人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2019年 06月 04日 ( 1 )


ラッピングは店の差別化サービスの一つになる!
「ラッピングの技術」セミナー

2019年7月17日開催

これからは「プチギフト」の時代!
「ラッピングの上手な店」
「お客様をサプライズさせるラッピング」のできる店

がお客様からの支持を得ることができます。
f0070004_11150297.png
講師は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生


参加特典:セミナー当日の実技映像を収めたDVD

お申込みはコチラから

皆様のお申込みお待ちしております。


f0070004_15453961.png

第87回商業界ゼミナール 講演DVD・CD販売中!
DVDにはパワーポイントデータや資料などを収録しており、
「商業界精神」を継続して何度も学ぶことができます。
受講された方も、受講されなかった方も、ぜひチェックしてみてください!
https://akindonet.com/dvd/shogyokai/87/



f0070004_21591046.png

コトPOPマイスター認定講座 3時間受講コース
コトPOPインストラクター認定講座
お申込み募集中!

■マイスター認定講座
7月10日(水) 10:00~13:00

初めての方はこちら!コトPOPの基礎知識を身に着け、
すぐに店舗で実践できます!

■インストラクター認定講座
7月11日(木) 10:00~17:00

マイスター取得後の上級資格
コトPOPの指導・コンサルタントの知識が身につき、
協会認定講師としても活動できます!

会場:東京 神田 NATULUCK神田北口駅前店 4階小会議室





今日は朝4時30分起床。
身支度して…
羽田空港へ…。
今日は和歌山。

さて、まずは、本日が最終日となりました…。
「第21回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」のグループ発表の紹介。
今回の”チャンピオンチーム”の紹介です。
チーム名は「KNOT」
メンバーは…

滑川友和(株式会社ハセガワ)
国門 誠(株式会社どんたく)
仲田耕一(株式会社ジャパンミート)
小川絵理(株式会社ニシザワ)
高木俊宏(株式会社キョーエイ)

まずは、映像を見て下さい。




ものすごい「気づき」ですよね。
ものすごい「学び」ですよね。

派遣された企業様もこれくらい学んでくれれば…
派遣した甲斐があったのではないでしょうか。





そして、今日は「商人伝道師の新著」について…


5月に発表する予定が遅れに遅れて…
6月か7月上旬に発表できるという段階です。
約7年ぶりの本。


どんな本なのか…
ちょっとそのさわりだけを今日は紹介します。

第1章 百年に一度の大変革期に直面するアメリカは日本の近未来
第2章 日本にもニューリーダーが出現する?
第3章 「採用」が企業の存続に関わってくる
第4章 これからの生き残り戦略とは
第5章 店長の近未来像
第6章 生鮮食品の“新戦略”はコレだ!
第7章 グロサリーの「近未来戦略」はコレだ!



まずは、「アマゾンエフェクト」でアメリカのスーパーマーケットはどのようなことをしているのか…
毎年、年2回アメリカのスーパーマーケットをベンチマークして商人伝道師なりに感じたことを書きました。


たぶん今まで業界誌などで指摘されなかったこと。
商人伝道師の目線での「アマゾンエフェクト」とは何か。
アメリカのスーパーマーケットの「百年に一度の大変革」とは何か。
などをより具体的に書きました。
結構、自分で読み返しても、すごく面白い。(笑)
なかなかアメリカのスーパーマーケット視察に行けない方には…
「10分でわかるアメリカの実情」
みたいな感じで読んでいただけたら…
と思っています。

「エッ!?アメリカってこんなことまで行っているんだ~」
がわかる内容にしたつもりです。
期待しておいてください。



次に、「日本のスーパーマーケットのニューリーダー」について書きました。
この項はかなり“物議”をかもすと思います。
「日本にもホールフーズマーケットが現れる」
「日本にもトレーダージョーズが現れる」
「日本にもユニクロのような“製造小売業”が現れる」

ということを大胆に書きました。

「ニューリーダー」についても、かなり大胆に書いているので…
いろんな方面から非難されるかもしれません。(笑)
でも、意外と…
「へぇー!そうなんだ…」という面もあるんじゃないかと思っています。



そして、第三章は「採用戦略&教育」について書きました。
「採用」について…
「優秀な人材確保の重要性」について…
「教育」について…
「外国人労働者」について…

など…
商人伝道師が学んだことや感じたことを
全て書いたつもりです。

「労働力人口」が減少していく中…
今後は「採用戦略」は経営戦略の大きな柱になる。
その「対策」というより、この章は「考え方」について書いたつもりでいます。

「人手不足」が続く中…
採用や教育について、一つでも多く参考になることがあれば…
と書きました。
特に、これからの重要な戦力となる「外国人労働者」の教育など、
今までとは違った切り口で書いていますので…
楽しみにしておいてください。




また、「第4~5章」は…
「生鮮食品の近未来戦略」(第4章)
「グロサリーの近未来戦略」(第5章)

を書いています。

「スーパーマーケットの新常識」や…
「スーパーマーケットのブルーオーシャン戦略」のように
具体的なことはあまり書いていませんが…
今後、こういうことをやっていかないと…
ダメになるよ!!

ということを書いたつもりでいます。
ちょっと“耳の痛い”ことも書きました。
また、本を地面にたたきつける!!ようなことも書いています(笑)
この章も、かなり“物議”を醸すでしょうね…。




そして、第6章は…
これからの「店長」のありかたや…
売り上げ減における目指す数値…
または、店のこれからの在り方まで…

いろんな角度から書いたつもりでいます。
「店長」というより、「店舗運営」の在り方という感じでしょうか。
商人伝道師が感じていることを…
全て書きました。





最後に…
これがメインです。
第7章が…
「ファイブウェイ・ポジショニング戦略」
です。
ほかの章の2倍ぐらいのボリュームです。
「価格(安さ)」
「サービス」
「アクセス」
「商品」
「経験価値」
という「ファイブウェイ(5つの道)」で…
いかに「尖り」を出し…
いかに「差別化」していくかを…

かなり具体的に書いたつもりでいます。
これは、かなりの自信作です。
「第1章~第6章」までが…
第7章の「ファイブウェイポジショニング戦略」の前フリではないかというくらい…
しっかりとまとめたつもりでいます。


今回の本は…
商人伝道師の“日本のスーパーマーケット”の方々への…
「遺言」
みたいなものにしたいということで…
大胆に…
物議を醸し出すことは覚悟の上で…
書きました。


写真や図表が物凄く多いので…
編集を担当している商業界の笹井部長さんなどが物凄く苦労されています。
ひょっとしたら「300ページ」近い本になるかもしれません。


「そういえば昔、商人伝道師が本に書いてたよね…」
「その当時は、そんなことになるわけないよ…と思っていたけど…」
「本の内容のようになってきたな~」

と言ってもらえるような本になれればなーと。


もちろん、自分で書きました。
「ゴーストライター」は使っていません。
今週中には図表や写真も決定します。
あとは商業界さんにゲラを預けます。


ここ5年以上…
「スーパーマーケットの戦略」のような本は出版されていません。
もしも発売されれば…
久しぶりの「戦略本」です。


物議を醸し出すと思いますが…
一読に値する本になったと思います。
期待しておいてください。


商人伝道師が…
約30年間に渡り…
お世話になった…

「スーパーマーケット業界」

そのご恩返しのつもりで…
書きました。



そして、「今日の一言」…。
「時代がどう変わっても、
 革新に至る唯一の王道は、現状をよく分析し、
 さらなる可能性を限りなく追求していくことなのです」
(稲盛和夫)


by akindonet | 2019-06-04 18:09 | Comments(0)