人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2019年 06月 01日 ( 1 )

f0070004_15453961.png

第87回商業界ゼミナール 講演DVD・CD販売中!
DVDにはパワーポイントデータや資料などを収録しており、
「商業界精神」を継続して何度も学ぶことができます。
受講された方も、受講されなかった方も、ぜひチェックしてみてください!
https://akindonet.com/dvd/shogyokai/87/



ラッピングの差別化セミナーのご案内
2019年7月17日開催

これからは「心の豊かさ」を求める時代。
「サービス」や「経験価値」が重要になってきます。
その一つの手法が「ラッピング技術」。

しかし、基本やマナーを知らずにラッピングを行っていると…
「心の豊かさ」や「サービス」どころか…
トラブルにつながる可能性があります!

f0070004_11150297.png
そこで今回企画した「ラッピングセミナー」では基本技術から応用まで
実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます !

先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。


当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?

お申込みはコチラから

皆様のお申込みお待ちしております。



今日は朝7時起床。
さすがに疲れがピーク。
今日はゆっくりします。


さて、商人ねっとでは今…
「新企画」を考えています。
それは、『お客様に選ばれる店になる為の「ラッピングの技術」セミナー』
f0070004_13283763.png
f0070004_13283734.png

なんと、あの「マツコの知らない世界」にラッピングの達人として出演された先生を…
交渉に…交渉を重ねて…やっと実現しました。

これからは「プチギフト」の時代。
小さい…小さい…
「記念日」をみんなで祝う。

そういうことが日常化してくると思うんです。

その時に大事になってくるのが…
「ラッピングの上手な店」
「お客様をサプライズさせるラッピング」のできる店

だと思うんです。

商人伝道師が目指すのが…
「Lush」!
f0070004_13432896.jpg

f0070004_13433825.jpg

f0070004_13434745.jpg

f0070004_13435551.jpg

これを目指したいんです。
そこで、今回「ラッピングの達人」にお願いしました。

ぜひ、「ラッピングの達人」から「ラッピング」を学んでみてください。
セミナー詳細・お申込みはこちら




そして、商人ねっとのアソシエイトがお届けする
「第21回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー 視察レポート」
今日が最終日。
では…。


みなさま、こんにちは、商人ねっとで映像をしております。
アキレこと工藤恵理佳です。

今回、アメリカ視察セミナーへ同行させていただきまして
私も、写真撮影インタビューがとても多かったと感じました。
このセミナーへ参加されている方々のマナーと、Toshiko先生が各スーパーマーケット築き上げた信頼からだと思います。

Toshiko先生のお話ですと、チャックスプロデュースさんからは、わざわざストアマネージャーから
「今回マネージャーが私にかわりましたので、担当させていただきます」と連絡がきたそうです。

集合写真を撮影させていただいた店舗のマネージャーから…
「集合写真をぜひ送ってね」と名刺やメールアドレスをいただきました。
とっても嬉しかったです。

今回のセミナーでは、Toshiko先生、参加された企業のみなさま、視察先の店舗のみなさま、
全員に感謝!!!という気持ちです。


それではさっそく、アメリカ視察レポートをさせていただきます。


スーパーマーケットinUSA
「akire感動しました!ランキング」


第4位「リサイクル」
アメリカのスーパーマーケットでは、リサイクルにとても力を入れていると感じています。
こちらは、「服や靴のリサイクルボックス」
f0070004_16402844.jpg
こちらは、「本のリサイクルボックス」
f0070004_16405573.jpg
f0070004_16405661.jpg
PCCのバックヤードでも…
「ダンボールのリサイクル」
f0070004_16414644.jpg

また、PCCでは自社で出た生ごみをリサイクルし、堆肥として販売しています。
f0070004_16422825.jpg
f0070004_16422831.jpg

こちらは以前に撮影した写真です

地域に優しい、環境にも優しいお店が視察店舗には沢山ありました。



第3位 「モッツァレラチーズ」

私は、モッツァレラチーズが大好きです。
アメリカのスーパーマーケットでは自家製のモッツァレラチーズを販売している店があります。
コチラは「ズーパンズ」の自家製モッツァレラ
f0070004_16443442.jpg
f0070004_16443554.jpg
近くで見るとほんとプニプニしていておいしそう。
日持ちもしないだろうと思い…買うのを断念しました。
今度はクーラーボックスを買って絶対に食べます。

恐らく帰国してからも5回ぐらいこの写真を見ています。



セントラルマーケットでは…
サラダバーのところに…新鮮なモッツァレラ…
(これは自家製じゃないようです)
f0070004_16500787.jpg
f0070004_16503127.jpg

ゆらゆら揺れるモッツァレラ…
見ているだけで幸せです。






第2位「子どもさん大喜び」

各スーパーマーケットで子どもが楽しめる工夫が沢山ありました。
(個人的にもすごく楽しめました)

売場にはいたるところにオシャレでカワイイぬいぐるみが…

f0070004_16525495.jpg
f0070004_16525398.jpg

トレーダージョ―では各店舗に別のキャラクターが存在しているそうです。
今回訪れた店のキャラクターは「ビーバー」でした。
f0070004_16542565.jpg
なんと、こちらの店舗では、「ビーバー」を毎日どこかに隠し、
お客さんに探す楽しみを提供しているそうです。
(ぬいぐるみは盗まれないように高い所に置くそうです)

偶然、店のスタッフさんにビーバーの居場所を教えてもらっていたので、激写していました(笑)
f0070004_16552797.jpg
f0070004_16555368.jpg

そして、トレーダージョ―ではこどもが来たらかわいいシールをプレゼントしたり…
f0070004_16563339.jpg
大人の私でもとっても楽しいお店です。



第1位スーパーマーケットで芸術に出会える…

商人伝道師から紹介がありました…
床のアート
f0070004_16570255.jpg
f0070004_16571387.jpg
f0070004_16572109.jpg


それに、ガラスに直接書いたであろう…
ガラスアート(?)
f0070004_16573360.jpg


もちろんPOPボードなど
アメリカのスーパーマーケットは芸術であふれている…

買物もして、感性もみがけて、楽しいお店を沢山視察できました。



いかがでしたか…
何回もアメリカに行っているので…
見る視点が違いますよね。
こういう社員さんを一人でも多くつくってほしい!!
と願っています。





そして、今日は「アメリカのスーパーマーケットを見て感じたこと 最終日」

まずは、「カスタマーサービス」をすごく重視しているということ。
とにかく、ストアマネージャーにインタビューして…
「他社との違いは何ですか…」と質問すると
必ず返ってくる答えが
「カスタマーサービス」

日本はここまで「カスタマーサービス」を重視しているのであろうか…
考えさせられた。
たしかに、みんな「笑顔」
f0070004_14224264.jpg
f0070004_14225370.jpg
f0070004_14232471.jpg

これから、日本でもこの「カスタマーサービス」で差別化する必要性がでてくるかもしれない。
その時に大事なのが…
「人間力」
その人の「パーソナル力」なのかな…。
「人と接することが好き!!」
という人を採用するときがくる。

でも、今は人手不足。
そんなこと言ってられないのが実情ですが…
AIや自動化が進んでくれば…
「人余り」になってくる。
その時は、かならず「人と接することが好き!!」という人を採用すべきなんでしょうね…。
そう感じた。アメリカのスーパーマーケットを視察して…




そして、2つ目が…
「関連販売」のすごさ
です。
あらゆる場所で陳列販売しています。
こんな感じです。
f0070004_14234223.jpg
f0070004_14235072.jpg
f0070004_14235593.jpg
f0070004_14240722.jpg
f0070004_14242134.jpg
f0070004_14263749.jpg
もっと日本のスーパーマーケットも関連販売を強化して…
「買い上げ点数UP」を心掛けないといけないなーと。
部門の垣根を越えて…
「買物局面」での販売。

これから大事なんだろうな…と。
すごく感じましたね。




3つ目が…
「生鮮の方向性」です。
「スペシャリティーストアー」といわれる企業の特長として…
どんどん肉や魚の売り場が狭くなっている。
反面、「鮮度」や「安さ」を打ち出している企業は…
肉を中心に…
売場をどんどん拡大している。


例えば…
「ホールフーズマーケット」の鮮魚とミートの売場
f0070004_14244605.jpg
f0070004_14245734.jpg

「ニューシーズンズマーケット」の鮮魚とミートの売場
f0070004_14293274.jpg
f0070004_14294734.jpg

「PCC」の鮮魚とミートの売場
f0070004_14312179.jpg

f0070004_14305383.jpg

逆の展開をしているのが…
「Winco」。青果と鮮魚とミートの売場
f0070004_14364797.jpg
f0070004_14364604.jpg
f0070004_14372343.jpg
どちらがいいのかわかりませんが…
こうなると…
グロサリーでいかに「独自化したPB」を持っているか…
もしくは、「プリペアードフード」といわれるデリカで特化していくか…しかない。

または、「ニューシーズンズマーケット」のように、
「地域コミュニティ」との絆を深めるしかないと思っています。


日本もこうなるのか…
「生鮮部門での差別化」
しかし…
アメリカは明らかに違う方向性に向かっている。
今後も定点観測したい。



それにしても…
「トレーダージョーズ」のPB開発。
エンジンがかかってきましたね。
トレーダージョー図のバイヤーは14,5人しかいないと聞く。
しかし、ものすごい商品開発力。
本当にすごい。

この「商品開発力」と…
「コスト意識の高さ(とくにイニシャルコスト)」。
いつも感心する。
「坪効率」を重視し…
「イニシャルコスト」の最小化をし…
「PB商品を薄利多売」して、商品回転率を上げる…

それで、圧倒的な差別化を図る。
見事だと思う。



これが商人伝道師の今回の「アメリカ視察」での感想でした。
少しは参考になりましたでしょうか。



では、今回の「グループ発表」の内容を映像で紹介します。
今回は、「かばちたれ」チーム。


すごいでしょ。
この「気付き」。
すばらしい学びができたことと思います。
これが、「稔子ウィルソン先生」と商人伝道師のセミナーです。





そして、「今日の一言」
「何事にも落胆しない、あくまでやり続ける--決して断念しない。
この三つが大体において成功者のモットーである」
(デール・カーネギー)


by akindonet | 2019-06-01 18:00 | Comments(0)