商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 08月 26日 ( 1 )

心のオアシス


やる気と感動の祭典24エントリー募集いたします!
エントリー締切りまであと6日



■エントリー募集内容
― スーパーマーケット様
「お客様に喜んでいただいた」ことはもちろん…
「こんなチラシ、当たりました!」「こんな企画、当たりました!」
といった成功事例
― メーカー・卸・問屋様
スーパーマーケットとの「お取り組み」での成功事例

締切は9/1
ぜひエントリーをお願いいたします

やる気と感動の祭典 公式ホームページはこちらから




皆様のエントリーお待ちしております

売場大賞公式ホームページはこちら



流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
8/16更新
鮮魚力2018 秋


堀内幹夫先生の人気番組「鮮魚力」の2018秋バージョン
全23回を一挙公開しました!
全国で指導している堀内先生だからこそ分かる
鮮魚部門の改善点を徹底解説いたします。

取り巻く環境が大きく変わりつつある鮮魚部門、
ぜひ「鮮魚力」で学び、秋商戦に生かしてください!

個人会員登録はこちら



今日は朝6時起床。
中標津の「養老牛温泉」に泊まらせていただきましt。
すごくよい旅館でビックリ。
f0070004_09022093.jpg

f0070004_09022422.jpg

f0070004_09022955.jpg

つかの間の“やすらぎ”をいただく。

朝8時~昼14時まで…
東武さんのコンサルティング。
その後、直行便で帰京…

さて、「第24回やる気と感動の祭典」。
エントリー締め切りまで、あと6日

あと6日です。

f0070004_16424479.jpg

みなさんのエントリー、心より期待してます。

「成長」したければ…
「成功」したければ…

是非、エントリーしてみて下さい。

ただ、社内の「報告書」をそのままエントリーにする…
というのだけはやめてくださいね。
それはあまりにも「失礼」だと思います。

秩序あるエントリーを期待しています。


「メーカー」様や…
「問屋」様の…

エントリー期待しています。





そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。

今日は…
「本当の豊かさ」


中国のとある大富豪の男性が、自分の息子を田舎の土地に送りました。

裕福な生活を当たり前と思っている息子に、
一度『貧しさ』というものを体験してもらい、
自分たちの生活がどれだけ幸せなものなのかを知って欲しかったのです。

息子は田舎に送られ、その土地の家族と一緒に生活をしました。


そして3日後、帰って来た息子に貧しい生活がどんなものだったか聞きました。

父「あっちでの生活はどうだった?」

息子「うん、良かったよ!」

父「こっちの生活と向こうの生活、どう違ったかな?」

息子「ああ!違いなんて、もう沢山あったよ!」

それを聞いてお父さんは安心します。
自分の思った通り『お金を持っていることが幸せ』だということに
気づいてくれたと思ったからです。

しかし、息子が言った言葉は意外なものでした。

「僕たちは犬を一匹飼ってるよね。
 でもあの家は四匹も犬を飼っているんだよ!」

「僕達の家には綺麗に浄水された水が張られたプールがあるよね。
 でも、あの家にはとっても大きな池があって、
 その池は凄く透き通ってて、新鮮なんだ。
 しかも、そこには魚もいたんだよ!」

「僕達の家には庭を明るく照らしてくれる照明があるよね。
 でもあの家はお月さまとお星さまが庭をとても綺麗に照らしてくれるんだ!」

「僕達の家の庭は、壁に囲まれているよね。
 でも、あの家には壁なんて無いんだ。
 まるで地平線の彼方まで庭が続いているみたいなんだよ!」

「僕たちは家に帰ったらいつもCDを聴いているよね。
 でも、彼らは鳥のさえずりとか、
 自然の音を聴いて楽しんでいるんだ」

「僕の家の周りには、安全のために壁があるよね。
 でも、あの家はいつでも友人たちを迎え入れられるように
 ドアでさえ鍵をかけていないんだ!」

「この街では、みんな携帯とパソコンが僕達を繋げてくれているよね。
 あそこでは、家族や自然がみんなを繋げているんだよ」

お父さんは驚きのあまり声が出ません。
そして最後に、息子は満面の笑みでこう言いました。

「お父さん。
 僕達が本当はどれだけ貧しいのかってことを教えてくれて、ありがとう!」



いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。

さあ、今週で8月も終わり。
“有終の美”を飾りましょう。



そして、今日の一言…

「予想外の人生になっても、
 そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな。」
(松岡修造)

by akindonet | 2018-08-26 18:00 | Comments(0)