商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
今日は、短期間で 「日本有数のスーパーマーケット」に育てた人物の話をしましょう。

その人物の名は、 「竹島寛」。
四国・高知の 「サンシャインチェーン」の専務取締役である。
実は彼は “生粋の商売人”ではない。
彼は約10年以上前までは 「銀行マン」だったのである。
なぜ、その彼が 「スーパーマーケットへ?!」と思ってるでしょ。

当然です。
彼は、なんと 「中小企業診断士」の資格を持っているのです。
(どのように取得したのかは秘密ですが・・・)
それで銀行の取引先の業務改善をしていたのですが、その “力量”に社長が目を付け、 “三顧の礼”をもってサンシャインチェーンに向かい入れたのです。

「商人ねっと」の 「繁盛店情報」に「Vol.1~3」まで出ているので、みなさん見てらっしゃると思いますが・・・。
(見てない方はすぐに見て下さい。目からウロコですから・・・)
素晴らしい店ですよね。全国から毎日のように見学・視察に来られるんですよ。

そんな素晴らしい店舗を作るまではすごい苦労がありました。
だって、竹島氏がサンシャインチェーンに入社したころは、いわゆる “安売り大魔王”の企業だったんです。
「安く仕入れて、安く売る」
これの繰り返し

このやり方、高度成長期の流れに乗り、何の努力もせずに売れたんです。
しかし、バブルが崩壊し、 「モノ余り」の時代になってくると、この “安売り大魔王”戦略が通用しなくなる。
しかし、教育してないもんだから、社員はひたすら「安く売る」ことに固執して “ドツボ”にハマってしまったんですね。
そういう状況での入社ですから、竹島氏はまず何からやったのか?

それは “店長への計数管理の勉強”からスタートしたんです。
今では各店長、自分の店の “損益計算書”を作れるまでになっています。
すごいですよね。
そして、次に何をしたか?
“組織改革”です。
優秀な人材をどんどん重要なポストにつけたんです。
その中から 「カリスマ店長」野町一志も生まれたんですね。

そして、竹島氏自身が、徹底的に勉強した。
競合店の○ニーマートさんにも勉強しに行く。
問屋さんの見本市は全て行く。
全国の繁盛店はとことん見学に行く。

この “率先垂範”が社員を引き付けるんですね。
そして、どんどん “スーパーマーケット経営の偏差値”が上がってきたんです。
すると、どんどん会社が変わってきた。
そして、大きな転機が訪れる。
それは “人との出会い”でした。

小生の2年に一回の新春賀詞交換会で、講師として、脚光を浴びていた「クイーンズ伊勢丹」の 田村弘一社長(当時)に講演してもらった。
その時に小生が田村社長と、引き合わせたんです。
これが大きな転機でした。

それから、チラシから、商品から、什器から、徹底的に 「モデリング」したんです。
素直な気持ちで、そっくりそのままマネたんです。

よく、修行、鍛錬の言葉に 「守・破・離」というのがありますよね。
 守-「師」の教えや型を守る段階
 破-教えや型を破り、自分独自の方法を試す創意工夫の段階
 離-教えや型から離れ、自身で学んだ内容を発展させ、独自の世界を作り上げる段階


この「守」を徹底的にやったんです。
ほんとうに徹底的にね・・・。

そして「破」の時が・・・。
これが小生の最強フォーマット戦略 「高質スーパーマーケット」「20:60:20のMDマトリックス」の導入でした。
店舗デザイナーにプログレスデザインの西川氏を起用し、この最高フォーマット戦略を具現化していったんです。
その最高傑作が “カルディア店”であり、 “ヴィアン店”なんです。
どんなにすごいかは、「商人ねっと」を見て下さい。

この田村社長との出会いがなかったら、今のサンシャインチェーンの繁栄があったかわかりません?!
それぐらいの出会いだったんだと思います。

そして、「離」の時が・・・。

これからです。
今は、その田村弘一社長が、このサンシャインチェーンを「モデリング」しているんです。しかし、サンシャイン・チェーンは進化していきますよ。
来年は凄いことになります。
今まで全国のどこにも無かったフォーマットを創ろうとしています。
「サプライズ」のある店舗を・・・。
なんてったって、小生が 「戦略家」としてついているのですから・・・。
ハハハハッ・・・。

このように、短期間で “安売り大魔王”の企業を全国のスーパーマーケット関係者が毎日のように訪れる企業にした 「竹島寛」。
スーパーマンのような “能力”が長けていたわけではありません。
“知識”があったわけでもありません。
あったのは “執念”と“情熱”、そして常に素直な気持ちで、 “改善・改革・進化”をやり続けたことです。
まさしく 「継続は力なり」です。
素晴らしい男です。

みなさん、ぜひ、再度「サンシャインチェーン」の番組を見てみて下さい。
このBlogを読んだ後に見ると、また違った 「気づき」があるはずです。
最後に、竹島寛氏がいつも口にする言葉・・・。

“会社は、経営者のハードワークと偏差値で決まるんだよ!!”

感謝してます。


# by akindonet | 2006-11-08 23:33 | Comments(0)
「感謝しています。」
「ありがとう。」
「ツイている。ツイている。」
「お楽しみ様。」



この言葉を小生の会社の「合言葉」 にしようとみんなで心がけています。
五日市剛さんの「ツキを呼ぶ 魔法の言葉」から、
「みんなで言い合おうよ!」と小生が提案。
今はトイレの壁にも貼ってある。

「感謝しています。」・「ありがとう。」っていい言葉ですよね。
そんな言葉を意識しなくても言っているよ、と思っているあなた!
昨日何回「感謝しています。」・「ありがとう。」を言いましたか?


意外と言っていないのです。
特に職場や同僚の方には本当に言っていないのです。
小生、ハッと気付き、月一回のミーティングでみんなに提案。
そして、小生のオフィスのモットーである「即!実行!!」しています。


特に「ツイている。ツイている。」という言葉を小生は意識して使っています。

「よし、ツイてるぞ。もっともっとツイて来るぞ~!!」

と言葉にすると、本当にツキが来そうな気になります。
この「気」というのが大切だと思うんですね。

「ツキが来たぞ!!」

と思うと、良いアイデアも生まれます。
歩くスピードも早くなってきます。
笑顔も自然と出てきます。
そして何と言っても、相手の悪い所ばかり見えていたことが、
相手の良い所が見えて来るのです。
そうすると、「感謝しています。」・「ありがとう。」という言葉が
意識せずに出て来るのですよね。

「人生二度なし。」

これは小生のメンターの一人だった故森信三先生の言葉。


皆さん、騙されたと思って、

「感謝しています。」・「ありがとう。」・「ツイている!ツイている!!」

と意識して言葉にしてみませんか?
言葉に発することは「コストゼロ」ですから・・・


そこで、ついでに「将来こうなりたい!!」 ということを実現したと想定して、
最後に「感謝しています。」というと本当にそうなるらしいですよ。
例えば、 「○○に合格しました。感謝しています。」とか、
「美人で優しい女性と結婚出来ました。感謝しています。」ってね。
幸せの「先取り感謝」っていいですよね。


皆さん、一日一回言葉にしてみましょうよ。
何故、今日このようなことを書いたかというと、
これから小売業の方々は年末に向けて「書き入れ時」を迎えます。
言葉を言い換えると“過酷な労働(あぁ~、否定的な言葉だ!)が待ち構えています。
巷の人々が休みの時は働かなければいけない。
家族の冷たい視線が気になる時期です。
こういう時は“ケンカ”が絶えない。

アーーー!!そうなんだよ!

と言っている方多いでしょ。


こういう時だからこそ、
「感謝しているよ。」「ありがとう」という言葉を発していきましょうよ。
ケンカがなくなり、笑顔が出て来ます。
また、「ツイている。ツイている。」と言うと、
辛いことや嫌なことが少しは和らぎます。


“頑張れ!!小売業の皆さん!!”
小生からの「ツキを呼ぶ 魔法の言葉」のプレゼントでした。
最後に小生が近頃、毎回言葉にしていることは・・・

「商人(あきんど)ねっと法人会員1,000社突破、
個人会員10,000人突破しました。
感謝しています。」


です。


「夢は絶対にかなう!!」





# by akindonet | 2006-11-07 12:28 | Comments(1)
皆さん、こんにちわ(*'‐'*)  ”しすてむえんじにあ I ”久々の登場です。(。-_-。)

この会社に入って、なんと! もうすぐ1年です。(゜ロ゜)
30代も中盤を過ぎると1年がとても短く感じます。

1年の間に「愉快な仲間たち」も増え、会社の中がやっとオフィスって感じにかわりました。

そんな「愉快な仲間たち」の中から、今回は@たけ君を紹介します。

@たけ君は・・・・ズバリ! おもしろいキャラです。
どんなキャラなのか、ちょっとだけ教えちゃいます。

@たけ君は会社の中でよく食料を探しています。
それはなぜかと言うと・・・とってもとっても家賃が高い所に住んでいるから、
食費を削らないと生活できないんです。
きっとエンゲル係数は相当低いでしょう、、、ありえない数字かもしれません。

炭水化物系があればよいのですが、見つからない時は”お菓子”を主食にしています。

私が買ってきたお菓子は、私が開封する前によく無くなります。
亀○の柿ピー6パック入りは、1つしか残っていないことも、、、、

1つだけ残してあるのは、
 ”もうないよ【><。】買ってきて~”
という合図なのかもしれません。

また@たけ君は、ごはんに関する言葉にもよく反応します。
映像スタッフはヘッドフォンをしながら編集をよくしていたりするので、編集中は話かけても
聞こえない時が多いのですが、、、

”(・肉・) ”、”豚ド━(゚Д゚)━ ン !!!”

っといった言葉には即座に反応します。

(・肉・) が食べたいなぁと言っただけでも、ゴチになりまーすといわんばかりに吉野家に
走ります。これがまた、かなりフットワークがいいんです。

まるでペットにエサを与えているような気分になります。
でもエサを与えないときっと餓死します。

愉快な仲間たちの中でも、おもしろいキャラの1人です。
こんなキャラですが、作る映像は以外とセンスがあったりするんです。

商人ねっとで最近公開してものでは

ザ・繁盛店のサンシャインチェーン~その強さの秘密~
(↑ココをクリックすると番組に飛びまーす。)

も彼の作品の1つです。
是非見てあげて下さい。

またしばらくすると、「愉快な仲間たち」が増える予感?!

またおもしろいキャラが増えたら、ブログで公開したいと思います。

                                    しすてむえんじにあIでした

# by akindonet | 2006-11-07 12:00 | Comments(0)