商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 05月 28日 ( 1 )

f0070004_18203497.jpg

売場大賞エントリー募集いたしまします!
締切りは6月10日

売場大賞公式HPはこちらから




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて・・・
ジムで汗を流して・・・
身支度して・・・
ロビー集合

午前9時30分。
シアトルへバスで移動。

まずは、商人伝道師が“全米一”と思ってる…

「ファーマーズマーケット」へ。

f0070004_15382329.jpg
f0070004_15385648.jpg
f0070004_15391723.jpg

その後…

駐車場で農家の方々が“本物のファーマーズマーケット”を開催している…
「ニューシーズンズマーケット」に急遽寄ることに…

f0070004_15393947.jpg
f0070004_15400488.jpg
f0070004_15404940.jpg

そして、約2時間の移動。

「ワシントン州オリンピア」に到着

ここに、またまた“ユニーク”な店を発見。

f0070004_15410605.jpg
f0070004_15433484.jpg
f0070004_15442082.jpg
f0070004_15442666.jpg
f0070004_15443111.jpg
この店は後日、紹介します。


そして、シアトル市内に行く前に…

あの「Main & Vine」があった場所に…

すぐ近くに「フレッドマイヤー」が新しい業態を作りあげた。
「グローサラント」の次に来る業態。

「フードホール」

f0070004_22031259.jpg

f0070004_22031927.jpg

f0070004_22033631.jpg

f0070004_22035404.jpg


という業態。
これも後日、紹介します。




今日も、4店舗で“写真撮影”の許可が出て…
2店舗で“インタビュー”させていただいた。

参加者の熱心さが伝わりますか…

f0070004_15534093.jpg
f0070004_15563890.jpg
f0070004_15543846.jpg
f0070004_15553084.jpg
これが商人伝道師&稔子ウィルソン先生のセミナー。

他社とは全く違います。


そして、バスの中では…

約3時間30分。

“3分間スピーチ”。

f0070004_15584210.jpg
f0070004_15590026.jpg
f0070004_15591861.jpg
f0070004_16002030.jpg
f0070004_16005376.jpg

テーマは何でもよい。

自分をアピールする!!ということを“目的”とする。
これも“商人伝道師流”です。

全く、退屈しません。(笑)

ということで、シアトル到着。

f0070004_16013255.jpg

昨夜もポートランドでも有名なステーキハウスで食事…
今夜も、、、。
全米で有名な、、、。
「BENIHANA」

ステーキをいただく。

f0070004_16024761.jpg
f0070004_16025451.jpg
f0070004_16030546.jpg

派遣していただいた企業様。
みんな元気ですよ。






そして、今日は「第2日目で気づいたこと」について…


今までの「アメリカ視察セミナー」のように、店内撮影した写真をみなさんに紹介することも大事ですが…
(写真撮影の許可を得ているので…)

これから我々は何をしていかねばならいのか…
何が問題点なのか…

を、視察を通じて感じたことを書きます。


今日は…




まずは、「トレーダージョー」のインタビューで感じたこと。

f0070004_16120056.jpg

アメリカ視察された際、インタビューすると気づくことありませんか。
それは…

「働いている人の数」

今日のトレダージョーのストアーマネージャーに聞くと…
「150名」とか言うんですよ。

「そんなにいないよね…」と。

そこで質問があった。

「ストアーマネージャーは週に何時間くらい働くのですか?」

答えは…

「週に、40時間」って、平気で答えるんです。

「カスタマーサービス」の女性は…

「2週間で35時間」
とか答えるんですよ。

「だから、150名とか必要なんだと…」



もう1つ気づくことがあります。

それは、「時給の高さ」

全米で一番時給が高いのが「コストコ」。

なんと、「18ドル/時」。
日本円にすると、「1800円/時」です。
※1ドル100円の場合


よくよく聞くと…

「ストアーマネージャー」などのマネジメント数名以外は…
全員「時給」なんです。

「サラリー」はごく一部の人しかもらえない。
だから、アメリカは「生産性が高い」し、「時給も高い」のかな…

これを日本人は間違えて解釈して…

「パート比率80%」
とした。

これが根本の間違いだった。

「時給社員比率80%」
にしなければいけなかった。

日本はほとんど「サラリー(月給)」だから…
「サービス残業」などが多い。

こういうシステムや仕組みを変えないと…
「働き方改革」はできないと…
すごく感じた。



これも、インタビューができるからわかること。
さらに、“質問の質”が高いから分かることですね。

ほとんどのアメリカ視察される方々は気づいていない。



そして、もう一つあまり気づかないことがある。
それは…

アメリカのスーパーマーケットの「客単価」の高さ。
いつも、商人伝道師はこんな質問を受ける。

「こんなにお客様がいなくて成り立つんですか?」
「これって、一体いくらぐらい売ってるんですかね…」

というぐらい。。。
日本の感覚でいうと…

「客数が少ない」

でも、日本のスーパーマーケットよりも、売上が高い。
その要因が、「客単価」



昨日視察した「トレーダージョー」で、「約40ドル」
「ニューシーズンズマーケット」でも「約45ドル」

簡単に1ドル「100円」換算すると…

トレーダージョーだと…

4000円×2000人=800万円/日

「クリスマス商戦」とか一気に客単価が上がるので…

「800万円×400日」と考えよう。
すると…

「32億円」。



日本とアメリカンのスーパーマーケットの差は…
「客単価」の差なんだな~と。

今、日本のスーパーマーケットは「客単価」がアップして、客数が伸び悩んでいる。
でも、これって、もっと「客単価」を挙げなければいけないのではないか…
と感じた。

これも、店を視察するだけでは分からない。



最後は、「ローカル&コミュニティー」は差別化になるということ。
まずは、この地図を見てください。

f0070004_16445559.jpg

これは、「ニューシーズンズマーケット」の出店地を地図に示したもの。
「ドミナント」展開しているんです。

なぜなのか…

そえが、今回わかったんです。

それは「ローカル&コミュニティー」戦略を徹底しているからです。
アメリカで、「100店舗以下」の企業は“スケールメリット”は出ない。

よって、大手の傘下に収まるか…

それとも、“商品以外”のところで、差別化するしかない。




この「ニューシーズンズマーケット」はそれを徹底している。
「ニューシーズンズ」は徹底的に地域のコミュニティーに「donation(寄付)」する

地域の農家にお金まで貸して、経営を健全化する取り組みをしている。
そうすることにより、「地域の絆」を深めていく。

要するに、「ニューシーズンズマーケット」を中心に“コミュニティー”を作り上げる。

よって、競合他社の侵入を地域住民が阻止する。
自分たちの利益にならないから…

これも一つの戦略だと感じた。


インタビューを受けたこの女性…

f0070004_16125338.jpg
彼女は店にはいない。

学校や役場やコミュニティーを回ることが仕事。
そこで、いろんな「寄付」などのお手伝いできないかを考えて行動している。

これを“日本流”にアレンジしたら、ものすごい“戦略”になるのではないかと…
すごく感じた。

商人伝道師はこのような「ニューシーズンズマーケット」のサスティナブル戦略をすごく支持しているので…
毎回、訪問するたびに、「ニューシーズンズマーケットを通して地域のコミュニティーに「donatuion(寄付)」しています。

f0070004_16132449.jpg

アメリカってすごくおもしろい。
「商売のヒント」がいっぱいある。

「店を視察する」

これも勉強になる。

「インタビューする」

もっと勉強になる。

「写真を撮る」

これも勉強になる。




そこで、まずは、「トレーダージョー」のPOPやパネルの数々。

f0070004_16145404.jpg
f0070004_16150339.jpg
f0070004_16150806.jpg
f0070004_16151551.jpg
f0070004_16152134.jpg
f0070004_16152727.jpg
f0070004_16160979.jpg

これは、すべて、バックヤードで書いている。
f0070004_16184752.jpg

居抜き店舗を“手作りパネル”のみで演出する。
すごい「ローコスト」だが、「人間の心に訴えることができる」



「ホールフーズ・マーケット by365」は、トレーダージョーとは180度違う。

「デジタルサイエンス」

f0070004_16202935.jpg

「ミレニアルズ」世代には圧倒的に支持される。




さらに、「ニューシーズンズマーケット」の“サスティナブル”パネル

f0070004_16224039.jpg
f0070004_16224438.jpg


そして、「ズーパンズ」のパネルと陳列。

f0070004_16234738.jpg
f0070004_16235919.jpg
f0070004_16242382.jpg
f0070004_16250861.jpg
f0070004_16254255.jpg
f0070004_16260544.jpg
こういう写真撮影ができるのも、企業との“友好関係”がなせること。



真面目に、「アメリカ視察セミナー」に取り組んでいることの証だと自負しています。
「隠し撮り」は一切しません。

だから、多くの学びが得られるのです。

では、明日に続く…




そして、「今日の一言」…

もし下を向いたままならば、虹を決して見つけることはできないだろう

(チャーリー・チャップリン)













by akindonet | 2018-05-28 18:00 | Comments(0)