人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2019年 09月 01日 ( 1 )

心のオアシス


本日(9/1)エントリー締切!

「やる気と感動の祭典 EX.26」

【スーパービッグプレゼント】
発表者に選出されると

「中国(上海)視察セミナー」
「無料招待」(1社1名)




「エントリーなくして、やる感なし!」
みなさんの春~夏商戦の結果エントリーお待ちしております!

●エントリー募集内容●
「本気で実践して、本気で結果にこだわり、
こんなに結果を変えました!!」
「こんなことしたら、こんな結果が出ました!!」
という成長や成功の事例


発表者エントリー締切 9/1(土)

https://akindonet.com/yarukan/entry.html

発表者エントリーの詳細はコチラからダウンロードできます
社内掲示用ポスターはコチラからダウンロードできます




大好評につき第2弾!
ラッピングの技術セミナー 大阪にて開催

f0070004_18142018.png

9月20日(金) 大阪
対象:教育担当者・レジ部トレーナー・サービス担当・レジチェッカー

ご好評につき第2弾!
基本技術から応用まで実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます!
先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。
当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?



セミナー詳細・お申込みはセミナーWebサイトより


「第22回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
f0070004_16542000.png
視察先:ニューヨーク・テキサス(ダラス)・ポートランド
11月4日(月)~11日(月)開催


<視察先は商人伝道師・水元仁志&稔子ウィルソン先生完全プロデュース!>
世界最強のスーパーマーケット「ウェグマンズ」のニューヨーク初進出店の視察!
ウェグマンズを凌ぐ店になってきた「セントラルマーケット」の最新店を視察!
「ニューシーズンマーケット」本店で戦略・マーチャンダイジング等のセミナー開催!


航空会社は「JAL(日本航空)」・羽田発!
「ホテル」は「四つ星ホテル」以上!


料金:1人 520,000円+諸経費

セミナー詳細・お申し込みは以下より


今日は朝5時起床。
BLOGを書いて…
ジムに行って…
今日から「第26回やる気と感動の祭典EX」の選考スタート。
夕方から、京都へ…


さて、「第26回やる気と感動の祭典EX」

本日が申込み締切日。

f0070004_14401771.png

何回もこのBlogで呼びかけたり…
メールやFAXでお願いしたり…
FACEBOOKでもお願いしたり…

もう「待つ」しかありません。

もう、みなさんを「信じる」しかありません。



エントリー、お待ちしております!!







そして、今日は「日曜日」…

「心のオアシス」の日。


今日は「天才は階段を隠す」です。


ある地方都市に行った時の話だが、
団地に住んでいる知り合いを訪ねた際のできごとである。


見ただけで買ったばかりとわかるピカピカのピアノがあったものだから、
何気なくバイエルのさわりを二曲ほど、ひいてみた。


私は、若いころにピアノを勉強していた時期があったものだから、
案外にうまくひけたと思った。


ところが、帰京してからその知りあいから電話がかかってきて、
小学校二年生の娘が糸川さんのピアノを聞いて大変に驚いているというのである。


娘さんが言うのには「あのおじさん、とてもピアノなんかひくような顔してないのに、
あんなむずかしい曲をすらすらとひいてしまった。ピアノの天才だ」と言ったそうだ。


ところが、母親がそれを聞いて、なんと言ったかというと

「あのおじさんはとても頭がいい人で、頭のいい人はなにをやってもうまいのよ」
と答えたというのである。


私は本当にびっくりしてしまって、すぐにお母さんに電話して

「ピアノというのは頭でひくものではない。指でひくのだから、
何回練習したかで上手下手がきまるものです。

そういう時にはあのおじさんも、
あなたぐらいの時にはむずかしい曲がひけなくて、
人の二倍も三倍も練習して、やっとあのぐらいひけるようになったんです、
というように答えてほしい」

と言ったわけである。


こう言えば、
子供は「それじゃあ、私でもできる」ということになるが、
頭のいい人はなんでもうまいといってしまったら、
私はだめだということで、ピアノを続ける気が無くなってしまう。


私は階段というか、ステップを上がらせるのが教育であって、
初めからジャンプして飛躍できる人などいないと思う。


天才というのは、ただ階段を隠すだけだ。


人目を忍んで練習をしている。



「逆転の発想」より
糸川英夫 著(プレジデント社)




タイトルの「階段を隠す」とは、つまり…

努力しているところを隠している為、
最初から上にいるかのように見えますが、
そんなことはない

という事です。


ひたむきに、たんたんと努力を重ねられる人が、
天才と呼ばれているのです。

もし「天才」がいるとしたら、
それは、

「努力の天才」なのです。

天才と呼ばれている人ほど、自分は天才じゃないと思っているのです。





いかがだったでしょうか…

今日の「心のオアシス」



たぶん、過去10年間では最悪の時期だと思う。
昨年の11月ぐらいから、その“予兆”はありました。

それが“顕在化”してきたのが…
5月ぐらいからです。

7月は天候の影響もありましたが…

過去、見たことのないような数字…。



7月ほどではないとしても…
8月も良くない。

9月は“消費増税ショック”でもっと悪い状況になるだろう。



ですから、10月の「第26回やる気と感動の祭典EX」はとても大変だと…

すごく「責任」を感じています。

今、一番「学ばなければいけないことは…」を…
考えながら、選出しようと思っています。


今回の「第26回やる気と感動の祭典EX」は…

「ペタ」な内容になるかもしれない。

「営業利益赤字の企業がこうやってV字回復して黒字化した!」とか…
「人手不足の中、こうやると惣菜の売上を上げられる!」とか…
「撃沈状態の青果部門。なぜこの企業だけ業績が良いのか…」とか…

という感じで、構成しよと思っている。



もう、「1日24時間」
ずっと「第26回やる気と感動の祭典EX」のことばかあり考えている。

商人伝道師の腹を切ったら…
「血」が出るのでなく、血のかわりに「やる感」のエントリーが出てくるかも知れない(笑)

それくらい、悩んでいます。

苦しんでいます。

もっと、苦しみます。(泣)




そして、「今日の一言」…

人生は一冊の書物に似ている。
馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、
賢い人間はそれを念入りに読む。
なぜなら、彼はただ一度しか
それを読むことが出来ないのを知っているから。

(ジャン・パウル)

by akindonet | 2019-09-01 18:00 | Comments(0)