商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
f0070004_1356059.jpg
今日は、 「商人ねっと」のプロデューサーの顔。
「ワインの伝導師」山田先生の撮影。


12回シリーズで、やりますからこれを全部見ると、
あなたも「ワインマスター」になれるかも?

第1回目、どうなるかな?と思ったけど、
すごくおもしろい番組に仕上がりましたよ!
今回は、「ボジョレーヌーボー」のことがふんだんに織り込まれていますので、
お酒担当者は必見の“ワイン講座”となりましたよ!
これ見ると、「ボジョレー・ヌーボー」の“達人”になれるかも?
お楽しみに…。
10月中旬には公開予定。


今日は、「商人(あきんど)」について…

近頃、商人や商売人が少なくなったと思いませんか?
POSシステムやEOSシステムなど、環境整備が進み、効率化は飛躍的に進んだのに、
それと反比例して、社員の能力や知識の低下が著しい。

だから、無機質なスーパーマーケットが多くなってきてるんだよ。

これからの消費者は、「感性」が大切なんだよ。


「感性」は、プロ意識をもってないと、磨けないんだよね。
だから、プロの「商人」づくりをこれからはやっていかねばいけないと思うんです。

今は、いい時代になったんだよね。
“インターネット”という武器があるんだもん。
この武器使えば、社員全員を「商人」にできるんだよ。

これからは、「知識(知恵)の専門集団・専門店」が必要なんだよ。
この武器を使うか?使わないか?
で、これからはかなりの差がでてくることを早く気付いてほしいんだな。
だって、インターネット普及率90%以上、ブロードバンド普及率70%以上が
もう3年以内にやってくるんですよ。
だから、この「商人ねっと」を小生はスタートしたんです。


みなさん、アルバイト・パート社員・若手社員さんまで、みんなで「商人」教育できるんだよ。
「商人」がこれからのキーワードだと思う。


それと、業界紙などのマーチャンダイジングに苦言!
みなさん、業界紙の方々が
「団塊の世代・高齢者マーケティング」ばかり
特集しているんだけど、みなさん冷静に考えてみなさい!

今の消費を支えているのは、“団塊ジュニア”なんだよ!
団塊ジュニアは、“飽食の時代”に生まれているんです。
食べ物に何にも不自由してない世代が、お父さん・お母さんになってるんだよ!

わかってないんだな~。

団塊ジュニア世代が30代になっているんですよ。

この世代の特徴は、

1.「感性」が豊かであること。
2.「モノ」消費から「コト」消費へ変化してるんだよ。
3.「お金」の使い方が極端であること。

   (自分の納得したモノにはお金だすけど、
      納得しないモノ・価値を見出だせないモノには一切お金を払わない)

があるんだよね。

わかってますか?

この世代の対策していかないと、取り残されますよ。
この対策は、業界紙は特集してないんだよ。
というより、分からないのかもな~。

執筆の先生方の年代が、団塊の世代以上なんだよね。
だから、小生、若手コンサルタントの先生方の番組
「商人(あきんど)ねっと」でやろうと考えたんだよね!

どんどん番組撮っていきますよ。
お楽しみに…。


では、今日の一言…
「これからの消費は、経済学でなく、心理学である。」
(セブン&アイホールディングス会長鈴木敏文)






# by akindonet | 2006-09-23 13:56 | Comments(1)

与えることの素晴らしさ

本日は、姫路日帰り出張。
結構ハードですが、行き帰りの新幹線の中で仕事ができるので、
実は小生すごく有意義な時間を過ごすことができるんです~(^^)

では、今日は久しぶりに小生の会社について・・・

今、小生の“信頼する社員たち”はギスギスしています。

スパコディ純ちゃんは「法人会員営業」や「出演者交渉」、
そして「ビジネスパートナー営業」の他に、
別会社(日本経営コンサルタント)の決算準備、
中町洋子セミナーのプロデュース準備と10個以上の仕事を抱え、
その上、社員との人間関係に悩んで、パンク寸前!!

責任感が強く、完璧主義者なので、他の社員にはきつく接する。
小生にもお構いなしである。
(しかし、それぐらいでないと。小生の会社の役員にはなれないですけどね・・・)

小生はこの“スパコディ純ちゃん”を最も信頼しているし、
小生がほとんどオフィスにいないので、 「影の社長」として務めている。

だから、他の社員にも容赦ない“叱咤激励”が・・・。

そこで、小生からのアドバイス。
スパコディ純ちゃん、
少しみんなと“目線”を合わせてみては・・・。
“与える”ことも大切かな~

スパコディ純ちゃんの一番素敵なところである「人への思いやり・優しさ」
少し与えてみてはどうかな・・・


次に「商人(あきんど)ねっと」総責任者、I君。
I君は今、ほとんど休みをとってない。
そして、ほとんど帰宅は午前0時を過ぎている。

でも、小生から与えられた仕事の半分もこなせない。
なせか?

「あなたでなくてもできる仕事をあなたがやっているから、
あなたでなくてはできない仕事ができないのではないか。」
(小生の会社の「社員の心得30か条より」)

なんだよ。

I君はとっても「やさしい」。
だから、みんなが頼る。
だから、I君でなくてもよい仕事をI君はこなしてしまう。
だからI君でなくては出来ない仕事が後回し。

う~ん、管理者の成長過程での正念場!!
頑張れ!I君!!
“君しか出来ない仕事を優先するんだよ!”
その他のことはみんなに振りなよ!!
甘えている人間には厳しく言っていいんだよ。

I君の言動は小生の言動なんだから・・・
責任は小生が取る。
だから思い切った行動・発言していこう!!
全幅の信頼をしてるからねー


そして荒川Rさん。
本格的に営業活動がスタートした為に、仕事が今までの2倍以上になってしまい、
カリカリ!!している。

もうちょっとだけ辛抱すること。
10月から“システム”変更するからね・・・。

でもね、仕事が増えるということは、荒川さんの「信頼」が増しているんだな~
という「考え方」に持っていってほしいな。

「成功=考え方×情熱×能力」
だからね。

荒川さんの誕生日に、
本当は小生が行きたかったセミナーだが、
あえて”誕生日プレゼント”として荒川さんを行かせた「本田健」さんが言ってたでしょ。
何事も「前向き」に考えてくれたら、小生、とってもうれしいな。


そして、☆たけ君、君は相変わらずマイペース

一つだけお願い。
☆たけ君、みんなに「与えてほしいな~」いろんなことを・・・

それだけだよ。

本当に☆たけくんは成長したな・・・
年は一番下だけど、実はみなさん、
「キーポイント」となる番組には必ず☆たけ君を小生は起用するんです。

小生の「思い」を最も理解しているから・・・
☆たけ君、
只今、映像チームの「エース」である。


次にY田君。
まあよくブログに出ること・・・。

みなさん、わかるでしょ。
いかに「固定観念」「プライド」があるか・・・。

小生は年齢に関係なく「素直な気持ち」でいろんな方の意見を聞く。

特に小生より、年下の人間の意見をよく聞くように努めている。
自分が「横柄」にならないように。
「天狗」にならないように・・・。

試用期間、あと1ヶ月。
どこまで、「自己改革」できるかな?
期待している。

最後に、リーダーとは「周りの人が認めてくれる者」がなるのである。
それは「謙虚さ」・「人格」・「考え方」なんだよ・・・。


最後にE口君。
やる気だけはあるけど、先日、小生から思いっきり叱られる。

だって「考え方」が甘い
でも、自分は「能力」があると思っている。

それが「過信」なんです。

「努力は嘘をつかない。」んだよ。

今後のE口君の行動に注目!!
そして期待している!!


そこで、社員みんなにアドバイス。
みなさん、周りのみんなに
「こんなこと与えたら喜んでくれるんじゃないかな~」
ということを考えて、やってみては・・・。
(どんな小さなことでも・・・)


何かの本に書いてあったことなんだけど、
人間は、自分が喜んだり幸せになることにものすごく満足感がある。
しかし、自分が与えたことにより自分以外の方が喜んでくれて、
幸せになってくれることは、
その自分の喜び・幸せより何千倍も満足感があると・・・。


“ギスギスしている時”・“自分がイライラしている時”。
相手に何か与えてみようよ・・・
助けてみようよ・・・
手伝ってみようよ・・・

ギスギス・イライラが自分の中から去っていくよ。
(小生もこれを書きながら、みんなに「何を与えようか?」考えています・・・。)

お互いが「与える」会社を小生は作っていきたい。
そして、そんな企業をコンサルティングしていきたい。

そして、視聴者の方々に
「笑顔・勇気・自信」を与え続ける「商人(あきんど)ねっと」を作って行きたい。
小生の「夢」である・・・。

みなさん、周りの人に「与えていきましょう」
どんな小さなことでも・・・。

周りの人の笑顔を引き出してあげようよ・・・



# by akindonet | 2006-09-22 12:14 | Comments(4)

リーダーの偏差値

昨日は、東京の中小スーパーが集まって勉強会をする「東京五社会」であった。

今回のクリニック先は、「この改善・改革・進化はすごいっっ!!」
絶賛の嵐!!!


もちろん、元々のレベルが低いから、やっとまともになっただけなんだけど、
この1ヶ月はものすごく努力したんだろうな~。
というのがよく分かる売場だった。


では、どうやって1ヶ月で「改善・改革・進化」したのか?
みなさん、知りたいですか?

では、お教えしましょう。

まず最初に、二代目牧田社長と阿部店長は話し合った。

「何からやり始めたら良いのか?」

結論が出ず、まずは出来ることから・・・。
それは、徹底的に「クレンリネス」すること。
これなんだよね~
危機意識が出てくると「基本」に戻るんだよねー


ここからがすごい!!
今のお店で何が不足しているか?
何を改善したら良いか?
何と正社員・パート社員に「アンケート」を取ったのである。
そのアンケートをもとに改善していったのである。
これ、スゴイと思いませんか?


それでも悪戦苦闘している時に、援助の手が伸べられた。
合同五社会のメンバー「まるえい」の日高社長が心配になって来店してくれる。
そこでいろんなアドバイスをしてくれる。
これで、自分達は何をやったらいいか分かる。
そこからは、一心不乱に「改善・改革・進化」へ一直線。
そして、当日。

「本当にこれがあのマルセイ?!?!」

全員ビックリ
みんな、サプライズである。
“やればできる!!”という勇気を参加者へ与えた。
そして、これからどこまで、“基準”が上がるんだろう?
どこまで、進化しなければいけないんだろうか?
という一種の緊張感を持ったと言う。
こういう意識すごいと思いませんか?

帰り際、牧田社長夫人が一言。
“10年分を1ヶ月でやりました!!”と・・・
その顔は充実感でいっぱい・・・。
自分達に自信が持てたんだよね・・・。
だって、店の成り立ちである
「店=ヒト+モノ+コト」
全てが1ヶ月で進化したんですもん。

「“諦め”・“嘆き”・“妬み”の多い中で素直に先輩企業のモデリングしました。
僕たちにはこれしかできないから・・・」
(阿部店長談)
小生、うれしくて涙が出そうであった。
ありがとう・・・。


“箸にも棒にも掛からない”店舗、そして、2代目社長(ごめんなさい)、
今まで勉強をしなかった店長が必死に
“みんなについて行こう!!”と頑張る姿に乾杯・・・。
参加者、大いに感動し、盛り上がる・・・。

この会は“脱落したら退会”という決め事がある。
だから全企業、必死。
“落ちこぼれたくない”
“ついて行きたい”と・・・。

小生、“仲良しクラブ”になったな~と思った瞬間に解散する気持ちでいますから・・・。


そこで今回の教訓・・・

社長・店長など“リーダー”は社員にどんなに“屁理屈”並べても、
“説得”しても、社員は聞かないことを知るべき。
唯一、認めてくれるのは、社長・店長の“率先垂範”“ハードワーク”だけだと思う。
社長・店長の“後ろ姿”をいつも見ているのだから・・・。
悲しいかな、社長・店長の“考え方”はみんなに“伝染”する。
これが悪い病原菌なら企業は汚染され全滅する。
良い特効薬なら見る見るうちに成長し発展していく。
中小企業はリーダーが全てであることを実感。
“リーダーよ!社員を責める前に自分を責めよ!
偏差値を上げる努力をしているかと・・・”

これ、小生自身に言い聞かせていることなんだけどね・・・


世のリーダー、みんなで“リーダーの偏差値”を上げていこうよ。
その願いを込めて、「商人(あきんど)ねっと」では、
この流通業・小売業を創ってこられた大功労者の方々へのインタビュー番組
「サクセスストーリー」を作ったのである。
「成功者の話を聞く」
これは“リーダーの偏差値”を上げる一つの手段ですぞ!
是非、ご覧あれ!!


今日の一言!!
「この世に難関などない。
難関だと思っている自分があるだけだ。」
(ワコール創業者 塚本幸一語録)


小生が、昨日の夜、ふと思い出した言葉




# by akindonet | 2006-09-21 17:06 | Comments(0)