人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2019年 04月 02日 ( 1 )


申込み締切まであと8日!

スーパーマーケットの全部門「成功事例」共有セミナー




セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://akindonet.com/yarukan/participation.html


セミナー開催日:4月16日(火)~17日(水)
会場:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート

鮮魚部門のご紹介映像

発表企業:フレスコ株式会社様

全発表企業のご紹介はこちらで無料視聴できます(Youtube)

各部門のご紹介(Blog内のご紹介ページ)


「団体優先席」のご案内

せっかく学ぶなら、“学び効果”の高い席で学んでいただきたいという想いから、
「お取り組み企業」を含めて、「20名以上」参加される企業様には
「団体優先席」を今回も設けております。
「自社の社員参加10名+お取り組み企業10名=20名」という企業様もおられます。
ぜひ、“お取り組み企業様”をお誘いいただき、「団体優先席」の“特典”をご利用下さい。


セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://akindonet.com/yarukan/participation.html

皆様のご参加を心よりお待ちしております




f0070004_19400358.jpg
やる気と感動の祭典EX
ボランティアスタッフを募集しています!
セミナー運営を通じて沢山の「学び」があります。
もちろん、祭典当日は運営を行いながら
セミナーを聴講することもできます!
「新入社員研修」や「スキルアップ」に最適です。


ボランティア募集はこちらから!



f0070004_17474284.png

気づきと驚きのアメリカ視察セミナー
シアトル・ポートランド

2019年5月24(金)~30(木)開催

参加者募集開始!

詳細・お申込みはこちら(pdf)



2019年5月より 東京・大阪にて開講
惣菜の商品力強化セミナー

f0070004_11302479.png

冷凍デリカ・半調理品の商品化方法・オペレーション
最新のお客様ニーズにあわせた商品化・売場づくり
大量調理機器の基礎から応用
軽減税率の対策や増税対策

を徹底的に学ぶ全8回のセミナー

詳細&お申込みはこちら


2019年6月より 東京・大阪にて開講
鮮魚のイノベーター養成セミナー
f0070004_11450511.jpg
「競合店との差別化」の大きな武器は「新たなニーズ」!
「新たな食シーン」を知り、現場と顧客とのズレを解消!
「お客様を買う気にさせる」商品・売場を仕掛ける手法を学ぶ!


詳細&お申込みはこちら




f0070004_21203257.png

スーパーマーケット実践会 参加企業募集中です
お店にいながら参加できるライブ配信も実施中
無料体験参加も募集中です!
詳細は実践会公式ページまで


今日は朝4時起床。
Blogを書いて…
本の原稿を書いて…
最終コーナーに突入しているところです(笑)

身支度して…
午前中は私用…
午後は所用…
夜は「勉強」させていただくための食事会。


朝・昼・夜と服を変えないといけない…(泣)
なんだかんだで忙しい一日です。

さて、新しい元号が発表されました。
「令和」

これで一気に「惜別消費」「フィーバー消費」がやってくる。
平成の時代を惜別する消費。
新しい元号「令和」を祝う「令和フィーバー消費」
景気は“気”ですもんね…。

4月1日がこれですから…
「元号」が変わる「5月1日」は凄いことになるんでしょうね…。

ちなみに…
「令和」を足すと西暦に変換できることを知っていますか…

「2000年+1(令和元年)+018(令和)」=2019年
「2000年+2(令和2年)+018(令和)」=2020年

てな訳です。
ですから「西暦」もすぐにわかる。
“すごい年号”なんですよ(笑)

今年の「GW10連休」
特需としてしっかりとニーズをとらえることが出来るのか…
それとも、普通のGWとしてしかニーズをとらえられないのか…

あとは「仮説」立てのみ。
みなさんの「仮説立て」期待しています。


そして、今日は「時代は大きく変わっている」について…。

「世界一の小売業」といったら…
「ウォルマート」
f0070004_16302339.jpg

現在、売上高5144億ドル(日本円で約57兆3041億円)
店舗数5239店舗

日本のイオンさんでも…
売上高8兆2101億円。

なので、その売上の大きさがわかる。

その「ウォルマート」が“血の滲む”ような努力が変わろうとしている。
昨年「ウォルマート」が社名を変更した。
「ウォルマート・ストアーズ(WALMART STORES INC)」から
「ウォルマート(WALMART)」に変更した。

なんと企業名から「ストアズ」が消えた。
そして、おそるべきことに…

2018年は「新規出店」が…
たったの9店舗。
3500店舗以上ある企業がですよ…

ディスカウントストアにおいては9店舗減。
ネイバーフットマーケットは13店舗増。
こんなこと今まで無かった。


あの「ウォルマート」でさえ、「リアル店舗」を諦めたのか…
違うんですね、、、、、。

実はウォルマートでさえ、新規出店よりも「Remodels(リモデル)」に力を入れているのです。
「Renewal」でなく「Remodels」

「カーブサイド・ピックアップ」や…
「ピックアップ・タワー」の導入など…


店の機能自体を「Remodels」化しているんです。
いわゆる…

「Reborn(新しく生まれ変わる)」の一環です。


今、ウォルマートは「e-コマース」や「テクノロジー」・「サプライチェーンの再構築」などに
平均52億ドル(2018年)投資している。
ちなみに、新規出店に対する投資は年間3億ドル。
「52億ドル」とは日本円にすると…

「5793億円」

日本のスーパーマーケットの売上No1の「ライフ」さんの売上高に匹敵するくらいの投資。
いかに危機感があるかわかりますよね。
これを「Amazonエフェクト」といいます。


よって、25回目を迎える「やる気と感動の祭典EX」の基調講演に…
この「Amazonエフェクト」の著者でもある…

f0070004_15104922.jpg

株式会社デジタルシフトウェーブ
代表取締役社長
鈴木 康弘
さん

にお願いしたのです。



世界中が「デジタルシフト」してきているのです。
それをわかっていただくために…。


でも、「我々はウォルマートとは次元が違う!!」と思われていますよね…。
でも、我々のレベルでも「デジタルシフト」しなければいけないし…
「デジタルシフト」すれば「決算書」が変わってきます。
「えっ?!どういうこと…?」と思われてますよね。


それは「経営資源のデジタルシフト」です。
企業の「経営資源」って何かと言うと…

「ヒト」
「モノ」
「カネ」
「情報」

と言われますよね。
では、みなさんの企業はこれを「デジタル化」していますか…
「デジタル化」というのは…
凄いあらっぽい言い方をすると…

経営者が「検索」できますか…
「検索機能」がありますか…

ということ。

例で言うと…
「車両車検」と検索すると…
全ての車両の車検日が出てきますか…ということ。
そして…

「車両保険」と「ゴールド免許取得者」と検索すると…
車両保険の内容とゴールド免許の取得者を紐づけできる仕組みになっていますか…。

できていないですよね。
なぜか…?
それは…

「エクセル」管理しているからです。
今、話題の「クラウド」管理していないから…
「エクセル管理」だと、その担当者しか把握していない。
誰も見ることができないから…
それも個別に「エクセル管理」している。

「クラウド管理」って何…。
では、簡単に説明しましょう。

外部サーバー(外部保管場所)にデータを保存しておいたり、
外部にソフトウェアやアプリを作りインターネットでアクセスすることで
誰でも・どこでも、データを見る・編集する・検索する・ソフトを使用することができる仕組みのこと。

「どこでも・誰でも…」
「検索」できる仕組みをつくれば…
そして、それぞれの項目が「結びついている(紐づけ)」されていれば…
いろんなことを「業務改善」できますよね。

「ゴールド免許」グループを作って車両保険交渉すれば、保険は物凄く安くなる。
「オープンケース」の電気使用量などを各店・一台ごとにチェックできれば「省エネ」タイプに変えた方が良いことが分かる。
さらに補助金を活用できれば安くなる。
それをすぐに「シュミレーション」できる。
正確にデータ入力さえしていれば…

というように、いろんなパターンで「経営資源」を就航活用できる。
「クラウド管理」できれば…


しかし、未だ「エクセル管理」が主流。
それを「クラウド管理」に変える…
これを「デジタルシフト」といいます。
これからはスーパーマーケットの“総務”担当に「エンジニア」が絶対に必要になります。
いわゆる「インフラエンジニア」です。


とにかく、「経営資源の見える化」できれば…
「最適化」が出来るのです。
「少子高齢化」や「人口減」で右肩上がりの売上というわけにはいきません。

今までは…
「11対10」で勝ってた…
オフェンス型チームで良かったのですが…
「1対0」で勝つ…
ディフェンス型の試合もしないといけない。


商人伝道師は「オフェンスコーチ」です。
ですからオフェンスは…
「検索」できるんです。
「ヒモ付」出来ているんですね。
POSデータ分析などで…
だから、有効な手立てを打てる。

しかし…
ディフェンスは「検索」できない。
「ひもづけ」できていないから…
「最適化」がわからない。


そのためには「経営資源の見える化」・「経営資源のデジタルシフト化」
しなければいけないなーと感じています。


スーパーマーケットのコンサルタントでこんなこと考えているのは…
「商人伝道師」しかいませんよ!!(笑)
「オフェンスコーチ」なのに「ディフェンス」のことまで考える(笑)

でも、あの「ウォルマート」が…
「血の滲むような努力」をしないと生き残れないと感じている時代。

我々も「Reborn(新しく生まれ変わる)」していかなければならない。

「Renewal」でなく「Remodels」
「Renewal」でなく「Reborn」

なんですよね。


「Reborn」の時なのです。今は…
元号も…
「平成」から「令和」に変わります。


「経営資源のデジタルシフト化」のセミナー開催しようか…
今度…。

でも、集まらないだろうな…
あまり関心ないよね…
でも、これをしていかないと「お金を溝に捨てている」ようなものですよね。
ここで捨てるのを止めないとね…。
そう思っています。


そして、「オフェンス(攻撃)」も…
「Reborn」するために…。
25回目を迎える「やる気と感動の祭典EX」
いろんな提案をします。

f0070004_17044473.jpg

こういうハガキを先週末送りました。
「危機感」を持ってもらうために…
気づいてほしいために…
伝わるかな…

やる気と感動の祭典EX
今のところ「団体優先席」が少ないです。
例年よりもかなり“良い席”を確保できます。

「20名以上、“お取り組み企業様”を含めて参加申し込み」されると、“特別団体優先席”をご用意いたします。
「自社参加10名+お取り組み企業10名」
でもよいのです。
ぜひ、この“特別団体優先席”をご活用ください。


そして、「今日の一言」…。
「変化はコントロールできない。
できることは、その先頭にたつことだけである。」
ピーター・ドラッカー



<P.S.>
やる気と感動の祭典 運営ボランティアスタッフを募集しております。
ボランティアをしながら受講してみませんか?


1.4月16日のボランティアさんの「宿泊費無料」
2.4月16~17日のボランティアさんの「参加費無料」

「宿泊費(4月16日分)」も「参加費」も“無料”とさせていただきます。
募集人員は「4名」のみ。

滅多にすることができない経験を味わいながらセミナーを受講できる機会です。
みなさまのボランティアスタッフへのお申込みお待ちしております。




by akindonet | 2019-04-02 18:00 | Comments(0)