商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 02月 18日 ( 1 )

心のオアシス



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




大好評の「鮮魚セミナー」「惣菜セミナー」、第二期募集!
f0070004_17331766.png

鮮魚のイノベーションセミナー 第2期
東京・大阪にて4月より開講!
新しい商品化・トレンド・切り口が学べる全6回のシリーズ
詳細はこちら

f0070004_17331893.jpg

弁当・丼・寿司 惣菜の主食強化セミナー
東京・大阪 全8回シリーズ
詳細はこちら



今日は朝6時起床。
ここ3~4日、まともに寝てなかったので…
久しぶりにゆっくり寝ることができました。
今日は東京でコンサルティングの仕事。
年中無休の商人伝道師です(泣)


さて、昨日のこのBlogのアクセス数は凄かったですね。
見て下さいこの順位。

f0070004_10453832.jpg

なんと「34位」
しかも、土曜日。
土曜日と日曜日はアクセス数が少ない。
それなのに「34位」
関心の高さにビックリです。

4月10日~11日の「第23回 やる気と感動の祭典」
責任を感じます。


そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。
今日は
「言葉の力」


まもなく春をむかえようとする
ある晴れた日、
NYの公園で浮浪者と出会った。


その浮浪は首に「I am Blind」
と書いたものをかけて物乞いをしていた。


そうか、
彼は目が見えないのか…。
しかし、通行人は誰一人として彼にお金をかげるものはいない。
素通りだ。


芝生に座っていた男は立ち上がり、
その浮浪者に近づいた。


男は少しばかりのお金を浮浪者に恵み、
その間に気づかれないように浮浪者が首から掛けていた

「I am Blind」

という文字を別の言葉に書き換えて別れた。

それから1時間が過ぎる頃、
その浮浪者は異変に気付いた。

「おかしい…」

あの男に出会ってから、
今度はすれ違う人、すれ違う人が
みんな恵んでくれるようになった。

物乞いのお椀にはコインが溢れ、
彼に同情の声までかけてくれるようになった。


「あの男の運なのか?
あの男は魔法使いなのか?」

実は、男は「I am Blind」という言葉をこう書き換えていたのだ。

「Spring’s coming soon.
But I can’t see it.」

春はそこまで来ているけど、
私はそれをみることができない


表現の仕方をちょっと変えただけで
人生がまるっきり違ったものになる。

ほんの少し考え方を変えるだけでいい。

ほんのちょっと自分の周りを見る視点を変えるだけでいいのです。


いかがだったでしょうか。
今日の心のオアシス。

うまくいかないとき、
悩んだとき、
ちょっと視点を変えただけでうまくいくことがありますよね。

言葉って本当に大切ですよね。


さぁ、今日から「第23回 やる気と感動の祭典」に向けて準備が本格化します。

まずは昨日の発表のシーン。
バックを御覧になりましたか…。
こんな「バック」でした。

f0070004_10465022.jpg

見て下さい。
サッカーなどのインタビュー室のような感じ(笑)

f0070004_10470250.jpg

カメラのシャッター音とフラッシュを炊いたら…
と冗談のように言ってました(笑)
商人ねっとのアソシエイトは何においても“ド真剣”。
そして…

早速、映像チームは「TVの放送作家」入場時の「ビデオ」の打ち合わせ。
入場時のナレーションの原稿は、ほんまもんの放送作家にお願いしてます。
すごいでしょ。

f0070004_17183331.jpg

もう、始動しています。
今回も注目企業が数多く選出されました。
今の時代…
学んでもらいたいことを“てんこもり”でお届けする…

「第23回 やる気と感動の祭典」

ぜひ、たくさんの社員様と一緒に参加して下さい。
お申込み、心よりお待ちしております。


そして、「今日の一言」…。
ある人は情熱を30分持続できるし、またある人は30日持続できる。
しかし、人生を成功させられるのは、情熱を30年持続できる人だ。

エドワード・B・バトラー


by akindonet | 2018-02-18 18:00 | Comments(0)