商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2018年 02月 07日 ( 2 )

f0070004_17461025.jpg
やる気と感動の祭典23 発表者エントリー募集

実践こそ真実!!
これが「やる気と感動の祭典」。
エントリーしないということは、「競合企業が参加できない」という特権を“放棄した!”とみなされる。
全社!全部門!のエントリーを期待する。
エントリー締切日、2月10日!!
残り3日


by 商人伝道師


「やる気と感動の祭典」にいつも参加されている
メーカー・問屋様へ
商人伝道師からメッセージです。
必ずご覧ください。

http://akindonet.exblog.jp/29415570/


「エントリーのご案内」ダウンロードはコチラから
第23回やる気と感動の祭典ポスターのダウンロードはコチラから
詳細はやる気と感動の祭典 公式ウェブサイトまで

f0070004_16155061.png
 【第23回やる気と感動の祭典 発表者決定の発表日が変更となりました】

  2月15日(木) → 2月17日(土)
    
  発表企業様宛には当日(17日)、午後1時にFAXをお送り致します。
       セミナー参加受付開始は17日から

f0070004_11305996.jpg
募集締切:2月20日
みなさまのエントリーお待ちしております。
エントリーに関する詳細は売場大賞Webサイトをご確認ください。
https://www.akindonet.com/grandprize/#apply


今日は朝4時起床。
流通業専門インターネットTV商人ねっとの「商売繁盛虎の巻」の原稿書き。
その後、身支度して…
新横浜駅へ…
今日は「スーパーマーケット実践会in名古屋」
f0070004_11591067.jpg
f0070004_16443147.jpg



朝9時30分から夕方18時まで…

さて、とうとうあと3日となりました。
「第23回やる気と感動の祭典」
エントリー〆切り日まで、あと3日
まだ、まったくエントリーが集まっていない。
商人ねっとのアソシエイトはよゆうしゃくしゃく。
しかし、商人伝道師はピリピリ!!
なぜなら、このエントリーがないと、「やる気と感動の祭典」は開催できないから…
みなさん、今回チャンスかもよ…
エントリーが少ないので…今のところ…
あの舞台を狙ってみませんか…

f0070004_12022049.jpg

f0070004_12022051.jpg

f0070004_12022161.jpg

f0070004_12022111.jpg


チャンスは放っておいて来るものではない。
チャンスは自らつかみとるものなのです。


みなさんのエントリー、心より期待しています。
f0070004_1426349.png


エントリーした企業様は…
お礼として…
「競合企業が参加できない!!」という特権を得ることができます。
ぜひ、この“特権”もつかみとって下さい。





そして、今日は「買い物局面でのレイアウト」について…

まずは、この画面を見てください。
これはアマゾンの画面です。
f0070004_12040215.jpg


よくみかける画面ですよね。
この一枚の画面にすごいノウハウが入っているんだとか…

例えば、この「〇〇」という商品を買った人は同時にこういう商品を買っていますよ。
という案内が下の方に出る。

「よく一緒に購入されている商品」
または
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」
と出る。
これを「同時併売」システムというそうだ。

さらに、下の方を見ると…
「この商品を見た後に買っているのは?」と出る。
これを「期間併売」システムというんだそうだ。
このように、一枚の画面で買上げ点数を上げていく工夫がなされている。


こういう買い方をされている人たちが増えてくると…
今の「商品局面」で品揃えしているスーパーマーケットやドラッグストアーはすごく買いづらいレイアウトになってくるはず。
そこで、商人伝道師は近ごろ言いはじめている。
「買い物局面」でのレイアウトに変更すべきた!!」と…

今までは…
「粉類」という商品局面で品揃えしているので…
「フラワー粉」と「お好み焼き」は一緒の売場。
また、「ジャム」などは嗜好品という位置づけなので…
食パンとはかけはなれた場所においてある。
これは全て「商品局面」でのレイアウトだからである。
今まではそれでよかった。
なぜなら…
そんなレイアウトだったから…

しかし、「アマゾン」のようなe-コマースでの購入が増えてくると、そういう店での購入が面倒くさくなる。
「もう、ネットで買ったほうが楽だわー」と。
必ずそういう心理になる。

そうなってくると、一気に「e-コマース」の売上げシェアーが高まってくると思っている。
しかし、それに気づいている企業が少ない。

いや、気づいていても実行できない“現実”がある。
いわゆる「大人の事情」。(笑)
これ以上かかなくてもわかるでしょう。

しかし、この「大人の事情」をとっぱらった企業がものすごくお客様から支持されることは間違いない。
この「買い物局面」での品揃えを行うと最初はお客様のクレームの嵐でしょ。
「買いづらい」
「もとのレイアウトがよかった」など…
しかし、このレイアウトに慣れてくると…
他の店では買い物できなくなる
「めんどうだよね」と…

これがひいてはドラッグストアー対策にもなる。
「買い物局面でのレイアウト変更」
今の商人伝道師の課題。
これを勇気をもってやらせてみたい。
これが「e-コマース」対策だと信じているかである。



もう一つの「e-コマース」対策。
それは「ロングテール戦略」だと思っている。
名前の通り「長いしっぽ」

f0070004_12040279.jpg



実は「アマゾン」はこの「ロングテール戦略」で…
実店舗の来店に対抗し圧倒的勝利を収めた。
チャレンジャーとして。

しかし、今は「リーダー」のポジション
すると、いろんな業種の品揃えをしなければいけない。
そうなると「ロングテール戦略」から「売れ筋特化型戦略」に変更していかねばならない。
ここに「活路」があると商人伝道師は見ている。

「ローカル」
「ハイパーローカル」
「少量生産商品」

などの商品を強化し、アマゾンでは取り揃えない「ロングテール」商品をいかに沢山品揃えするかだと思っている。


しかし、この業界の方々はまったく興味がない。
なぜなら「あれはアマゾンだ!!」と思っているから…
アマゾンではない。“店をもたない小売業”なんです。

それも、「1日250万回」も売価を変えて…
お客様の「値ごろ」をみつけようとしている…。
バケモノのような会社なのです。
ここで大きな「品揃えイノベーション」をおこさないと…
飲み込まれてしまうのではないかという危機感がある。
だから、まずは「買い物局面」での品揃え強化を訴え、実現してほしいと願っている。

そして、「ハイパーローカル」や「ローカル」、「少量生産商品」の開拓です。
「ロングテール戦略」こそが「生き残れる“品揃え戦略”」ではないかと考えているから…
みなさんはどう思われますか…


そして、「今日の一言」…。
「成功できる人っていうのは、『思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ』という前提を持って挑戦している。」
(トーマス・エジソン)




by akindonet | 2018-02-07 18:00 | Comments(0)

おはようございます!

すだちです。


私は実は普段あまりTVを観ないのですが、

観れたらつい観てしまう番組があります。

それは「セブンルール」

セブンルール



「情熱大陸」ほど熱くないけど、

程よいゆるさの中に、何かピリッとした

「姿勢」を感じられて、毎回引き込まれてしまいます。登場される方々からは毎回何かしら伝わってくる。そんなところが好きです。

昨晩もちょうど放映日で、刺激をいただきました。


私たちは今、やる感をはじめ、4月から始まる新しいセミナーなどのご案内をたくさん発信しています。

どれだけ伝えられているのか。

私と彼らと何が違うのか。

日々考えて考えて仕事をしていきたいと思っています。


弊社からの案内は届いていますでしょうか。

どうか捨てずにお目を通していただけたら嬉しいです‼︎



by akindonet | 2018-02-07 09:55 | Comments(0)