商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 09月 18日 ( 2 )


第24回やる気と感動の祭典
参加企業様募集中!


10月29日(月)・30日(火)開催
場所:リーガロイヤルホテル大阪

来年(2019年)は
「消費税が10%になります」
「軽減税率が導入されます」。
ひょっとすると「総額表示に変わるかもしれません」。

そんな中、今、やらなければいけない正しいことを学ぶ日本で唯一のセミナーです。

セミナー参加お申込みはコチラから(公式webサイト)


全国より選抜された発表企業のご紹介 部門別リンク

・精肉部門(株式会社野川食肉食品センター 様)
・鮮魚部門(株式会社ショッピングセンター丸正総本店 様)
・デリカ部門(株式会社山彦 様)
・グロッサリー部門(株式会社ウシオ 様・株式会社おおたや 様)
・女子力部門(山成商事株式会社 様)
・食育部門(一般社団法人日本食育コミュニケーション協会 様)
・青果の調達&アマゾン対策部門(株式会社東武 様・美瑛町農業協同組合 様)
・店長部門(株式会社文化堂 様)
・基調講演(株式会社トクバイ 取締役COO 沖本裕一郎様)

発表者のご紹介映像(Youtube・無料で視聴できます)


セミナー参加申込みに関する詳細は
「やる気と感動の祭典」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

f0070004_18503418.jpg
参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
https://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.html


今日は5時30分起床。
Blogを書いて…
軽くジョギングして…
身支度して…
コンサルティングへ…
今夜、帰京します。

さて、「第24回やる気と感動の祭典」。
商人伝道師から「お願い」があります。
それは…
「お取り組み企業様(メーカー様・問屋様)」と一緒に参加されませんか…
ということです。
「自社だけ学ぶ!!」
という時代は終わったと思うんです。
周りの皆さんを巻き込んで…
「チーム」として、「正しいことを学び」…
この“大変革”の時代を乗り切っていくしかないと思うんです。
自社だけ学んでも…
「お取引先」が不勉強であれば…
仕入れる企業がなくなる…。
なんてこともあります。

よく、商人伝道師が…
「ローカル戦略」
といいますが…
そのローカルの企業が廃業したり・・・
倒産してしまったら…
「ローカル戦略」
などできなくなる。
そうならない為にも…
「ローカル」企業や・・・
「お取り組み」企業と…

一緒に「学び続ける」ことが大切だと思うんです。

神奈川の「しまむらストアー」さんや・・・
石川の「山成商事(どんたく)」さんや・・・
北海道の「東武」さん…
徳島の「キョーエイ」さん…
山梨の「いちやまマート」さん…
福島の「いちい」さん・・・
などは、そういうことをしっかりと理解されていて…
「お取組み企業」にたくさん“お声がけ”いただき、
「お取り組み」企業様の参加が多い。

そうするとどうなるか…
それは…
「外部バイヤー」を養成
できるということ。
「同じことを同じ場所で学んでおられる」のだから…
考え方の共有化ができている。
だから、その企業に合った商品を調達してきていただける。
その企業に合った商品を提案していただける。
ぜひ…
「お取組み企業」様と一緒にご参加をご検討ください。

また、「お取組み企業」を含めて…
「21名以上」の参加申し込みいただくと…
「最優先団体席」
をご用意いたします。
“一番受講するのに良い席”を用意させていただきます。
ご検討のほど、よろしくお願いいたします。


そして今日は「危機管理能力」について…

まず、この写真を見てください。
f0070004_11142621.jpg
f0070004_11142987.jpg
これは災害時における「避難所」の風景。
上が「フィリピン」の避難所。
下が「日本」の避難所の風景。
どちらが「貧困国」なのかわからない。
日本は毎年のように、「自然災害」にさらされています。
なのに、その対策がものすごく遅れている。

今回の北海道の「北海道胆振東部地震」でも…
今回は9月だったから何とか上記のような避難所でもよいかもしれないが…
もしもこれが真冬だったらどうなっていたんだろう…
とゾーっとする。
「北海道全土が停電」
それも2日以上。
「マイナス気温」の中、2次災害で大被害に繋がったのではないだろうか。
そう思えてならない。

これは我々も言えることで…

「アマゾン」のフード(食品)カテゴリーへの進出はそこまできている。

「ドラッグストアー」のフードカテゴリーの強化は著しい進化を遂げている。
(生鮮部門まで展開し始めている)

「コンビニストアー」の“ミニスーパー化”と思えるレイアウト変更

など。
「待ったなし!!」でそこまで“外敵脅威”が迫ってきている。

さらに…
「時給の最低賃金の引き上げ」
「包装資材の値上げ」
「物流費のコストアップ」

など、“販売コスト”がますます増えてきている。

そんな中、今までと同じ販売や展開でいいのでしょうか。
今回の北海道の地震や関西を中心とした台風による交通機関のマヒ。
そういうことで商品が仕入れられないという危機。

「フードマイレージ」という言葉があるが…
大手納豆メーカーが北海道工場で作っていたので、
納豆が入ってこないという現象が起きたとか…
自社より遠い場所で製造している商品が多いということは…
何か自然災害などが起きた時に商品が入ってこないということが起きる。

「2001年アメリカ同時多発テロ」の時…
この「フードマイレージ」の長い商品ばかりを購入したり…
販売していたら…
住民はこのようなテロや災害が起きた時は…
商品を手に入れいることができない。
ということで、「フードマイレージ」の短い「ローカル商品」を育成していこうという運動が起きた。
これが「ローカリズム」運動のきっかけだと言われている。

そういう点は欧米人は日本人より“危機管理能力”が高い
日本人は「平和ボケ」しているのではないかと思う。
例えば…
今回の関西を中心に被害が出た。
「台風21号」の暴風被害。

和歌山県はこれから旬を迎える「柿」「みかん」
の大産地。
すぐに「情報収集」して対応しようと動いている企業と…
“市場任せ”の企業の真っ二つに分かれた。
今のところ、幸いにも被害が少ないという情報だが…
もしも、被害が大きかったら…
“市場頼み”の企業は商品等入ってこないという状況に陥っていただろう。

だから「仕入れ」から「調達」へ…
と商人伝道師は声高に言っているんです。
「地元メーカー」と“お取り組み”を強固なものにしなさい!!と
申しているのです。

今年が“特別な年”ならばしなくてよい。
しかし、みんな思っている。
「これから猛暑や・・・
自然災害は続くんだろうなー」
と。
ならば、動くべきではないでしょうか。
ならば、「正しいことを学ぶ」べきではないでしょうか。

前回、「青果部門」で発表した、
「株式会社キョーエイ」さん。
f0070004_11212367.jpg
発表することにより、「調達」を“本気でやらないといけない”状況に追い込んだ。
だって、埴渕社長が懇親会で
「発表は全部ウソですから…」の爆弾発言(笑)
(埴渕社長流のジョークでしたが、、、。)
これに発表者は燃えた。
発表も…
その後も…
着実に…
「調達」が結果を変え始めようとしている

今回の「第24回やる気と感動の祭典」も…
青果部門の発表は二回連続の「調達」がテーマ
これからは「自ら商品調達」した企業が“一人勝ち”するからである。
それに気付いて欲しいし…
その方法を学んで欲しい…

そう思って…
北海道の一番端…
そして、「2店舗」しかお店がない企業でも…
「調達」できるということ。
それが「圧倒的な差別化」になっているということ。
それを学んでもらいたく・・・
北海道の「東武」さんを選出した。

↓「第24回やる気と感動の祭典」青果の調達&アマゾン対策部門の発表企業ご紹介映像


「危機管理能力」

それは災害時や、有事の時のみに使われる言葉ではない。
日常の中にも、この言葉を使われる時が、
そこまで来ていることを気付いて欲しい。



そして「今日の一言」
事前にあわてふためいて、
あとは悠然と構えている方が、
事前に悠然と構えていて、
事が起きた時に慌てふためくよりも、
利口な場合がある。
(ウィンストン・チャーチル)

by akindonet | 2018-09-18 18:00 | Comments(0)

第24回やる気と感動の祭典
参加企業様募集中!


10月29日(月)・30日(火)開催
場所:リーガロイヤルホテル大阪

来年(2019年)は
「消費税が10%になります」
「軽減税率が導入されます」。
ひょっとすると「総額表示に変わるかもしれません」。

そんな中、今、やらなければいけない正しいことを学ぶ日本で唯一のセミナーです。

セミナー参加お申込みはコチラから(公式webサイト)


全国より選抜された発表企業のご紹介 部門別リンク

・精肉部門(株式会社野川食肉食品センター 様)
・鮮魚部門(株式会社ショッピングセンター丸正総本店 様)
・デリカ部門(株式会社山彦 様)
・グロッサリー部門(株式会社ウシオ 様・株式会社おおたや 様)
・女子力部門(山成商事株式会社 様)
・食育部門(一般社団法人日本食育コミュニケーション協会 様)
・青果の調達&アマゾン対策部門(株式会社東武 様・美瑛町農業協同組合 様)
・店長部門(株式会社文化堂 様)
・基調講演(株式会社トクバイ 取締役COO 沖本裕一郎様)

発表者のご紹介映像(Youtube・無料で視聴できます)


セミナー参加申込みに関する詳細は
「やる気と感動の祭典」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

f0070004_18503418.jpg
参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
https://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.html


みなさまおはようございます。☆たけです。
先週の日曜日ですが、「第24回やる気と感動の祭典」の発表者説明会がありました。
f0070004_21593036.jpg
この日、「第24回やる気と感動の祭典」発表者の方々が東京に集合。
f0070004_21595883.jpg
商人伝道師から発表に向けてのアドバイス・相談を行ったり、
写真撮影、インタビュー撮影とバタバタした1日となりました。

この日、発表者に行ったインタビューは、なんと6時間!!
その話をした言葉をすべて「文字に起こす」という膨大な作業が終わり、
ようやく今週から、セミナー当日のプロモーションVTRづくりがスタートしました。

このVTRづくりの打ち合わせで使う資料がとんでもないのです。
見て下さい、この量を・・・

f0070004_22074611.jpg
f0070004_22075157.jpg
発表者に関するあらゆる資料をかき集め、映像制作スタッフ全員で膝を付け合わせて、
「ああでもない」「こうでもない」と議論しながら作品を作り上げていきます。

映像の骨組みを作るだけでも1日6時間以上、それが3~4日かかります。
その後、何度も修正項目をやりとりしながら、ようやく編集作業に入っていきます。

このようにして「第24回やる気と感動の祭典」当日のプロモーション映像が出来上がっていきます。

「発表」を縁の下で支えるプロモーション映像。
「発表」を聴いての学びが、より理解できるように制作を行っています。

是非、「第24回やる気と感動の祭典」に参加して、体感してみてください!
ご参加お待ちしております。






by akindonet | 2018-09-18 08:00 | Comments(0)