商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ
7月は冷夏に日照不足。
8月は猛暑。
一体、どうなっているんでしょうね。


ところで、今年のお盆は8月11日~15日までの集中型のせいか、
東京駅・羽田空港ともに例年と比べても賑わいがある。
何と言っても東北新幹線は今日の段階でほとんど指定が満席状態。
う~ん、地方SMの皆さん、今年はチャンスですぞ~。


じつは、昨夜、 塩原屋の笠間社長の紹介で
「カイロプラティックス」の治療院へ・・・。
行ったらビックリ!!
元タイガースの木田選手や現役幕内力士の闘牙など有名スポーツ選手ばかり・・・。
しかし、その名医(?)宝田先生にして、
「こりゃ、ひどいな~」。
「一回では全然なんともならないよ。3~4回通院しなさい。」
だと~。
トホホホホ・・・。


骨盤はずれてるわ、脊髄の間は詰まっているわ、
肩こりはすごいわ、椎間板ヘルニア発症寸前だわ。
宝田先生いわく「もう少し身体をいたわりなさい。」だと。
ハハハハ・・・。
でも、かなり腰の方もよくなり、パワー2/3全開というところでしょうか。


ところで相撲と言えば“朝青龍”ですよね。
今の話題は・・・。


小生は実は“朝青龍”、意外と好きなんです。
ものすごい嫌われ者ですが、しかし稽古していないようで、
人の見ていないところでものすごくやっているんじゃないかと思うんです。
そうでないとあんなに強くない。


“総理大臣になるより横綱になる方が難しい。”
と言われる横綱を1人で守る精神力と見えないところでの稽古は絶賛に値すると思っています。


しかし、残念ながら強くなれば強くなるほど、周りの人達がチヤホヤしてしまい、
そして、その恩恵にあやかろうといろんな方がつきまとってくる。


皆さん、記憶にありますよね。
“貴乃花”の例。
あんなに素直で真面目な青年が、横綱になった瞬間、人が変わってしまった・・・。


それは取り巻きが悪いんだと思うんですよね。
これって人事ではないんです。
業績が良い時はみんなチヤホヤする。
おべっかを使う。
そして、いろんな人達が恩恵を受けようと集まってくる。


しかし、いったん業績が悪くなると、波が引くようにそういう人たちは去っていく。
あんなにチヤホヤしていた人達も見向きもしなくなる。
「世の中って、そんなもんだ」といえばそうかもしれません。
だからこそ、業績の良い時ほど、
「こんな状況が長く続くはずがない。進化しないと必ず衰退するぞ。」
ということを自分に戒めなければならないと思うんです。


実は小生のコンサルティングの方は今すごく人気があります。
ありがたいことなのですが、こんな状況が長く続くはずがありません。
「ブーム」は必ず終わる。
この前読んだ本に書いてありましたが、
「人間は7年で飽きる」ってね。


だから“将来の為に今、何をやるべきか?”、
“同改善・改革・進化していくべきか”、
“人間力を上げていくにはどんな勉強をすべきか”

を毎日考えています。
自分をいましめるように・・・。

“人のふり見て、わがふり直せ。”って昔の方はよく言っておられますよね。

「実るほど頭をたれる稲穂かな。」
そういう人間になりたい。
そういう人間でずっといたい。


ところで、皆さんは自分を戒めてますか?
“まだまだ!!”
“もっともっと!!”と思っておられますか?
これって大事ですよ。


そして今日の一言・・・。
「未熟でいるうちは成長できる。成熟した途端、腐敗が始まる。」
(尊敬する、レイ・クロックの言葉)


まだまだ「青二才」。
「未熟」の段階まで持っていかないと自分に言い聞かす。


商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-08-10 19:28 | Comments(0)

”挑戦”してますか?

もう8月も3分の1が過ぎようとしています。
本当に日々の過ぎるのは早いものです。
時間の早さに自分が追いついていない。
もっとスピードを上げなければ・・・、と思う、今日この頃です。


ところで、今日は “挑戦” について・・・。
皆さん、今、何かに“挑戦”していますか?
別に、仕事でなくでもよいのです。
趣味でも、遊びでもいいです。
挑戦している時って張り合いがありますよね。
そして端から見ても「カッコよく」見える。
なぜなんだろうな~?と思うことがあります。


たぶん、身体中からアドレナリンが出て、身体全体そして脳の細胞を
いつもより活性化しているからなんじゃないかな?
と思うんです。


だって挑戦している人の話しぶりを聞くと“羨ましく”なりますよね。
歩き方も颯爽としていますよね。
これって「アドレナリン」の影響じゃないかなと思うんです。
何でもいいから「挑戦」し続けたいですよね。


実は小生、 「商人(あきんど)ねっと」の会員を増やすこと に挑戦しています。
法人会員・個人会員ともにです。
個人会員の目標は「百万人単位」
えっ、現在ですか?
ハハハハッ・・・。言うのは恥ずかしいくらいです。
その目標の500分の1強です。


でも、挑戦するからには「夢」はでっかく持たないとですね。
だからその為の対策を日夜考え、実行しています。
まだまだですが・・・。


そして法人会員を1000社目標にしています。
これもまだまだですがやりますよ。
この「夢」に向かって・・・。


「夢は手の届く範囲に設定するな!」とよくメンターの方に言われてました。
そして「自分に壁を作るな!」とも・・・。


端から見たら、「ホラ吹き」くらいの「夢」や「目標」を立てろということらしいんです。
最初は果てしなく遠い道のりでも一歩ずつ確実に進むことが大切なんだとか・・・。

「千里の道も一歩から・・・。」

この「夢」にひそかに日付をうって“挑戦”しています。


そして二つ目が、本の2冊同時発売です。
まだ1冊も書いた事のない人間がいきなり2冊も出す。
これまた、端から見たら「アホか!!」と言われる“挑戦”。


両方合わせて、700枚以上書かなければなりません。
小生のスケジュールを知っておられる方は「いつ書くの?」と言われますが(笑)


1冊目は目標は今年11月。
2冊目は来年正月です。
来年の正月の 「賀詞交歓会」には2冊勢揃いしたいものです。


まだまだ他にも“挑戦”しているものがあります。
これは日を追って・・・。
皆さんは“何かに挑戦”されてますか?

“挑戦は生きがいである。”

そして、今日の一言・・・。
「一生勉強、一生青春、一生危機感、一生感動」
                     (ユニチャーム会長 高原 慶一郎氏の言葉)


小生の好きな言葉の一つである・・・。


商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-08-09 19:08 | Comments(0)
今日は朝一番で大阪で「商人(あきんど)ねっと」の営業。
その後、昼の便で東京へトンボ帰り。
そして打ち合わせが3つ。
今日も何が何だか分からないうちに終わりそうです。


近頃、小生は 「本欠乏症」になってます。
「本を一杯読みた~い。」という欲求がすごく強くなっています。
本を読む時間も近頃ない。
TVなんて全然・・・。
だから、インターネットと新聞で世の中の情報を収集する毎日が続く・・・。
ア~~~。
“時間貧乏”からいつ開放されることやら・・・。


そこで、今日は「出会い」について・・・。
小生は“出会い”によって「人は成長する」といろんなメンターから教わりました。
ですから、“出会い”をすごく大切にします。


実はこのインターネットTV「商人(あきんど)ねっと」をスタートするまでは、
いがない(?)小売業コンサルタントでしたから、
小生のクライアント様とそのお取引様中心の“出会い”が主体でした。
これはこれですごい“出会い”をいただきました。


今の自分があるのは、クライアント様のお陰なのですから・・・。
いつも偉そうなことを言ってますが、いつも「感謝の念」は忘れません。
ですから、いつも朝起きたら「今日は誰を幸せにするのか?」と自分に問うことを習慣化しています。
そういう風にして神経をその日の「クライアント様」に集中させているのです。


こういう日々が長く続きましたが、昨年から「商人(あきんど)ねっと」という、
得たいの知れない“バケモノ”のビジネスをスタートしてからは“出会い”の幅がグ~ンと広がってきました。


自分でもビックリするくらい、いろんなジャンルの方々との出会いがあります。
まだまだ認知されない「商人(あきんど)ねっと」ですが、
これからもっともっと大きな出会いが
この「商人(あきんど)ねっと」というビジネスで発生するのかと思うと、
全財産をなげうってそして自分のコンサルティング収入をとことんつぎ込むことも意義があると感じ始めてきています。


そして、皆さん“出会い”は人だけではありません。
小生は人を成長させる“出会い”はあと2つあると思うんです。
それは・・・。

一つは「本」との出会い。
そしてもう一つが「オーディオ」との出会いだと確信しています。


本は著者の生き様を勉強できます。
本当に魂の入った書物は感動するし、勉強になります。

これは自分が本の原稿を書いて思ったことですが、
本を書くというのはすごく大変なんです。
自分の脳をフル回転しないと書けない。
だから、「本」一冊に書かれているは著者の魂が入ってくるのだと思うんです。
だから、そういう「本」を読むことにより、
本人とは出会わなくても、“出会い”につながる と思うんです。


そして「オーディオ」
本は「声」や「顔」が分からない。
本にはないものがオーディオではできる。
そして何よりいつでもどこでも聞けたり、見たりできる。

これも本と同じくらいの感動を生むことができると思うのです。
だから、小生は「商人(あきんど)ねっと」をスタートしたといっても過言ではありません。


皆さん。この3つの“出会い”を積極的に活用されてますか?
「出会いは成功への近道である。」

そして今日の一言・・・。
「読書・内観・実践という段階の繰り返しは、
人間が進歩・深めていくプロセスとも言えます。」

(小生のメンターの一人 森 信三 先生の言葉)



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

# by akindonet | 2007-08-08 18:46 | Comments(0)