商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 05月 13日 ( 1 )

心のオアシス

f0070004_17430160.jpg

東京会場 第5期・名古屋会場 第3期・仙台会場 第2期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
今回から「ライブ配信」開始!

今まで忙しくて会場に来られなかった方も…店舗にいたまま参加できます

1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/



「鮮魚セミナー第2期」「惣菜の主食セミナー」会員企業募集中!
f0070004_20123809.jpg
相場高の鮮魚部門で「安売り」することなく売上・利益UPのための
「商品・売場・作業効率・販促・相乗積」を学ぶ実践型セミナー

鮮魚のイノベーションセミナー 第2期

東京・大阪にて4月より開講!(全6回)
詳細はこちら

f0070004_20252372.jpg
商品開発の基礎~応用・有名企業の店舗視察・実践報告あり!
弁当・丼・寿司 惣菜の主食強化セミナー

●東京・大阪にて全8回開催●

詳細はこちら




f0070004_18203497.jpg

売場大賞エントリー募集いたしまします!
締切りは6月10日

売場大賞公式HPはこちらから






今日は朝5時起床。
部屋の掃除をして…
身支度して…

今日は東北・山形へ…
日曜日なのに、全国を飛び回っています。(笑)

あっ!今日は、「母の日」ですね。
我が家では、小商人伝道師が大好きなママに、、、、。
メッセージカードに、「メッセージ」書きました。
コソッと隠し撮り。笑
f0070004_12080699.jpg
商人伝道師は、1回も貰ったことないですけどね、、、、。泣



そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。

今日は「届くかもわからない手紙」


30年前のある日、さんまさんがお財布を開いてお金を勘定していると、
千円札にメッセージが書かれていることに気づきました。


「さんまさん!いつかあなたの手にとどくことをねがってます。大好きです」




お札にメッセージを書いたのは、当時15歳だったとある女子中学生。
「千円札なら巡り巡ってさんまさんのところにたどり着くのでは」と考えて行ったことなのだそうです
(※お札に文字を書くことは禁止されています)。

このメッセージが書かれたのは東京。
それがいろいろなところを旅した後、
なんと大阪にいたさんまさんのところに本当にたどり着いたのです!

その千円札を見て感動したさんまさんは、
その千円札を使うことなく大事に持ち続けたそうです。
この「千円札レター」を書いてくれた人と会ってみたいと思いつつも、
その願いは叶わず、30年という時が過ぎました。


さんまさんの長年の想いが、ついに成就する日がきました!

なんと「史上最大のさんま早押しトーク」にて、
その千円札レターを書いた本人と感動の対面を果たしたのです!

その女性は看護師の「加藤英美」さん。
加藤さんがテレビを観ていたある日のこと、
さんまさんがこの千円札レターのことを話していて、
その時「その手紙を出したのは私だ!!」と思ったそうです。

その後受けた筆跡鑑定にて、加藤さんがこの千円札レターを書いた本人だと証明されました。

そしてスタジオでついに初対面となり、
さんまさんは30年間探し続けた当時15歳の中学生を見つけることができたのです。
加藤さんは憧れのさんまさんに「ぎゅっとしてくれますか?」とお願いをし、
さんまさんは照れながら「お言葉に甘えまして」と言い、彼女をぎゅっと抱きしめました。



こんな奇跡が本当に起こるんですね!
まるで中学生に戻ったかのような加藤さんの姿と、
それを抱きしめるさんまさんの姿に、目頭が熱くなりました。


いかがでしたでしょうか…
今日の「心のオアシス」。

先日も、このBlogで紹介しましたが…

新しく「Facebook」で「コミュニティー」をスタートしました。
Facebookにログインした状態で、リンクをクリックすると、
「グループに参加」ボタンがありますので、クリックして是非、参加してください。

スーパーマーケットで働く方々はもちろん、メーカー・卸・問屋のみなさまのための
部門別の情報共有コミュニティです。

こんなコミュニティです。


f0070004_13424848.jpg

是非、みなさん参加してみて下さい。
みんなで情報の共有化していきましょう。


そして、「今日の一言」…

俺は幸せな人を感動させたいんやなくて、泣いてる人を笑わせて 幸せにしたいんや。
これが俺の笑いの哲学や
(明石家さんま)

by akindonet | 2018-05-13 18:00 | Comments(0)