商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2016年 08月 28日 ( 1 )

心のオアシス


やる気と感動の祭典は全国の皆さまの「エントリー」から発表者を選出しています。
やる気と感動の祭典20 発表者エントリー募集中!
エントリー締切まであと7日


エントリー締切:9月3日(土)24時

「エントリーを行うぞ!」という意識を持って取り組むだけでも
モチベーションUP、結果へと繋がります。

特に第19回に参加された企業様は「必ず」エントリーお願いします!
前回学んだこと、それをエントリーという形で実践・報告ください。
実践し、エントリーするまでがやる感です。

全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


発表者エントリーに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ



f0070004_18345290.jpg

10月14日大阪にて開催決定!
テーマはズバリ!
X'mas・年末に向けた
「カットフルーツのオペレーション化」


対象:管理職・青果部門のトレーナー、バイヤー、チーフ
   惣菜部門のトレーナー、バイヤー、チーフ

セミナー詳細・お申し込みはこちら




今日は朝5時30分起床。
温泉に入り…
Blogを書いて…
身支度して、朝7時30分から朝礼に参加。



今日、お伺いしている「東武」さん。
毎月、お誕生日会を朝礼で行っている。

f0070004_12051525.jpg

f0070004_12051693.jpg

写真

その月に誕生日を迎える方に‟粗品”をプレゼントされる。
ちょっとした気遣いが‟愛社精神”につながる。

一応、商人ねっともアソシエイトの誕生日は
プレゼントが渡され、ケーキが用意される。(笑)
社長以外は…(笑)



ということで、今日も北海道。
仕事しています。



そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。


今日は「大阪で一番の豆腐屋にしてください」です。



大阪堺市に小さな豆腐屋さんがあります。

名前は「安心堂白雪姫」。

「あそこの豆腐は本物だ。おいしい」と口コミで広がり、
大阪の有名な料亭も毎朝、堺まで仕入れに来ます。

宅急便を利用して、お中元やお歳暮に利用する人も激増しています。

工場で大量生産の安い豆腐がスーパーやコンビニに数多く、
町の零細な豆腐屋はどんどん廃業に追い込まれています。

しかし、安心堂白雪姫は生き延びるどころか、
逆に売り上げを伸ばしているのです。

なぜそんな小さな豆腐屋さんが繁盛しているのか…

 
安心堂の店主・橋本太七さんはある日、
「私の願い」という詩に出会い、
自分の生き方、仕事とは何かを考えました。

これがその詩です。

【私の願い】

一隅を照らす者で 
私はありたい 
私の受け持つ一隅が 
どんなに小さいみじめな 
はかないものであっても 
わるびれずひるまず 
いつもほのかに 
照らして行きたい

この詩は、住友グループの中興の祖とされる田中良夫さん(故人)
によるものです。

橋本さんはこの詩に心を打たれ、
その詩を書き出しました。

毎朝4時に起床して豆腐作りを始めるとき、
この詩を朗読して心身を清めています。

私の豆腐作りも、いわば「一隅を照らす」ような仕事だ。
商品単価は安く、翌日には味噌汁の具となって食べられてしまう豆腐だけれど、
田中さんが詠んだように「悪びれず、ひるまず」一生懸命作ろう。

 
ある時、松下電器産業の本部長から豆腐100丁の注文が舞い込みました。

これには橋本さん、驚きました。 

「えっっ、松下さんは今度はお豆腐の事業でも始められるのですか」
との問いに、本部長が答えて言いました


いやいや豆腐事業ではありません。
 私ども会社の幹部宅でお宅のお豆腐を食べながら、
 商売の原点について話し合ってみたいんです。」 

事業の規模から言えば、松下電器は安心堂の何千倍という大きさです。

にもかかわらず、安心堂に商売の原点を学ぼうというのです。

橋本さんが一隅を照らそうと心を込めてきた商売が、
ついに大松下に「商売の原点を学ぼう」とまで言わしめたのでした。

 
橋本さんは金沢市に本社を置く押し寿司専門店「芝寿司」で
15年間工場長をつとめ、商売の基本を、この会社の梶谷社長から学びました。

『お客様のお役に立てば、自分も生かされる、それが商売の基本だ』と。

橋本さんが独立する時、梶谷社長は言いました。

「安心堂を大阪で一番の豆腐屋にしてください。
 一番というのは、“一番おいしい豆腐を作る店”ということです。
 決して一番儲ける店ということではありません。
 原価率だの粗利益率だなどという賢い豆腐屋になるな。
 ただおいしい豆腐を作ることに専念する、
 バカなような商人であってほしい。
 あれもこれも売ると思うな。『当店はうまい豆腐の専門店です』
 と胸を張って言える店になれ。挑戦と創意で進め!」

 
豆腐の命は水と大豆とにがりです。

いまの豆腐の多くは硫酸カルシウムや添加物を使っていますが、
そのような科学薬品は肝臓に蓄積され体に良くありません。
橋本さんは化学薬品は一切使用しない豆腐を作っています。

 
『一隅を照らす』という言葉は、実は、
比叡山延暦寺を開いた最澄というお坊さんの言葉です。

一つの隅を照らすような歩みを、まず自分がコツコツ続けたときに、
共鳴する人が現れ、私も頑張りたい、
私も真心を傾けて歩みたいと集まってくる。
こうして共鳴する人が次第に増えて、
二人、三人、五人になり一つの灯火が万の灯火になっていく。
そのような教えです。

 
橋本さんは今朝も4時に起きて
「一隅を照らすもので私はありたい・・・・・」と朗読し、
良い豆腐が出来ますようにと祈っています。





いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。



さて、「第20回やる気と感動の祭典」エントリー締め切りまで
あと7日。

今回、期待しているのが…
先日も書きました…

「女子力」のエントリー
「レジチェッカー」のエントリー

そして…

「ヤングパワー」のエントリー


さらに…

メーカー・問屋様の「お取組み企業」のエントリー。



前回も、お取組み企業の発表がありました。

マルヤナギさん
アルファーさん
伊藤軒さん
国分さん
松孝さん
リスパックさん
徳島魚類さん
コスモ食品さん


などなど…



お取組みのエントリーを大いに期待しています。

「エントリーすることって、そんなに大事なの…」
と思われていると思う。


ずばり、言います。

「とても大事です!!」

なぜなら、今までやってきたことの‟成果の棚卸し”
ができてるからです。

エントリーすることがない限り…

‟成果の棚卸し”などしません。



そして、その‟成果の棚卸し”が発表へとつながる。

発表する!!ということは…

モチベーションが一気に上がる。
企業の基準が一気に上がる。


ということにつながる。


ということで、みなさんのエントリー、心よりお待ちしております。

エントリー締め切りまで、あと7日。



そして、「今日の一言」…。
「20歳「経験を賢く生かすならば、何事も無駄ではない。」
(オーギュスト・ロダン)




今後の売場大賞開催スケジュールのお知らせ

次回は「お盆」!

「21世紀は情報を発信した者が全ての情報を独り占めする」時代。
エントリーいただいた企業様には全エントリーが入った「特別ディスク」プレゼント!
さらに、受賞企業には「やる気と感動の祭典」参加無料チケットプレゼント!

応募締切:9月10日(土)

詳細はこちら

by akindonet | 2016-08-28 18:00 | Comments(0)