商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 06月 02日 ( 1 )



流通業専門インターネット教育TV「商人ねっと」
サイトリニューアルのお知らせ


2018年6月2日(土)より
学びたい番組まで素早くたどり着けるよう
サイト構造の改善・Webデザインを刷新いたします

◆今回のリニューアルのポイントは下記の通りです◆
①800以上の番組コンテンツがより探しやすくなります
②スマホ・タブレットでご覧になる場合も、より探しやすく・より見やすく最適化しております
③「コミュニケーション機能」や「外国語対応」などの新たな機能を今後積極的に追加していきます

トップページのURL(www.akindonet.com)の変更はございません。
すでに会員登録されているお客様はこれまで通り使用することができます。


◆新規会員募集中◆
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の詳細はコチラ
「法人会員(全番組見放題)プラン」個人会員プラン」がございます

【お問い合わせ先】
商人ねっと株式会社  support@akindonet.com


f0070004_18203497.jpg

売場大賞エントリー募集いたしまします!
締切りは6月10日

売場大賞公式HPはこちらから




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は朝5時起床。
時差ボケもなくなりました。(笑)
Blogを書いて…
小商人伝道師を送り…
軽くジムで汗を流し…
小商人伝道師の「海外ホームステイ」の説明会。
お金かかります。(泣)
その後は、今日はフリーです。

さて、まずは「第19回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の「参加者の声」を紹介します。

渡米する前は、アメリカ視察に何か意味があるのか…という意識がありましたが、現地に来てみると本当に毎日が
発見と刺激に満ち溢れていました(K.M様)

アメリカのスーパーマーケットは各社独自にターゲット、品揃え、他社との違いを明確に打ち出して戦われている。
その戦い方には大手あるいは競合に打ち勝つヒントが数多くありました(S.M様)

「百聞は一見に如かず」
自分の目で見て感じる取ることができ、とても良かったと思いました。(M.H様)

実りある7日かでした。
特に視察店舗内の撮影や従業員の方のインタビューができるのはすごいことです。
他のセミナーではできない経験をさせていただきました。また参加したいです。(T.T様)

今回もほとんど視察店舗でインタビュー、写真撮影ができ、非常に充実したセミナーとなりました。
今回で3回目の参加でしたが、毎回新しい発見、学びがあり、できることなる毎回参加したい!しなければならない!
と感じました。(Y.O様)

アメリカに来て、学びを止めてならないという意味が見えました。感じました。
アメリカで見た戦うため、生き残るための個性をしっかり持ち帰って実践します。(M.T様)


すごい“反響”でしょ。
主催者としては、うれしい限りです。
ぜひ来年は社員さんを派遣してみてください。

そして今日は、「今回のセミナーで気づいたことPart3」について…

実は今回から参加企業・参加する方々に合わせて・・・
視察店舗を絞り込みました。
例えば…
「ウォルマート」や・・・
「クローガー」や・・・
「セーフウェイ」…
などの「ナショナルチェーン」を視察しても参考にならないなーと思って…
「ウォルマート」はサッと視察しましたが、
他のナショナルチェーンは外しました。

これから日本も「ドラッグストアー」をはじめ、「価格軸」の企業との競争が激しくなる
そうなった時に、どのようにして「差別化」していけばいいのか…
を学んでもらいたい為に…
「地域密着のスーパーマーケット」や・・・
「店舗数の少ない“ユニーク”なスーパーマーケット」を中心に…
視察しました。
また、昨年から「ガイドシステム」というものを採用しました。
こんな感じです。

f0070004_16180002.jpg

ガイド役の「稔子ウィルソン」先生が、売場を見ながら解説している声が聞こえる仕組みになっています。
そうすることにより、より視察が有意義になるからです。
また、インタビューも多少遠くにいても、鮮明に聞こえます。
f0070004_16325312.jpg

f0070004_16312906.jpg

店舗を視察するだけではわからないことってありますよね。
英語がわからないですもん。
こういうことがわかりました。

ウォルマートで出会った「グリーター」さん。
名前の通り「挨拶」はもちろんのこと、子どもや体の不自由な方、
お年を召した方にサポートをする役目も兼ねています。
一番最初にお客様の「負」を解消し出迎える重要な役目です。


高所得者にとって「オーガニック」は当たり前。
その中でより健康に配慮したものを扱っているか、
地域に貢献しているか、サスティナブルな取り組みをしているお店なのか
こういう点を見てお店を選んでいる。


アメリカで流行中の「COMBUCHA」
これは「健康促進剤」として売れている。
どのお店に行っても見かけるほどだったので、
アメリカでは聞いている以上に
「健康への意識」が高まっているということがわかった。


転職されたマネージャーさんなどの話を伺っていると
「会社の理念から外れた経営に変わったと感じた」
「カスタマーサービスが行き届かない運営方法になった」
「お客様へもっと価値提供をしたい」
という理由が多く「考え方」や「より良くしていく」
ことを大切にしながら働いていることがわかった。


どのお店を回っても見ることの増えた
「アーモンドミルク」や「ココナッツミルク」、そして「豆乳」
動物性のものでなく植物性のもので
もっとヘルシー(健康)にということで需要が増えている。
そして、アーモンド・ココナッツ・大豆だけでなく
様々なものから「ミルク」をつくる取り組みも増えてきている。


これは添乗した「ザッキー」が気づいたことをまとめたものです。
20代のスーパーマーケットを全く知らない人でも、稔子先生の解説を聞いて、
こんなに学べるのです。

どんどん商人伝道師の「アメリカ視察セミナー」は進化していっています。
そして今回、地域密着のスーパーマーケットが特に力をいれていることがありました。

それが・・・
「地域コミュニティーとの密接な関係性」
でした。
ニューシーズンズマーケットでインタビューを受けていただいた「Cece」さん
f0070004_16390206.jpg
彼女の肩書は「Community Cordinater」
地域の学校やコミュニティーを回ることが仕事。
日本ではあまりこういうことを行っている企業は少ないですが…
導入すべきではないかと…

「生産者直売コーナー」専任の担当者がいますよね…
それと同じではないでしょうか。
地域の学校やコミュニティーで「食育」の教育をしていく
これってすごく大事なことだと思うのです。
今回はあまり見なかったのですが…
シアトルの「PCC」では…
「KIDS PICK」というスポッターがあちこちにあります。

f0070004_16454071.jpg
f0070004_16455284.jpg
f0070004_16460346.jpg
これは「幼稚園児」や「小学生」が幼稚園や学校で
多数の子供たちが「おいしい」と言ってくれた商品にのみつけています。
これってすごいと思いませんか…

また、「PCC」では商品の売上金額の一部を「地域のコミュニティー」に寄付するということもしています。
f0070004_16493772.jpg
日本でもこういう動きが広まればいいなーと思っています。

アメリカは“熾烈な競争”をしています。
“商品の安さ”のみの競争ではありません。
「勝ち目」のない闘いはしません。
その代わり、徹底的に「コミュニティーとの関係性」を深めます。
これも“生き残り戦略”の一つだと思うのです。

しかし、そこにはしっかりとした「商品戦略」が礎にあることも忘れてはいけない。
いわゆる商品の「ローカル&ハイパーローカル」戦略とセットで行っている。
これを忘れるととんでもないことになる。
徹底的に「ローカル商品」や「ローカルメーカー」を深堀する
そして、圧倒的な「ナショナルチェーン」との差をつける。
そこに「コミュニティー戦略」を付け加える
これが、今のアメリカの「地域密着のスーパーマーケット」の“成功戦略”であると確信した。

こういうことを参加者皆で共有化する。
それができるのが、「商人伝道師&稔子ウィルソン先生」のセミナー
そう自負しています。
「陳列がきれい…」
「POPがユニーク」
「デリカがすごい…」
なんていうレベルのセミナーではないんです。

秋はもっと深堀します。
秋は徹底的に「注目企業」の「注目店舗」のみ視察します
「マネジメント」レベルのセミナーなので…
ぜひ、参加してみてください。

「Amazon エフェクト」により、「小売業のルール」さえも変えてしまおうという動きになっています。
「ルール」が全く違うものになってしまう
今までの“経験値”が通用しなくなる時代がそこまで来ている。
そう感じられる…、アメリカのスーパーマーケットの変化。
それを“体感”してみてください。
「マネジメント」レベルのセミナーへのご参加を期待しています。


そして「今日の一言」
一切の人生の果実は、その人が蒔いた通りに現れる
(中村天風)







by akindonet | 2018-06-02 18:00 | Comments(0)