商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2019」
参加お申込み受付中


f0070004_16322698.png

日時:2019年1月28日(月)
場所:新横浜国際ホテル


◆講演テーマ◆
第1講 最も深刻な問題とされる「人手不足」の解消策
  「業績を上げる企業のスタッフ採用戦略」
第2講 「人のマルチ化」「生産性向上」が“働き方改革”につながる
第3講 「グローサラント」という業態の本質とは?
第4講 2019年の「今、取り組むべきこと」とは?


セミナー詳細・お申込みはこちら



売場大賞エントリーをお待ちしております!
Xmas & 年末年始商戦の売場写真を応募するだけ !

f0070004_18233697.png
募集締切まであと日!

応募締切:1月20日(日)

エントリーの詳細はコチラ



2019年5月より 東京・大阪にて開講
惣菜の商品力強化セミナー
f0070004_11302479.png
冷凍惣菜(ハーフデリ)・消費税増税&軽減税率対応・
売れて儲かる季節提案商品
を徹底的に学ぶ全8回のセミナー


詳細&お申込みはこちら



やる気と感動の祭典 EX 発表者エントリー募集中!


エントリーすることにより自分の“足跡”を棚卸しできる。
エントリーすることにより“自信”につながる。
そして、エントリーにより、結果が変わってきます。


エントリー締切 2/9(土)

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://akindonet.com/yarukan/entry.html




今日は朝5時起床。
身支度して…
羽田空港へ…

今日は朝7時台の飛行機で山陰…
移動中はBlogを書き続ける。




さて、春の「やる気と感動の祭典.EX」

f0070004_19302514.jpg


エントリー締切日まで、あと26日となりました。
自分の実践をまとめて、ぜひエントリーしてみてください。

近頃、「大穴的」選出が多い。
その“大穴”を狙ってみてはどうですか…
もちろん、堂々と結果を残してエントリーして下さい。




明らかに、この業界…
業績が悪くなっています。

目に見えて悪くなっている。
ここで、いわゆるカンフル剤が必要となる。

それが、「やる気と感動の祭典」
だと思います。




このままズルズルと売上不振という“崖道”を駆け落ちるのか…

それとも…

「正しい道」を見つけて、駆け上がるのか…

そのポイントが…

「エントリー」
にあります。


ぜひ、エントリーしてみて下さい。



やる気と感動の祭典 EX 発表者エントリー募集中!


エントリーすることにより自分の“足跡”を棚卸しできる。
エントリーすることにより“自信”につながる。
そして、エントリーにより、結果が変わってきます。


エントリー締切 2/9(土)

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://akindonet.com/yarukan/entry.html










そして、今日は「ロスについて国が動く」について…


1月11日、農林水産省がコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの業界団体に対し、
節分の恵方巻きについて「需要に見合う販売」をするよう文書で通達すると発表した。


その「通達文書」の中にこのチラシの事例が紹介されるとのこと。

f0070004_10583824.jpg


f0070004_21225076.jpg

「恵方巻きの大量生産をやめる方針を消費者にチラシで呼びかけて、廃棄量を削減」
した兵庫のヤマダストアーのチラシを事例として文書の中に入れているらしい。



「えらいことになったな~」と思った。(笑)

ヤマダストアーは今後、「廃棄ロス」を出せないな~と。
FacebookやTwitterの標的にならないといいな~と。

得に、今年は日曜日。
夕方~よるのお客様が少ない。

本当に慎重に…慎重に…
作っていかないと…



しかし、とうとう国までが動き出した。

「食品ロス」

今後、大きな問題となるのかもしれない。

実は、この「食品ロス」に厳格な基準を持っているのが…
「ヨーロッパ」の国々。

特に、フランスやイギリスは厳しい。



イギリスの「テスコ」などは、自社独自で食品ロスの調査を行っている。

「たくさん売れればどんどんロスを気にせず売った方がよい」
というだけでは消費者に受け入れられなくなっている。

いわゆる「倫理観」がこれから問われるようになってくるということ。



実は、2015年9月の国連サミットで…

「2030年までに小売・消費レベルの食品廃棄を半減する」
という数値目標が採択された。
(日本では全く報道されていない)

f0070004_11234191.jpg

これを「SDGs(エスディージーズ)」というらしい。
「持続可能な開発目標」と訳す。




しかし、日本ではこんなこと一つもニュースにならないし…
業界団体からもこういう情報が入ってこない。

でも、アメリカのスーパーマーケットはこの数値目標を厳粛に受け止めて…
活動を開始している。
f0070004_11300375.jpg

このように、アメリカ最大(世界最大)のスーパーマーケット「クローガー」などは
「食品ロス」に対し、積極的に取り組んでいる。
「ZERO Hunger  ZERO Waste」
です。
「ゼロ」を目指してる。
この2015年9月の国連サミットの決定事項に対応して…

だから、アメリカのスーパーマーケットは“社会的地位”が高いのかもしれないですね。


さあ、農林水産省からの各業界団体への通達。

「無視」するのか…
「案内」だけするのか…

それとも…

「数値目標」や「努力事項」を発表するのか…

ここは、各業界団体は業界の地位を上げるためにも、
しっかりした対応をしてもらいたいと願う。


このように、これからは「企業姿勢」「倫理」というものが問われてくる。

今、P.F.ドラッカーの本を読んでいるのですが…
この「企業倫理」はとても重要であると言っている。

「金物メーカーが金物を製造する時は、カンカンと音がする。
 しかし、その音を出さないで金物を製造する、
 こういうことが大事である」と…




今年の「節分」は特に…
この「恵方巻きの廃棄」については注目されることでしょう。

「廃棄ゼロ」をみんなが望んでいるのではない…

“過剰な廃棄”がダメ!!
と言っているのです。



「○○○スーパーの誓い!!
 今年は恵方巻きのロスや廃棄を昨年より半減します。
 そのために、品切れするかもしれませんがご了承下さい。
 できましたら、予約をされることをおすすめします。」

など…

注目されているがゆえに…
「恵方巻きのロスを半分に抑えます!!」
という“企業姿勢”を見える化することってとても大事だと思う。



昨年の1枚の「チラシ」が…

たった1枚の「チラシ」が…

国を動かすことになるとは…

「えらい時代になったな~」と思う。




そして、「今日の一言」…

「忘己利他(「 己を忘れて他を利するは、慈悲の究極なり」)」
(ヤマダストアー株式会社 経営理念)





# by akindonet | 2019-01-14 18:00 | Comments(0)

心のオアシス

日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2019」
参加お申込み受付中


f0070004_16322698.png

日時:2019年1月28日(月)
場所:新横浜国際ホテル


◆講演テーマ◆
第1講 最も深刻な問題とされる「人手不足」の解消策
  「業績を上げる企業のスタッフ採用戦略」
第2講 「人のマルチ化」「生産性向上」が“働き方改革”につながる
第3講 「グローサラント」という業態の本質とは?
第4講 2019年の「今、取り組むべきこと」とは?


セミナー詳細・お申込みはこちら



今回はXmas & 年末年始 !
f0070004_18233697.png
エントリーの詳細はコチラ


売場大賞エントリーをお待ちしております!



2019年5月より 東京・大阪にて開講
惣菜の商品力強化セミナー
f0070004_11302479.png
冷凍惣菜(ハーフデリ)・消費税増税&軽減税率対応・
売れて儲かる季節提案商品
を徹底的に学ぶ全8回のセミナー


詳細&お申込みはこちら



やる気と感動の祭典 EX 発表者エントリー募集中!


エントリーすることにより自分の“足跡”を棚卸しできる。
エントリーすることにより“自信”につながる。
そして、エントリーにより、結果が変わってきます。


エントリー締切 2/9(土)

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://akindonet.com/yarukan/entry.html




今日は差6時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
オフィスへ…

今日は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の収録。
「4月号」から番組の編集を変えていこうと指示しています。

「映像」から「動画」スタイルへ…
期待しておいて下さい。




さて、「新春特別セミナー2019」

f0070004_17173094.jpg

f0070004_17173956.jpg
f0070004_17174587.jpg

「人手不足」を“一発で解消する方法”を学べるのに…
「外国人労働者」を“全くお金をかけずに集める方法”を学べるのに…
「営業利益率3%を維持し続ける方法」を学べるのに…
「これからの戦略の一つ、“グローサラント”のヒント」を学べるのに…
「これからの方向性や戦略」を具体的に学べるのに…


と勝手に思っている…
商人伝道師がここにいます。(泣)

もったいないけどな~

まあ、「受け取る価値観」だから…
仕方ないでしょう。

ちょっとでも…
「ビビッ!!」とこられたら参加してみて下さい。

お待ちしています。








そして、今日は「日曜日」…
「心のオアシス」の日。

今日は「なりたいものになるんじゃなくて、なったものが自分」


その日、テレビ番組のゲストとして登場したのは、
「理想の夫」のみならず理想の父親や上司にもたびたび挙げられる所ジョージ。

この日のトークでも、高評価に違わぬ「名言」を連発。
ツイッターには魅了された視聴者の投稿が相次いだ。

放送開始2秒前まで雑談していたという所は、
冒頭からテレビ局のシャッターの開門時間や和式トイレ、
楽屋のパーテーションなどに突っ込みを始めるマイペースぶり。

アナウンサーに「4分45秒押しです」と急かされる形でゲストトークに入った。

番組は、所ジョージを「楽しく生きる達人」と紹介。
まずは「今日が一番!」というモットーが取り上げられた。

その意味を問われた所は・・・

「今日そのものが美しいわけ。
 みんな明日があるからって希望みたいなこと言うけど、
 今日が充実してないと明日にならないから。
 明日を夢見るんだったら、今日を充実させないとダメ」

と説明。

今日そのものが美しいのに、
「あのときは良かった」とばかり言っているのは「現実逃避だよね」と断じた。

「あのときが良かったって言うんだったら、今生きている意味がない。
 『明日やればいいや』じゃないよ」

また、「何でも楽しむ」と語る所に、
アナウンサーが「楽しむのが大変そう」と疑問を呈すると、

「はじめから完成品なんかを求めようというのが図々しい」
と楽しむコツをこう披露した。

そしてこう続けた。

「子どものうちはバカだから、何でもやるんだよ。
 できないことでもやるんだよ、ケガもするけど。
 大人になると、そういうのが向いてないから
 やっても無駄だとかやらなくなっちゃう、だからつまらない。
 ステップを踏むだけでいい」

やってみたらやっぱりダメだったら?
とさらにアナウンサーが問いかけると・・・

「それはそれで面白い。
 何でもできる自分が一番美しいって考え方が図々しい」

と答えた。


番組後半では、視聴者からのFAXに回答。

「なりたい自分に、なかなかなれない。
 頑張って努力したのに不合格や不採用。
 世の中から必要とされてないのかなぁと思うとき、
 どう考え動きますか」

と聞かれると、所はこの考えにやんわり反論。

「なりたいものになるんじゃなくて、なったものが自分なんだよ。
 なりたいものを求めるんじゃなくて、
 そこで楽しく暮らせよってことだよ。
 そしたらやがて、勝手に夢が出てくるから」

夢ばかり見ているのではなく、
「くだらない、つまらないこと」でも
一生懸命やっていれば夢が勝手に出てくるのだから、
「いい夢ばっか見てんじゃねえって話」と、
理想より目の前の現実を大事に生きようと答えた。

所らしい返答に、
視聴者はツイッターで「名言続出」と心に染みわたった様子だ。


「思い描いていた仕事と違う」など、壁にぶつかっている人も多いかもしれない。
そんなときは「何でも楽しむ」「何でもやる」という
所ジョージ流の気持ちで向かってみたらどうだろうか。




いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。

早いもので、2019年も「13日」が過ぎようとしています。
1月も折り返しです。

ものすごく早いですよね…

「月日の流れ」は…

「時間」をムダに使えないな~と感じる今日このごろです。




そして、「今日の一言」…

「お金がないから遊べないんじゃなくて
 遊ぼうとしないから遊べないんだ」
(所ジョージ)










# by akindonet | 2019-01-13 18:00 | Comments(0)
日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2019」
参加お申込み受付中


f0070004_16322698.png

日時:2019年1月28日(月)
場所:新横浜国際ホテル


◆講演テーマ◆
第1講 最も深刻な問題とされる「人手不足」の解消策
  「業績を上げる企業のスタッフ採用戦略」
第2講 「人のマルチ化」「生産性向上」が“働き方改革”につながる
第3講 「グローサラント」という業態の本質とは?
第4講 2019年の「今、取り組むべきこと」とは?


セミナー詳細・お申込みはこちら



今回はXmas & 年末年始 !
f0070004_18233697.png
エントリーの詳細はコチラ


売場大賞エントリーをお待ちしております!



2019年5月より 東京・大阪にて開講
惣菜の商品力強化セミナー
f0070004_11302479.png
冷凍惣菜(ハーフデリ)・消費税増税&軽減税率対応・
売れて儲かる季節提案商品
を徹底的に学ぶ全8回のセミナー


詳細&お申込みはこちら



やる気と感動の祭典 EX 発表者エントリー募集中!


エントリーすることにより自分の“足跡”を棚卸しできる。
エントリーすることにより“自信”につながる。
そして、エントリーにより、結果が変わってきます。


エントリー締切 2/9(土)

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://akindonet.com/yarukan/entry.html




今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて…
久しぶりにジムに行き…
オフィスへ…


午前中は…
「村井流通経営研究所」の村井哲之社長と面談。
その後、たまっている仕事を夕方までこなす。


さて、「第33回売場大賞」
f0070004_16445337.jpg

「Xmas商戦」「年末商戦」の…
写真をまとめていただきましたでしょうか…

写真をまとめて送っていただくだけ…
これで「エントリー」終了
ぜひ、エントリーしてみて下さい。

みなさんのエントリー期待しています。





そして、今日は「変わる消費にどう対応…」について…


商人伝道師は昨年の年頭でこんなことを言いました。

「2018年は何もない年。
なにもないから、何もしないと年の後半から大変になるよー」
と…
まさしく、そうなった…。


では、「2019年」は…

「2019年は消費が変わる年。
売れ筋が変わる年。
大胆に変えないとダメな年」

と申している。


10月の「消費税アップ&軽減税率導入」
さらに、「キャッシュレスによる消費税還元」
これだけでも、大きく”消費”が変わる



例えば「弁当」。
昨日「スーパーマーケット実践会」でもお話したのですが…

「定食ニーズをいかにとりこめるか…」がポイント。
「今のスーパーマーケットの弁当では、外食の定食ニーズはとりこめない」
「だから、量目の見直しをしていかないと…」


f0070004_15123362.jpg

これは「惣菜専門店」である岡山の「つるや」さんの弁当。
なんと、「ごはんの量が280g」
総重量「500g以上」
という…
「スーパーボリューム弁当」(笑)


こういう弁当をつくらないと「軽減税率特需」はつかみとることはできない。

明らかに、「軽減税率で購買チャネルが変わる」のだから…
それをとりこんでいかないと…




そして、「キャッシュレス」が一気に進む。
キャッシュレスが進むとどうなるのか…

現金を使わないということは…
「買い上げ点数」が明らかにアップするはず…
さらに…
ここで「レジレス」が一気に「スマホ決済」に変わってくるのではと…。




これを見て下さい。
ウォルマートが考えている「スマホ(アプリ)決済」
一気にこの方向性に向かうのではないでしょうか…。
そう感じてならない…。



さらに、大不振の…
「菓子」と「酒」
特に「菓子」はお客様の嗜好が変わっているのだと思う。
ということは…
「定番の大幅な商品変更」
していかなければいけないということではないでしょうか。


「フルグラは健康によいと思って食べていたら、どんどん太ってきた」とか…
「ダイエットや塩分控えめの為に、スナック菓子を食べるのを控えている」とか…
”健康”というトレンドが”菓子の消費”を変えてしまっている。


さらに…

ミレニアル世代の…
「菓子はドラッグストアー!!」
という意識が定着した。
よって、”定番”が動かなくなってきている。

このあたりの消費の変化に対応していかないと…
売上げの回復は難しいのかもしれない。



「酒」もそう。
新店やリニューアル店舗はどこもワインの強化をする。
すると…

「ワインの売上構成比が異常値をたたき出す」
「売上構成比20%以上」


という企業も少なくない。


ワインが20%以上の構成比になると…
生鮮やデイリー(日配品)中心に品揃えや訴求商品が大幅に変わってくる。


そして、酒の”利益構造”も変わってくる。
「酒の粗利益率15%以上」も可能になる。
しかし、ビールほどの”売上げの破壊力”がないので…
売上げ的に厳しいが…
ここは「変化の時」と割り切るべきだと思う。


「2019年は消費が変わってくる年」
ということは…
「品揃え」や「商品」を変えていかないといけないということ。
ではどうかえるか…
それは…

「お客様のニーズの半歩先」
いわゆる「お客様の”ウォンツ”をいかに見つけるのか…」である。
むずかしいですよね…。
それって…


そこで頼りにしてほしいのが…
「商人伝道師」(笑)
日本全国はもちろんのこと…
アメリカなどの外国も行っているので…
「ウォンツ」が誰よりもちょっとだけわかると自負している。
ですから…

近ごろ、このBlogで書けないような…
「ウォンツ」をどんどん”現場”では話します。
「商人伝道師をおさえた企業が勝つ!!」

そう思えてならない。(笑)


なぜなら…
「変化の方向性」が見えているから…


みなさんは見えていますか…



そして、「今日の一言」…。
「過去にこだわるものは、未来を失う」
(ウィンストン・チャーチル)


# by akindonet | 2019-01-12 18:00 | Comments(0)