商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 11月 10日 ( 1 )

人手不足対策


小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻 1月号
大好評配信中!

Xmas・年末年始商戦も終わり、1月は消費が冷え込みがちな月。
こんな状況下で購入してもらうためには
「提案」と「他社との差別化」が肝となる。
その戦略を、商人伝道師こと水元仁志が徹底解説いたします。


ご視聴はコチラから

全番組見放題の法人会員の詳細はコチラ

個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)






第32回売場大賞「ハロウィン」

ハロウィン商戦はいかがでしたでしょうか?
皆さまの取組み写真の応募お待ちしております。

売場大賞公式ホームページはこちら



今日は朝4時30分起床。
身支度して…
羽田空港へ…
今日から北海道。
コートを持っていくか…どうか…
悩む。
結局バッグに入れて持っていくことに…
本州の感覚ではわからないので…


さて、「第32回 売場大賞」のエントリー受け付けています。
今回は「ハロウィン」

年々、マーケットが大きくなっている「ハロウィン」
生鮮食品まで確実に売れるようになった…
ぜひ、この「ハロウィン」の取り組みをエントリーしてみてください。
エントリーしていただくと…

エントリー企業全ての売場写真をプレゼント
最優秀大賞1社に「やる気と感動の祭典」参加費無料チケットプレゼント

という特典を手に入れることができます。
ぜひ、エントリーしてください。
f0070004_13570433.png


エントリー詳細は公式サイトより




そして、今日は「人手不足対策」について…

今、日本中のスーパーマーケットがかかえる問題。
それが…
「人手不足」
もう、どうしようもない段階まできているような気がする。
特に惣菜部門などは「超高齢化」になっており…
その中に若年社員さんが入っても…
長続きしない…
「ライオンの檻の中にウサギを1匹いれるようなもの」
と言われる方もいるくらい…(笑)


そんな中、「労務閉店」なんてこともこれから起きる。
「利益は出ているが、人がいないので閉店!!」
という店が増えてくるはず。
では、どう対策していくか…


まずは、「仕組み」を変えなければいけないのではないかと…
グロサリー関係の品出しは昼の時間にしない。
比較的集まりやすい「夜間バイト」に一任する
(この夜間バイトも集まらない地域もあるけど…)
もちろん、「自動発注」は当然しなければならない。

さらに…
「チラシの回数の見直し」
ここにメスを入れることにより、一気に人手不足が解消する。
チラシ商品の出し入れ。
エンドづくり。
特売残の処理。

どれだけこの「チラシ特売商品」に振り回されているかわからない。
ましてや…
チラシの目玉効果がなくなってきているので…
特売商品の残が多くなりつつあるのも現状。
ここにメスを入れることで、飛躍的に生産性が上がる。


また、「惣菜」
「人がいない!人がいない!!」の連呼の嵐。
ある店長が惣菜のチーフとミーティングしたところ…
どうやら「午前10時30分~12時」ぐらいが人が必要らしい。
そこで、レジチェッカーやその他の部門の応援を入れた。
すると…
売上は上がるし…
人手不足は解消するし…
「一石二鳥」だったという。


さらに、「鮮魚」
塩干物の「朝一番の品出し」をやめた。
夕方のピーク前に「満タン」に陳列し…
「夕方ピーク前~翌日の夕方ピーク前」
というサイクルに変えた。
すると、どうでしょう…
朝一番は「前出し」のみで済み…
塩干物担当の朝一番の仕事がなくなり…
鮮魚のほうに仕事を振ることができるようになった。
また、売り場の陳列量が増えたことにより
夕方以降の売り上げがこれまた上がった。



このように、「仕組み」を変えたことにより…
「人手不足を解消した!!」という例がいくつも出てきている。
そりゃそうだと思う。
「人手不足」というが…
実は、「人時生産性」が上がっていない。
むしろ低下している企業が多い。
なのに…
「人がいない!!」となる。
かなりの矛盾があるのでは…
そう考えると…
「仕組み」自体を考えたり…
「人のマルチ化」を考えたり…

するべきではないかと…



人件費は上がる一方だし…
ますます企業の収益を圧迫しかねない。
そう感じる「人手不足問題」でした…



そして、「今日の一言」
自分の弱さを克服した強さは、
他の人たちを救うための強さでもある
(ジェームズ アレン)






by akindonet | 2018-11-10 18:00 | Comments(0)