商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「素直な心」・・・。

小生には、高校時代にとても仲の良かった友人が2人いた。

1人はすごく勉強ができ、高校時代はかなり女の子にも”モテモテ”
小生はちょっと羨んだりもした。
(カッコ良かったから余計に・・・。
足も長かった・・・。小生よりほんの5cmばかり・・・)

仮に”エリート君”としておこう。(そのまんまだろ!って言わないで~(^ ^;))
(しかし、なぜか彼女がいなかった。
小生は”モテぶり”に羨ましく思っていただけに、
この現象にほくそえんでいたこともあった。
その原因は後ほど・・・。)

もう1人は、常にテストは赤点ギリギリ。
取り柄といえば、
絵を描くここと、誰にでも優しい男であった。
勉強ができ、悔しいかなルックスも良かった男は、
国立大学を出て、宮崎県庁に就職した。
いわゆる”田舎のエリート”コースを順風満帆で歩んでいった。

もう1人の、学校では全然勉強ができなかった男は、
私立の大学は全て落ち、
一浪後、やっと三流大学へ入学。
大学入学後は、予想通り勉強は全くせず、
絵を描くことのみやる。

案の定、2年で退学。
その後、フリーターをやりながら絵を描く。

一方、
エリート君は、宮崎県庁に就職後かなり出世して
主要ポストにつおていけるんだろうな~と
小生は思っていた。
(小生はずっと東京にいて宮崎に帰ることがなかった為に・・勝手に想像・・)

そうこうしているうちに、
高校卒業後、24年の歳月が流れ
昨年の8月、高校の同窓会で再会。

会ってみたらビックリした。
酒を飲みながら、
あっちこっちの同窓生を指さしながら
「あれはバカだったから、家業を継ぐしかなかったんだよ~」
とか、
「あれは市役所で必死で働いてんだよ~。
何が楽しいんだろうね。
バカじゃないのって思うんだよ。」
とか、
人の批判ばかり・・・

でそこで、小生一言
「で、お前何やってんの?」

エリート男一言。
「上司がアホだからさ~。
俺の能力がわかんないんだよ~。」
”能ある鷹は爪を隠す”って言葉を知らないんだよ~。
俺の上司アホだからさ~。」

で、結局42歳にもなって肩書きも無い・・・。
ただの役人・・・。

人の批判・妬みを口にするなら改善策出せよ!と思う。

「成功=考え方×情熱×能力」
考え方が捻くれているんだよ!!

ハッキリ言ってやった。
「敗者は問題点と指摘し、勝者は常に改善策を考える」(小生の手帳に記してある言葉です)

一方の
フリーター君はというと、
バカ正直なくらい人の話しを聞く。

年齢に関係なく、誰とでも友人になる。
だから、みんなから好かれる。

よって、どんどん絵の実力が上がると比例して
ドンドン応援者が多くなる。

なんと赤点ギリギリ。
大学中退の男が
今では”日本を代表する若手画家Y画伯となった。
今、彼は世界を視野にいれて、フランスで修行している。日本を代表する画家なのに・・・。
あくなき挑戦である。それも、素直な心がもてなすことかな?と小生思う。

小生の学年で最も成功し、有名になった男である。

小生は、両親が忙しく祖母が小生を育ててくれた。
明治生まれで小生の父親が中学生の時に夫を亡くしている。

そして、女手一つで6人の子供を育てた
本当に厳しい祖母であった。

だから
「薩摩隼人は絶対に負けてはいけない!!」と教育され、
今でも負けることは大嫌いだし、
勝ち気である。

そして、”最強の長男”
として育てられているから、
”超~わがまま”である。
そして、人の言うことを聞かない。

そんな小生も、
これではいけないと思い、
近年、
大先輩の話しも、
年下の若い人の話しも素直に聞くようになった。

特に、若い人の話しは良く聞く。
そして、極力”それではダメだ”を言わなくしようとしている。
(でも、すぐに口に出してしまうが・・・。)

そうすると不思議である。

勉強のために参加するセミナーも
今まででは
「そんなこと出来るかよ~?!」
とか、
「上手いこと言うな~!!」
とか、批評することがあった。

しかし、今では本当に素直な気持ちで、
何かを吸収しようという気持ちで参加する。

だから、
何の抵抗もなく、
一番最前列の席に座る。

疑問なところは、
何百人の参加者がおられようが、
笑われることでも質問する。

だからセミナー参加後、
すぐに実践することに努める。

これは本を読むにしても
そうである。

だって、
”素直な心”をもって、
日本を代表する画家にまで登りつめた友人がいるんだから・・・。


ちなみに、
あの松下幸之助翁は、
すごく”素直な心”を持ち、
”聞き上手”な人だったという。

あの大大社長の松下さんが、
20代の話しを素直に聞き、
そして
分からないところは質問し、
最後に
「教えてくれてありがとう」
と言われていたという。
(当然、知っていることも質問されていたという)

だから
誰からも尊敬された経営者・伝説の経営者となったんだと思う。

松下幸之助さんのような
「素直な気持ち」で
「聞き上手」になり、
最後に
「教えてくれてありがとう」
と言える自分を持ち続けたい。


「感謝」
「ありがとう」
これはツキを呼ぶ言葉らしい・・・。

もっと
素直な気持ちになりたい。
聞き上手になりたい。

と思う小生であった。


今日は、
いろいろ思うことが沢山あって・・・。
多謝


高知から帰る飛行機にて
# by akindonet | 2006-08-20 00:12 | Comments(2)
f0070004_21494170.jpg
皆様はじめまして。
クリエイトリンクY田、36歳の若輩者でございます。
社会人生活も16年目、クリエーターの端くれとして
何とか今日まで生きて参りました。


紆余曲折、試行錯誤を繰り返すなか伝道師とめぐり合い、これからの社会人としての自分を
形成する修行の場としてクリエイトリンクの門を叩きました。
若手の台頭と才能の枯渇感にさいなまれながら日々精進しております。
皆様どうか、番組に対しての愛のこもったお叱りの言葉をお寄せください。

ウェブの動画配信という、これから成長していくメディアに対し『がっぷり四つ』に組んで、
決して引き下がらず、前のめりで取り組んでいく次第であります。

商人(あきんど)ねっと』よろしくお願いいたします。
# by akindonet | 2006-08-19 21:54 | Comments(4)
f0070004_2243972.jpg
高知第2日目。
今日は先日の「チェーンストアエイジ」誌
「ストアーオブ・ザ・イヤー2006」
第6位にランキングした
「サンシャインヴィアン」
(地方SMでは№1のランキング)
のコンサルティング。


昨年2月にリニューアルしたんだけれども、
普通であれば
2年目になると売上げが落ちることが多いと思う。

初年度は、
前年比150%弱で推移する。

これは、小生から言わせれば”当たり前!!”
問題は”2年目”でどれだけ伸ばせるか
である。

そこで、
目標は150%伸ばした数字をベースに
”昨年比120%”にする。


かなりムチャな目標ではあるが、
全社員、それに向かって”バクシン”中!!
現在は、110~115%で推移
それでも立派であるが、
しかし目標は、まだまだ・・・。

なぜ、こんなに成長するか?
なぜ、こんなに成功したのか?

みなさん、知りたいですか?


・・・では、教えましょう!!

それは、
川崎博道社長”執念”と”(商売の)偏差値”が高いから!!

また、この企業の社員はすごく優秀であるが、
なぜ、こんなに優秀な人材が育ったのか?


それは、
社員が”社長の後ろ姿を見て育った”からである。

そして、
社長は社員に対する”投資”を
絶対に怠らない!!
そういう姿勢が常にあるから・・・。


佐藤勝人氏ではないが、
”投資とコスト”を間違っている経営者が実に多い。
社員に対する教育は”投資”である。
”コスト”ではない!!


コストと思うから、
すぐに業績が悪くなると社員教育を止める企業が多い。
全くもって、間違っている。


「ジンザイ」
「人罪・人材・人財」と、どれでも書ける。

皆さんは社員に対して
自信をもって
「人財」と言えますか?

小生は、
弊社の社員のことを自信をもって
「人財」と言えます!

教育もするし、課題も与える。
”常に改善・改革・進化”の姿勢を
全員がもっていると信じているから・・・。



今、夏祭りの季節ですが、
神輿にぶら下がっている人は
”人罪”。
神輿を一応持っている人は
”人材”。
神輿を担いでいる人が
”人財”である。


”会社という神輿”を社員全員が担いでいる社風になっているであろうか?

その為には、
社長は自分の偏差値を上げる勉強・努力をしなければならない。
常に怠らないことが大事だ。

そして、
社員教育を”投資”と考えること。
コストではない。

だから、この「「商人(あきんど)ねっと」を活用して欲しい。

投資はリターンを求める。
最小の投資で、
投資リターンの高い番組にしていきますから・・・。

ちなみに、
このサンシャインヴィアンの状況
来週「商人(あきんど)ねっと」でオンエアーします。
お楽しみに!!

なんせ地方スーパーマーケット最強の店舗ですから・・・
(ちょっと、褒めすぎたな~(^ ^;))

そのヴィアンで
今日も激しすぎる程の”ゲキ”を飛ばす小生であった・・・(¥^ ^¥)
# by akindonet | 2006-08-18 21:59 | Comments(1)