商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

愛するスタッフ

12月の「アファメーション(積極宣言)」

「12月の目的は、
最大の売上高と最高の粗利益高を、最小の在庫額で実現する。」


今日から高知へ・・・。
新店の「サンシャインクラージュ」をチェックするのが楽しみです。
その状況については、明日・・・。

ところで、今日は小生のスタッフの話し・・・。
商人ねっとの“チーフディレクター”として君臨しているのが、☆たけ君。
小生がものすごく“可愛がっている”と他の社員から思われている男。

実際とても可愛いです。

彼は商人ねっとの“成長”を見てきた唯一の“生き証人(?)”です。
今年4月に永眠した稲君の“二番弟子”。
本当に、亡くなる直前まで☆たけ君のことを心配していた。


「社長、☆たけ。変わりませんね~。
もう少し、僕がいなくなったら成長すると思ったんですけど・・・。」
「ちょっと、ほっときます。気づくまで何も言わない方が良いみたいです。」

などなど、まだ、小生の携帯メールには稲君からきたメールが保存されています。

このように、稲君は☆たけ君の成長を願っていた。
可愛かったんでしょうね。

この☆たけ君。
映像を作らせたら、かなりの才能の持ち主。
「天性」のものがある。
本当に「ゾクッ」とするような映像を作る。

「やる気と感動の祭典」の映像の「ポイント」になるところは、☆たけ君に小生は託す。
それくらい、「天性」のものを持っている。


が、しかし・・・。

ここで、「成功哲学」の話しをしましょう。
「ノミの話し」です。
けっこう、有名なのでみなさん知っていらっしゃると思います。
ノミって1mぐらいジャンプできるんですよね。
平気で・・・。
そこで、その1mぐらいジャンプできるノミを「30mの高さ」のビンに入れたんです。
そうすると、どうでしょう。


最初は、どんどんそのビンの壁にぶち当たります。
何回も、何回も・・・。
しかし、時間がたつと、ぶち当らなくなるんです。

そして、ビンのフタをとるんですね。
そうすると、1m飛べるノミも30cmしか飛ばなくなるんです。

壁があると思って・・・。


それ以降、30cm以上飛ばなくなるんです。
本当は、1mも飛べるのに・・・。

で、ここで、ほとんどの本は終わりなのですが、
実はその30cmしか飛ばないノミがまた「1メートル飛ぶ」という方法があるんです。

みなさんどうですか?
どうしたら、30cmしか飛ばなくなったノミが1m再度飛ぶようになる方法????

実は、そのこころは・・・。
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     :
1m飛ぶノミを横に置くんです。
それだけで30cmしか飛べなくなっていたノミが時間がたつと1m飛ぶようになるんです。

すごいことですよね。

でも、このノミの話しを☆たけ君と何か関係があるの?と思いますよね。

実は「1m飛べるノミ」の☆たけ君が30cmしか飛べなくなっている。
小生が壁をつくったのか?
それとも社員全体の雰囲気が壁をつくったのか?
それとも本人か・・・?


ですから、今回、小生は☆たけ君に「愛のムチ」を放ちます。
そのムチでひねくれるか?それとも奮起するか?は本人次第。
というのも、小生は☆たけ君と一緒に「会社の目的・目標」を実現したいと本気で考えているからです。

「30cmのノミ」に終わってほしくない。
「1m飛べるノミ」にずっといてほしいと考えてます。
本心から・・・。


商人ねっとは、とんでもない「目的・目標」があります。
決して夢ではありません。

なぜかって?

本気で小生は実現できると思っているからです。
でも、みなさんがこの「目的・目標」を知ると、たぶん「失笑」されることでしょう。
それくらい、とんでもないことです。

「できるわけねぇよ~。」と言われるはずです。
良いんです。
小生そして、商人ねっとのスタッフ(アソシエイト)は、今“本気”で実現しようと考え、
行動しようとしています。(少なくとも小生はそう思っています。)

その為には、「チーフディレクター」である☆たけ君が、まず「30cmのノミ」から、
「1m飛べるノミ」に変身してほしいと心から願って、“愛のムチ”を小生は放ちます。
「1m飛べるノミ」になってほしい。
彼なら出来るからです。

☆武君と一緒にこの「目的・目標」を実現したい。


その為には、ライバルの「1m飛べるノミ」に同じ映像チームの梅ちゃんが早くなってほしいな。

わかるかい。
梅ちゃん。

今日は小生の“愛する”スタッフの話しでした。

そして、「今日の一言」・・・

「仕事熱心な者を見よ!彼は王の前に立つであろう。」



▼▼▼商人ねっとからのお知らせ▼▼▼
皆さん、お楽しみ様です。

本日、商人伝道師より「1mのノミ候補」にノミネートされた梅ちゃんです。

皆さん、12月商戦いかがでしょうか?

今日でちょうど10日が経過しましたが、大きく成果が表れているでしょうか?
それとも今ひとつ・・・な感じでしょうか?

そこで、このBlogで何度も取り上げて頂いた、年末商戦のファイナルウェポン!!
『商売繁盛虎の巻 X'mas商戦~年末商戦』のDVDセットの最終案内です。

ちょっと調べてみたら、売上高が
な、なんと前年比124%でした!!
頑張れば、こんな数字って出せるんですね。
Blog愛読者の方で、ご購入頂いた方に、社員一同、心より御礼申し上げます。

でも今回の『商売繁盛虎の巻』のDVDの中には、もっと凄い数字をたたき出す
方法や手段が満載なのです。

200%以上アップが当たり前の内容が、たくさんつまってます。

今回は最終なので、5セットのみの受付とさせて頂きます。

ラストスパートをかけたい時、挽回に燃えたい時、いつもそばに置いてあげて下さい。

ご注文はこちらから、お願い致します。
          ↓↓↓
 『商売繁盛虎の巻X'mas商戦編~年末商戦編』DVDセットご注文フォーム
by akindonet | 2008-12-11 13:47 | Comments(3)

意識化

12月の「アファメーション(積極宣言)」
「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を最小の在庫額で実現する。」

今日は栃木へ・・・。
子供のウィルスがうつったのか、吐き気と下痢が止まらない。
ちょっと体調不良。
家中のみんなが今、体調不良。
またまた「優たん」が入院。
しかし、出張は続く。
夜遅く帰って、病院へ・・・。
朝早く起きて病院へ・・・。
でも、子供の為と思うと、あまり疲れない。不思議なものである。
早く治って帰ってきてほしい。


ところで、「12月の目的」、みなさん意識化してますでしょうか。
ここ2~3社、お伺いした企業は、うまく12月のスタートダッシュを切った。
すごく調子が良い。

あとは、12月22日~24日の3日間をいかに落とさずに乗り切っていくかである。
やはり、「12月の目的」を意識化し、声に出している企業は強い。
何となく、意識している企業は弱い。
それぐらい「意識化」の効力というのはある。


特に、小売業は「人が全て」の商売。
働いている人が「本気」になれば、すごい力を発揮するのである。
こりゃー、いきますよ。
「(過去)最大の売上高と(過去)最高の粗利益高を(過去)最小の在庫高で獲得する」という目的。
世の中が、「不況、不況」と言っている中、この目的を達成できたら、
すごい自信になる。
この「自信」が大事。

「不況期」は、“自信と勇気”が必要な気がする。
そして、「やる気と感動」がキーワードになる。
これは、小生の一貫した考え方。


ところで、今日は若い方々へお奨めの本を紹介。
読まれた方はたくさんおられると思いますが、小生の座右の書の一冊です。
それは・・・。
「サミュエル・スマイルズ」が書いた
「自助論」

という本です。
20~30才台の方々には是非読んでいただきたい本。
「天は自ら助くる者を助く」
という、自助独立の精神にのっとった名著です。
「人生は自分の手でしか開けない。」
ということをこんこんと書いてある。
久し振りに今、小生もこの本を読んでいます。

先日、「運気が落ちている」ということをこのブログで書きましたよね。
ですから、必死で自分の「運気」を上げようとしています。
その為に、こんなにタイトなスケジュールの中、本を読む量がすごく増えてきているのに気づく。

昨日の夜、自宅で本を整理してたら、11月下旬~12月上旬だけで、
8冊も読んでいる。

その中の一つがこの「自助論」という本です。
これから迎えるであろう、「不況期」において“個人”として持っておかなければいけないのは、
「考え方」と思っています。


不況になって一番恐いこと。それは「心」です。
「心」まで“不況”になってしまう。
いわゆる「やる気」や「元気」をなくしてしまう。
「会社が悪い」・「世の中が悪い」・「政治が悪い」と常に矛先を外部に向ける。


しかし、どんな環境においても、
「人生は自分の手でしか開けない」んです。
言葉を変えると
「人生は、自分の力(努力)でいかようにもなる」ということ。
だから、今、コツコツ、自分の“基準”を上げる努力を続けた者が不況期を脱した時に「花開く」と思っています。

是非、小生のスタッフを含めて、若い方々にお奨めしたい本です。
読んでみてください。

3つの出会いがその人の人生を変えると言われます。

「人との出会い」
「仕事との出会い」
そして「本との出会い」


良い「出会い」は必ず人間を成長させてくれる。ただし、それをつかみとるのは
「自分(本人)次第」だけどね・・・。


みなさん、出会いを大切にしてますか?!

そして、「今日の一言」・・・

「時間とは消滅するものなり。かくしてその罪は我らにあり。」
(自助論の中にある一節)


by akindonet | 2008-12-10 11:39 | Comments(1)

女性の時代

12月の「アファメーション(積極宣言)」

「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫額で実現する。」


今日は山梨日帰り・・・。
まだこの連戦(23連戦)、折り返しにもなっていない。
かなり身体が疲れてきていますが、運動・食事に注意して頑張るぞ!!
皆さんも、かなり日本中寒くなってきました。風邪には十分気をつけて下さいね。
本場はこれからだから・・・。

ところで、今日は「女性の時代」について・・・。

小生は、小売業“女性の時代”がこれから本格化してくると思っている。
今までのような「女性=パート社員=worker」という図式が完全に崩れつつある。

だってそうでしょ、皆さん。

スーパーマーケットで働いてる女性の方で、優秀な女性っていっぱいいますよね。
下手な男性より頑張る女性が多くなっていることに気づく。
仕事を楽しんでいる方。
せっかく仕事するなら、“結果”を出したいと思っている方。

などなど・・・。
たくさんそんな方がおられる。
しかし残念ながら、スーパーマーケットの「教育システム」は“男性中心”。

なぜか?

「教育してもいつ辞められるか分からない。」
「人件費の高い社員を教育するのが当たり前。」

という考え方を持ってらっしゃる企業が意外と多い。
でもね、これからは「現場力」が全てだと思うんですよ。
だってこれからの「不況期」において「現場力」って、ものすごく大きなキーワードでないかな―?と思っている。

「やる気」のある女性に、どんどん“投資”する。
その方が“リターン(効果)”が大きいんじゃないかな―!?


男性の「中間管理職」の方々は、近頃“教育慣れ”や“研修慣れ”しているような気がする。
だから「報告書」の作り方だけが上手くなっている(笑)。
その点、女性は教育とか受ける機会がないから、そういう機会があると、ものすごく勉強し、自分のものにしようとしている。
こういう“意識”のある方々にこれから会社も“投資”していかねばならないのかもしれない。

その証拠に、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」 http://www.akindonet.comの視聴者は圧倒的に女性が多い。
そして勉強したことを売り場に落とし込むのも、女性の方がはるかに多い
またそういう企業(店舗)ほど実績が良い。

11月の「第2回やる気と感動の祭典」で発表した高野礼子さんがこんなことを言っていた。

「できる店長の影に女あり。」って・・・。

「そうなんだろうな~。」とそれを聞いて感じる。
そこで、この「やる気と感動の祭典」の発表者も毎回、必ず一名は“女性”を指名しようと考えています。
ですから、このBlogを読んでいらっしゃる企業さん、そして女性社員さん、あなたにもチャンスがあります。

「12月の結果」で選出します。
「コトPOP」での協力。
「予約拡販」での協力。
「お客様サービス」での成果。

などなど。

是非「ノミネート」して下さい。
必ず、その「ノミネート(結果)」を基に、「第3回やる気と感動の祭典」の発表者を決定します。
だって、これから小売業も100%「女性の時代」が来ると確信しているから・・・。
「女性の門戸解放」
の一つのきっかけに、この「やる気と感動の祭典」がなってくれたらな~と思っています。
皆さん、12月頑張ってね!!
「ノミネート」成功事例、待っています。

そして「今日の一言」・・・。

「不調な時でも違った収穫がある。」
    (プロゴルファー 宮里藍ちゃんの言葉)

by akindonet | 2008-12-09 17:30 | Comments(1)
12月の「アファメーション(積極宣言)」

「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫額で実現する。」



今日は徳島・・・。

ちょっと“好調”なキョーエイさん。
いわゆる“運気が上がっている”企業。

この企業、来年は「大飛躍」するかもしれない。
あとは、いかに目標を高く持って、行動するかだと思う。
来年、期待している企業の一つ。


ところで、来年の「大不況期」に対する、対策Part2について。

この不況期のポイントの一つに、「現場力」を小生は挙げている。
「現場力=人間力」である。

でも、ほとんどの企業が“営業力や現場力”の強化を図ろうとせずに、
「経費削減」のもと、営業力を低下させる動きに走る。

もちろん、「不況期」には経費削減は絶対に必要
しかし、営業力を低下させる経費削減は、この不況期はマイナス効果。

なぜかって・・・?
それは、「大不況期」において、どんな現象が
小売業に起こるのか?
を考えれば分かります。

みなさん、不況期に小売業ではどんなことが起きると思います?
小生は「不況期の小売業者」を、こう表現します。

「集客できる店がより集客し、集客出来ない店がより集客できなくなる。」
それも、ものすごくその差が出てくるのが、この不況期だと思う。

「勝ち組」の一人勝ちになる。
いい例が、今のアメリカ
ウォルマートの一人勝ち。

では、日本ではイオングループセブン&アイグループが一人勝ちするのか?

そんなことはないと小生は思う。
だって、みなさんそうでしょ?

イオングループやセブン&アイグループとアメリカのウォルマートとの
「違い」は何ですか?

そうです。
「店舗力」の違いです。

ウォルマートは常に「一番店」です。
でも、イオングループやセブン&アイグループの企業や店舗は
「一番店」ではない。


だから、大手はものすごく大変になると思う。

そして、地方の“元気印”の企業が大躍進する時代が来たということ。
では、どうするか?

そうです。

何回も言いますように、「現場力」の強化をする<んです。
「人間力」の強化をするんです。

では、どうしたらよいか?
それは、「やる気」と「実行する環境」づくりの教育です。

「やる気」を出させるにはどうしたらよいか?
それは、「適正評価」と「感動を与える」こと。

「実行する環境」づくりをするにはどうしたらよいか?
それは、「挑戦させる雰囲気」づくりと「実行することを評価」する企業づくり。
「ノープレイ・ノーエラー」の環境づくりは絶対にダメ

失敗を咎めない。
むしろ、実行しないことを咎める企業づくりが大切なのです。

「やる気」・「感動」・「挑戦」・「勇気」
なんか聞いたことのあるフレーズです。

“大不況期”には必ず大切になってくるフレーズとなるはず。
みなさん、「やる気」と「感動」を与える仕掛けをして下さい。

“現場”の方々に・・・。

そうすれば、必ず「店舗力=人間力」が飛躍的に伸びます。
そうすれば、「繁盛する店がより繁盛する店」の一員にお客様から選ばれるのです。

みなさん、来年は“勝負!!”の年ですよ!!


そして、「今日の一言」・・・

「経営者は現場に行け!必ず現場にヒントがある。」
(松下幸之助氏の言葉)

by akindonet | 2008-12-08 16:59 | Comments(0)
12月の「アファメーション(積極宣言)」

「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫額で実現する。」




今日は、「中小企業診断士」の法定研修。
いわゆる"お勉強"。
一年に一回、必ず受講しないといけない「理論研修」。
「実務研修」は、免除されます。
一応、バリバリの"コンサルタント"ですから・・・。(笑)

その研修が、夕方5時終了。
その後、ダッシュで、羽田空港へ・・・・。
午後6時30分発の飛行機で、徳島へ・・・・。

日曜日なのに、慌ただしい一日です。


ところで、来年は、大変な年になりそうですね。
輸出関連企業が軒並み業績が"急悪化"
ほんとうに、ジェットコースター並みの"急降下"

必ず、小売業にも影響がでる。
もう、サービス業などには、出始めている。
小生の実弟が、大阪にある"名門ホテル"の「経営企画室」にいるんですが、
なんと業績悪化で、今回の冬のボーナスは・・・・

「月給×0.4ヶ月分」

しか支給されないんですって・・・・。
一部上場会社ですよ。
そんな大企業でさえ、こんな状況ですから、他のホテル企業はもっと悪いのでしよう。

製造業にいたっては、「ボーナスがでるだけいい!!」という、下請け企業が続出しているという。

こんなんで、来年、どうなるんだろう?
と、思うのは小生だけではないと思います。
では、どうしたらよいか?

小生の考えです。

1。ボーナスが無事支給される会社は、
会社や経営者に"感謝"すること。
ボーナスがいただけることへの"感謝"です。

2。次に、「利益を一番稼げる12月に、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫高で実現すること。」を"本気"で意識し、"行動"すること。

3。今まで以上に、「粗利益高志向」を徹底すること。

4。"大不況期"時代到来に向けて、全員が"危機感"の「情報の共有化」をして、
対策を真剣に協議し、"実行"すること。


などです。


小生自身も、ものすごい危機感をもっています。
だから、ものすごく"勉強"始めました。
"対策"を考え、まとめはじめてます。
"本を読む量"が、異常になってきました。
"メモすること"が異常になってきました。
"「マインドマップ」の枚数"が異常に増えてきました。(マインドマップのことは後日説明します)

危機を感じて、戦闘体制前の、"ライオン"のように、なっています。
それぐらいじゃないと、この大不況期は、乗り切っていけないから・・・・・。

とんでもないことが、来年は起きるかも・・・・・。

「事前準備と戦略」

今、求められていること・・・・・。
みなさん、「事前準備と戦略」は、大丈夫ですか?


そして、「今日の一言」・・・・・。

「必ず儲かる商売などない。
必ず儲ける人間がいるだけだ。」

(「商売の心得 30箇条より」)

by akindonet | 2008-12-07 20:07 | Comments(0)
<12月のアファメーション>
12月の目的は最大の売上高と最高の粗利益高を
              最小の在庫高で実現する。



今日は、朝4時30分起床。
急いで身支度して、朝7時30分発の飛行機で山口へ…。
そして、日帰り…。

自分の「人生の目的」の為に、今日も頑張ります。

実は、いつも「疲れたな~」と思う時には、必ず自分の「人生の目的」を声を出して言います。
いわゆる「自分の声で自分の耳と頭に言いきかすように…」

そうすると不思議です。
自分に力が湧いてきます。

自分は何の為に「生かされているのか!」を自分に言いきかさないと、
怠け者の小生はすぐに妥協してしまうからです。

「人生の目的」がしっかりと意識化しているので、今は楽しく仕事をさせて頂いています。

ところで、近頃「目的や考え方」がもの凄く大切になってきたな~と思うようになりました。


自分の「人生の目的」は何だったのか?
商人ねっとの「事業の目的」何だったのか?
スタッフの「仕事の目的」はしっかりと意識化しているのだろうか?


それを考えることが多くなりました。

何故かって…。
はっきり言って「運気が下がっている」と感じはじめているからです。

小生のコンサルティングが行き詰っている訳でもありません。
商人ねっとの事業が苦境に追い込まれている訳でもありません。

むしろ、「順調」です。

しかし、事業が順調なのと「運気」とは比例しない。
むしろ、反比例するような気がします。

小生は「運気」というのをもの凄く重視します。
順調な時ほど、この「運気」を意識しないと知らず知らずのうちに悪い方向に向かい、
気づいた時には手遅れということがあるからです。

自分自身の「基準」を上げるにはどうしたらよのか?
スタッフの仕事に対する「考え方」の¨基準¨を上げるにはどうしたらよいのか?

それをもの凄く考えるようになっています。
運気はやる気に比例します。

「やる気」とは自分の「基準」を常に上げようとすることと小生は考えてます。
今の自分は、この「基準」の上げ方がもの凄く低下している。

だから、スタッフに伝染するんですね。
だから、完全に「仕事=労働」になってきている。

「流通業界の縁の下の力持ち企業として、
商人ねっと事業をもっと発展させるにはどうしたらよいか!」


と、考えているのは本当にごく一部の人間しかいないように感じています。
それは、トップの小生の「基準」が上がりきっていないのが原因。

すべて責任は自分にあると認識しています。

だから急遽、12月25日「やる気ミーティング」をすることにしました。

¨時間無制限¨

小生を含めて、社員全員が「やる気」をおこすまで続ける。
1時間で終わるかもしれないし、10時間かかるかもしれません。
オフィスを離れて、会議室を借りて行います。

小生の「商人ねっとへの思い」
   「仕事に関する、小生なりの考え方」


そして、スタッフの「仕事に対する不満・不平・問題点」をどんどん聞くことにします。
そうすることにより「運気」を上げていかねばならない。

「運気=やる気」です。

「やる気のある軍団」づくりをしていく。

みなさんの会社は年末商戦に向けて、

「やる気のある軍団」になっていますか?
「運気の上がる軍団」になっていますか?


「売上げが上がっているからいいや~」と思っていませんか?
「やれ!!と言われていることをやればいいや~」という雰囲気になっていませんか?

そして「運気」というものを感じてますか?
運気はすぐに下がります。
しかし、上げるのはとても大変です。

ですから、「運気が下がる」ことを最も小生は恐れています。
業績は、この「運気」さえ上げ続ければ、必ず良くなるからです。

だから「運気」を上げることに、常に注意しようと思っています。
小生の「基準」が上がりきっていないから、「運気」が上がらない。
それをつくづく感じる今日この頃です。

勉強が足りません。
努力が足りません。


自分に対して、そう言い続けている毎日が、ここ1週間ほど続いている小生です。


そして、「今日の一言」…。

「¨やりぬかなくては¨という気持ちが、さまざまなアイデアを生み出す。」
(カシオの創始者 樫尾忠雄氏の言葉)

by akindonet | 2008-12-06 14:27 | Comments(0)
12月の「アファメーション(積極宣言)」
「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫高で実現することである。」


みなさん、今日から12月いっぱい上記の「アフォメーション(積極宣言)」
ずぅ~っと、一番最初に載せます。

商人ねっと法人会員のみなさん、クライアント企業さん、
そしてこのBlogの愛読者のみなさん、全ての方々の
「共通のアフォメーション」にしたいので、ずぅ~っと一番最初に書きます。

みなさん、絶対に
「最大の売上高と最高の粗利益高を最小の在庫高で実現する。」
ことを、達成しましょうよ。

アッ!!忘れていました。
商人ねっとスタッフも・・・。

何回もこのBlogで書いています。
「12月は儲ける月」

絶対に儲けなくてはいけない。
“言い訳の出来ない月”

どんなことがあっても、今までに例のないような粗利益高を叩き出す。
素晴らしい正月をみんなで迎えましょうよ。

「12月の目的は、(過去)最大の売上高と、
(過去)最高の粗利益高を、(過去)最小の在庫高で実現する。」


みなさん、徹底的に“意識”しましょう。
実は、小生「脳科学」とかを勉強していると、分かってきたことがあるんです。

それは、「意識化」の重要性。

徹底的に「意識化」することにより、行動がその方向に向かい、
そして結果がその意識した通りになるというものです。

「意識化」の強さが結果を大きく変える“要因”になる。

メンタルトレーニングで有名になった、
「女子ソフトボールチーム 日本代表」

彼女らはなぜ、アメリカに2度も負けて、最後の最後で
その“最強”のアメリカに勝てたのか?

それは「目的の意識化」がものすごく強かったからだそうです。
彼女らの目的は何だったと思います?
「北京オリンピックで金メダルを獲ること」
だと思うでしょ。

違ってたんです。

目的は・・・
「北京オリンピックで日本が金メダルを獲らないと、
次の次のオリンピックで、ソフトボールが正式競技として復活出来ない。
そして、復活しないとソフトボールをやりたいという小さい子供の夢を
失わせることになる。」


この強い“目的の意識化”が最後の最後の崖っぷちのところで
“神がかり的”な力を発揮したんです。

上野選手の“快刀乱麻”の好投はこの“目的の意識化”から
生まれたと言われています。


これはスポーツの世界だけでなく、
ビジネスの世界でも通用すると思うんです。

みなさん、ここがポイント。

「目標」は“ノルマ”でなく、あくまでも
“自分が誓った(約束した)目標(数値)”
ということ。
いわゆる「目標=コミットメント(誓い・約束)」です。

目的を徹底的に全社員に“意識化”させて、「目標」を自ら宣言させる。
そして、その「目標」を達成するためには、どうしたら良いかを話し合う。

絶対に妥協しない。
そのためには、「目的の意識化」が必要なんです。
「12月の目的は(過去)最大の売上高と(過去)最高の粗利益高を
(過去)最小の在庫で実現する。」
です。

小生は、これを言い続けます。
皆さんに徹底的に“意識化”してもらいます。

そして、その売上げを達成するには
「毎日!毎日!が勝負」です。
毎日!毎日!の売上高達成に全力投球する。

粗利益高は、重点商品の「異常値」作りしかない。
さらに、在庫高は「1月4日夜BY在庫ゼロを目指す」ことを
目標に掲げる
しかない。

そうすれば、必ず実現できると信じています。
みなさん、皆さんのお店の担当者は、全員・・・
「売上目標を宣言できますか?(前年比115%を狙う!とか・・・)」
「12月獲得しなければならない粗利益高を言えますか?」
「在庫に対する意識は高まってますか?」


この“意識化”が皆さんのお店を大きく変えるのです。
「12月の目的は、(過去)最大の売上高と(過去)最高の粗利益高を
(過去)最小の在庫で実現する。」



そして、「今日の一言」・・・

「あなたが“できる”と思おうと、“できない”と思おうとどちらも正しい。
ただ、結果が違うだけだ。」


(自動車王 ヘンリー・フォードの言葉)

by akindonet | 2008-12-05 11:22 | Comments(0)

「フロー」について

今日から北陸・・・。
今日は久し振りに朝、ジョギングをして、気持ち良い。

ところで、岩手、水沢江刺駅から新幹線に乗ると、なんと横の座席に、
あの“京子ちゃん”がいるのではないですか?
どの京子ちゃんかって・・・。


それは、あの女子レスリングの「浜口 京子」ちゃんです。
お母さんと。

本当に笑顔の素敵な女性。
しかし、でかかったなー。そしてすごく笑顔が良かったなー。
世界を相手にしている女性って感じではなかったですね。
普通の“笑顔の素敵な女性”でした。
でも、なんか超~“得”した気分でした。

ところで、今日は「フロー型」経営について・・・。
実は小生は、「管理」が大嫌いです。
「管理」されるのも大嫌い!!
「管理」するのも大嫌い!!


だから、小生の会社は「自由奔放」が社風です。
でも、こんなんでは絶対に会社運営はダメなのかもしれないと、
悩みに悩んでいたんです。

すると、不思議な出会いがありました。
「管理なんかするな!」
「組織図は作るな!」
「楽しくなければ仕事じゃない!」

と言われている方がいるんです。
その方は、「天外 伺郎(てんげ しろう)」氏。
元ソニー上席常務。

でも、お会いしたこともありません。
しかし、小生が悩んでいたことを解決してくれた人物。
絶対に一度お会いしたい人物。

CD、ワークステーションNEWS,AIBOなどを主導した方なんです。
小生は「体育会系」の人間なんですけど、規律や規則を重視する方ではなく、
試合中に、なぜアスリートはとても苦しい状況の中で
「フロー」な状態でやれるのに、なぜビジネスの世界ではできないのか?
それをビジネスの世界でも応用できないのか?試行錯誤しているんです。

だって、みなさんそう思いません?!
あんな苦しいマラソンを走り終えて、また走りたくなるんですよ。
京子ちゃんのように、あんな苦しい、地獄のようなトレーニングをして、
オリンピックで負ける。


でも、また、その苦しい地獄のようなトレーニングをしても、
オリンピックに出たいと思う。

これって何なんだろう?と思いませんか。

これをビジネスに生かすことはできないのか?!
“燃えるフロー型軍団”はできないか!と考えて、会社を経営しています。
みんなが自主的に、楽しんで、「目標」を達成する軍団。

それを実現できればと考えているんです。
なかなか難しいけど、少しずつ少しずつ小生自身がわかりはじめてきました。
その方向性が・・・。

来年は、今のスタッフで「リーダー」をつくろうと思う。
決して、ノルマもなんにもない「リーダー」。
あるのは、「とにかくすごいことをする軍団」をつくるリーダー。
「みんなが常に“燃える軍団”をつくる」リーダーです。


フロー(限界や苦しみを超えて、気持ち良くなる状態)な状態で、
仕事をする環境づくりをできる会社にしたい。
「管理」もなにもない。そんな会社でみんなで成功したい。


「そんなことできるわけないやろ~」とみなさん思われますよね。(笑)
だから挑戦するんです!!

まずは、小生が見本を示そうと決意する。
「フロー」な状態で12月を乗り切ります。
もう、「ウキウキ!!」でいきます。
「楽しくなければ仕事じゃない。」


小生のクライアントも、辛いけど、“燃える軍団”となり、
“フロー”状態で仕事できるようになってもらうための手助けをしていきたいと考えてます。
みなさん、“フロー”な状態で「燃える軍団」づくりしましょうよ。

管理されて、楽しいですか? 
管理されて、面白いですか?


楽しくないですよね。面白くないですよね。
だったら、自分自身を変えましょうよ。

“フロー”な状態で仕事しましょうよ。
フローとは「楽(らく)」することではありません。
辛さや苦しみの中に目標(目的)をしっかり持って、その実現のために今、やってんだ!!

これをクリアーすれば、こんな“素晴らしい”ことあるよー!!


ということを思いながら、楽しみながら仕事することと小生は解釈します。

“フロー”でいきたいですよね。
小生の会社もそんな「フロー型経営」を目指してます。

そして、「今日の一言」・・・

"「規則は少ないほどよい。
従業員に自由と自主性を与えれば、
もっと会社の経営に関心を抱き、
意欲的に責任をもって
仕事を取組むようになる。」"



            (ホールフーズ・マーケット創業者 ジョン・マッキーの言葉)

by akindonet | 2008-12-04 16:50 | Comments(0)

毎日が勝負!!

今日は岩手県水沢へ・・・。
「東北勉強会」。

よって、朝4時30分起床。急いで身支度をして横浜駅へ・・・。
水沢江刺駅に着くのは9時50分。
それまでが「小生の自由時間」。
新聞をサッと読み、ブログを書き、本を読み、仕事をし、「戦略」を考える・・・。


移動はとっても大変ですが、この「移動」時間は、小生にとって、とても貴重な時間。
この時間をどうやって有効活用できるか?!

その時間しか、“自分に投資”する時間が無い・・・。
だから集中して勉強してます。

帰りもそうしたいのですが、帰りは朝とは全く違います。
やはり、疲れが出てしまい、効率は5分の1~10分の1に落ちます。
ですから、「朝が勝負!!」だと気合を入れてます。


ところで“12月のスタートダッシュ”はうまくいってますか?
実は、昨日もクライアントさんには厳しい口調で申したことがあります。

「今年の12月商戦の最終目的は何?」
すると、みんな・・・
「?????・・・」

小生の“激”がだから飛ぶ!!
「今年の12月商戦の最終目的はただ一つ!!」
それは・・・
「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高を確保することである。」
と・・・。
いつも申していること。

そのためにはどうするべきか?
それは・・・
「毎日が勝負!!」という気持を持つこと。
「1日負ければ、その分、その負けた全部が翌日にオンされる。」
「だから、毎日!毎日!が勝負なんだ!!」
「本気で、この12月、過去最大の売上高と過去最高の粗利益高確保を狙っていく!!」


なぜ、そこまでこの12月、売場と粗利益高に固執するのか?
それはね・・・。

“一番儲けなければならない月”だから。
儲けるためには、売上高を上げて、上げて、上げまくる努力をすること。
そして、“売れてて儲かる商品”を徹底的に見える化することなんです。

「1年で一番儲ける月を確実に大きく儲ける」ことが大切なんです。
他の業種は「X'mas」・「正月休暇」が存分にある。でも、この業界は無い。


だから、「儲ける権利」があるのです。
おわかりですか?みなさん。
だから、「儲けなくてはいけない」のです。

そして、来るべき「大不況期」に向けて、“売りぬく“クセをつけるため・・・。
来年は、今まで経験したことのない、“大不況期”がくるかもしれない。
いや、必ず来ると小生は思っている。

「大不況期」に勝つ方法は、「売りぬくクセ」をつけることだと思っている。
別名「売りきる力」ともいう。
「売りきる力」のない企業は、来年“大苦戦”する。
なぜかって?!

それは、“消費者の購買力低下”がおきるということイコール
“小売側の販売力低下”になるということ。

「売りきる力」をつけている企業は、こういう時代は強い。
そうでない企業は“ロス”の山”。
になりかねない。


だから、おせちや餅中心に大幅値上げしている今年こそ、“売りぬく”ことを、
しなければならないのです。

商売は“売りぬけば必ず儲かる”ようにできている。
だからこそ、この12月は「毎日が勝負!!」という気持を持ち、
「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高確保」を実現すべく行動してほしいのです。


何回も言います。
「毎日が勝負!!」なんですよ!
この12月前半が今年の12月商戦の“ヤマ”。

だから、もっと“仕掛けろ!”。
だから、もっと“大胆に行け!”。
だから、もっと“元気を出せ!”。

曜日回りが良い悪いは関係ない。そんなこと前からわかっていること。
それにどう対処していくかだよ。

これくらいの「不利条件」なんて大したことない。
来年はこんなもんじゃないよ。
恐ろしいことになるかもしれないんだよ。


だから、この12月はどうしても“結果”を残さなければならないの・・・。
わかっているかい・・・?!


前半が“ヤマ”。
攻めて!攻めて!攻めまくれ!!

そして、「今日の一言」・・・。

「逆境は必ずそれよりも大きな報酬の種が隠れている。」

(ナポレオン・ヒルの言葉)
by akindonet | 2008-12-03 18:41 | Comments(4)

「P-D-C-Aサイクル」

今日は広島・・・。
さすがに、寒いですね。でも、12月は寒くないとモノが売れない。
だから大歓迎です。

ところで、近頃、小生のクライアント企業も提出書類の中身が変わってきた。

「目標→実践→検証→改善」。いわゆる「P-D-C-Aサイクル」のスタイルで、
報告しはじめてきている。
「やる気と感動の祭典」効果が序々に出はじめてきている。
ものすごく良いこと。

しかしまだまだ・・・。

そこで、「商人伝道師流P-D-C-Aサイクル」の話を今日はします。
小生は以前のブログにも書きましたが、
「行動科学マネジメント」と「脳科学」を勉強しています。
流通業界のコンサルタントでは、“超変わりモノ”です。

ですから、ちまたで言う「Plan→Do→Check→Act」サイクルの考え方が根本から違います。

ちまたで言われている「P-D-C-A」は文字通り“サイクル”なんです。
小生の考えている「P-D-C-A」は“スパイラル”または“トルネード”と言っています。

どういうことかと言うと「P-D-C-A」した時には、実施した人間の
「ステージ」が上がっていなければならないということなのです。


基準が同じなら、「サイクル」ですよね。
小生は“基準を上げる”ように仕掛けるから「スパイラル」であり、「トルネード」なんです。
どこがどう違うのか?知りたいですよね・・・。
ではちょっとおすそ分け・・・。

まず「Plan」。小生は「計画」ではなく「目標」と呼んでいます。
それも、「高い目標」でなくてはならない。
とうてい自分の今の基準では「達成できないであろう」という“目標”を立てる。
他の社員やスタッフから、「店長、絶対無理ですよ~」・「店長おかしくなったんじゃありません?」
というレベルで丁度良い。


これを商人伝道師流「目標」としてます。
そうすると、「Do」の取り組みが変わるんです。
「Do=実践」。しかし、今の自分の基準ではとうてい達成できそうもない「目標」
だから、どうするか?

それは、「モデリング」しかない。
実際に実現した「実例」を素直にそのまま実施してみる。
それしか方法はない。

なぜか?それは、今の自分の基準では絶対に目標達成できないのが
わかっているから・・・。

そして、「検証」。
いままで行ったことのない「実践」だから結果は消化率70~80%止まりのことが多い。
でも、これで良いんです。
今までの自分の基準では考えられなかったような“目標”を立て、
“実戦”したわけですから、100%うまくいくわけがない。


でも本人は“実戦”したことにより、「勇気と自信」がつくんです。
その勇気と自信を確かめるために“検証”する。
これが“商人伝道師流”なんです。

これで、脳科学で言う「コンフォートゾーン」の基準が上がるんです。

そうすることにより、「改善」は、もうその「高い目標をクリアーできる」
という考えで改善策がどんどん出てくる。

そうすれば、必然と「大きく結果が変わってくる」のです。
これが、“商人伝道師流”P-D-C-Aトルネード(スパイラル)”という考え方です。

あ~。またまた新しい“造語”誕生です。ハハハッ・・・。

実際に昨日もお伺いしたニチエーさんで、この現象が起きてきている。
若い鮮魚担当が、この“商人伝道師流P-D-C-Aトルネード”を実践しはじめました。


なぜ?それは、「やる気と感動の祭典」に参加したから・・・。
たった2日間(厳密に言うと1日)で、彼らの考え方と行動の基準が上がってしまいました。

1日200切れしか売ったことのない「トラウトサーモン」を1000切れに挑戦。

1日300ハイしか売ったことのない「スルメイカ」を1000ハイに挑戦。


実践方法は、「やる気と感動の祭典」の発表者ならびに、成功事例を参考にして、
そのまま“モデリング”。

するとどうでしょう。75~85%の消化率達成。
本人たちの「コンフォートゾーン」は、もう「200→1000」へ。
「300→1000」へ基準が一気に上がりました。


これを続けていけばどうなるか?
結論は言わなくてもわかりますよね。

この「P-D-C-Aトルネード」の考え方が、これから起きうるであろう、
「大不況期」に対する対策の一つ。なのです。
みなさん、この「P-D-C-Aトルネード」に挑戦してみませんか?

そして、「今日の一言」・・・

「これからの時代は“信頼”が奇跡を生み出す企業経営になる。」

(AIBOを開発した土井 利忠氏の言葉)
by akindonet | 2008-12-02 18:30 | Comments(0)