売場大賞「ハロウィン」

ハロウィン商戦はいかがでしたでしょうか?
皆さまの取組み写真の応募お待ちしております。

売場大賞公式ホームページはこちら



今日は朝5時起床
Blogを書いて…
身支度して…
名古屋へ…

今日は「スーパーマーケット実践会in名古屋」。
「ライブ同時配信」してから、急に参加者が少なくなった企業もありますが…
多くの参加者が参加してくれています。

絶対に良い方向に導いていきますので…




さて、「第32回売場大賞」のエントリーを受け付けています。


今回は「ハロウィン」
是非、エントリー応募して下さい。
エントリーしていただいた企業様の中から…

最優秀大賞 1社に「やる気と感動の祭典」参加費無料チケットプレゼント!

さらに、エントリー企業全ての売場写真をプレゼント。
これはすごいですよね。

これはすごいプレゼントなはず…
是非、エントリーしてみて下さい。







そして、今日は「青果のXmas~年末商戦のワンポイントアドバイス」について…



11月いっぱいかけて…
各部門の、ほんの一部ですが…

「Xmas~年末商戦」のワンポイントアドバイスをこのBlogで書こうと思います。



そこで、今日はその第一弾として…

「青果部門」

まずは、「Xmas」
よく、商人伝道師は「Xmasは非日常をいかに演出するか…だよ!」という。

Xmasは正月と違い、“非日常”的な雰囲気があるから…
楽しいんだと思う。

だから、今年は徹底的に“非日常”を見える化するかだと思うんです。
こんな感じで…

f0070004_12150946.jpg

「食卓シーン」をイメージング化する。

そうすることにより、フルーツのポジショニングがお客様の頭に浮かぶ。
こういうことって大事だと思う。




さらに、「売れて儲かる商品」の量販

f0070004_12164741.jpg

こういう「ボリュームサプライズ」が必要。
Xmasはしっかりと儲ける。

儲けない商売は絶対にやってはいけない。

f0070004_12165693.jpg

技術をアピールし、なおかつ「売れて儲かる商品」は…
「3ー3-3の展開」する。

こういうことって大事ですよね。






そして、野菜は…

まずは、「冬至」

f0070004_12170588.jpg

このように、青果売場の前で、「カボチャの小豆煮」などを単品量販するのもあり!!だと思う。

「一丁目一番地」での展開。




さらに、「ん」のつく野菜のアピール。

f0070004_12171164.jpg

こういうように、集合陳列するのも良いかもしれない。

f0070004_12171673.jpg

さらに、「七福神鍋」

f0070004_12172262.jpg

すごく売れる。
この「提案」。





そして、「Xmas」。

f0070004_12173026.jpg
f0070004_12174166.jpg

昨年のXmasの青果売場で「最高!」の売場だと思っている。
「トマト」と「アボガド」のコラボ販売。


さらに、「ロマネスコ」での“ブロッコリーツリー(ロマネスコツリー)”

f0070004_12175030.jpg

すごいですよね。

「Xmas=トマト」
「Xmas=ブロッコリー(ロマネスコ)」

と言われるぐらいですもんね。
この2つの商品がXmasまでに「マインドシェア」を最大化しないと…

これがポイントだと思う。




そして、「年末商戦」

f0070004_12180408.jpg
f0070004_12180797.jpg
みかんは「贈答用」「自宅消費用」に分ける。
そして、それを見える化する。



リンゴは、「目利き人」の見える化などして、違いの見える化する。

f0070004_12181711.jpg

さらに、「干し柿」はこのように「天然のスイーツ」のアピール。

f0070004_12182375.jpg
f0070004_12183211.jpg
「ハイパーローカル」も面白い。
また、急激に伸びている…

「紅まどんな」などはコトでアピール。

f0070004_12184165.jpg




野菜では…

今年のトレンドとなった「菌茸類」

バルク仕入れで、オリジナル化したい。

f0070004_12185005.jpg

もちろん、「オレンジ白菜」などは、近年メイン商品となった…

f0070004_12185787.jpg

「しめ縄」はもちろん“ご祈祷済み”でないと…

f0070004_12190716.jpg
こういう「いわれ」「サンプル」はしっかりと行うこと。

f0070004_12191669.jpg




ということで…
ほんの一部ですが…

今年のワンポイントアドバイスさせてもらいました。
少しは参考になりましたか…

これも、本当にごく一部。

もっともっと学びたい方は…


流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の…

「商売繁盛虎の巻 Xmas・年末年始商戦特大号」
を視聴してみて下さい。






「パワーポイント&写真」の総枚数…

なんと「380枚」

すごいでしょ。
ぜひ、学んでいただいて…

「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高」
を達成していきましょう。

今日は「Xmas~年末商戦のワンポイントアドバイス」でした。




そして、「今日の一言」…

「みんなが集まっている野原には、野イチゴはない。
 だから、野イチゴがたくさんありそうな未開の場所を探す。
 蛇がいたり、滝があったり、みんなが危ないという場所にこそ、野イチゴはたくさんある」

(秋元康)




# by akindonet | 2018-11-07 18:00 | Comments(0)