人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2015年 12月 09日 ( 1 )


新春特別セミナー
f0070004_1449370.jpg

2016年1月26日~27日
2年に1度の「新春特別セミナー」開催決定


めったに聞くことができない
売れっ子講師の方々に打診中!
内容の濃いセミナーになること間違いなしです。

来週、最強の講師陣の発表!!


「経営者並びに経営幹部」
「店長やバイヤー、販促担当」
「人事担当」の方にお奨めの内容となります。
日程を空けてお待ち下さい。





今日は、朝5時起床。
身支度して、新横浜駅へ…。
今日は福島。
もちろん日帰りです。

さて、「師走」です。
近ごろ、すごく思うことがあるんです。
飛行機がすごく混んでいるということ。
ビジネスマンも…
観光やバカンスの方も…。
すごく動いている感があります。

これは、新幹線にもいえる。
すごく混んでいます。
景気はいいんでしょうか…。
あまり、商人伝道師的には実感はないのですが…。

特に11月の業績はかんばしくないですね。
雨が多かったこと。
昨年より暖かく鍋商材が売れなかったこと。
中旬ぐらいから、野菜の相場がベタベタになってしまったこと。
精肉の“値上げバブル”が終了したこと。

などがあげられますが…。
10月までとは、ちょっと雰囲気が違いますよね。
油断すると、12月も11月同様、あまりかんばしくない数字に
なるかもしれませんね…。
要注意ですよ。みなさん…。
「基本」を大切にして、「大胆に」攻めていかないと痛い目にあうかもしれません。
気をつけていきましょう。



そして、今日は「集客しようと考えるな!」について…。
昨日もお話ししたのですが…。
「客数を伸ばしたいので集客に力を入れるなんて考えるな!」と…。
エッ?!と思われますよね。

どうしても「集客」しようとすると…
かなり無理な販促をしなければならない。
「価格軸」の販促にシフトしていなねばならない。
「安く売らなければ…」の意識が高まり…。
かけ離れた商品ばかりが「チラシ」に掲載されることになる。
そうなると、より一層、集客できなくなる。
いわゆる…
「負のスパイラル」
に入ってしまう。


ですから、商人伝道師はこう言う…。

「お客様が喜んでくれるであろうこと」
「お客様が美味しいと感激する商品をおすすめすること」
「お客様が楽しいと感じてくれること」


を徹底的に行うことに固執するんだよ!!って…。
そうすれば、お客様はどんどん増えてくるよ…。って。

「マヨネーズを原価を切って安く売る」
ことと…
「うちのバイヤーがとうとう見つけました!
究極のリンゴ!!蜜入りじゃないんです!リンゴ全体が蜜!!
そんなリンゴを今日はお試し価格で1個200円を1個150円で提供!!」

のどちらをお客様は選ばれるでしょうか…。
お客様は「値ごろ」感があって「もっと美味しい」商品を求めているんですよ。

「なんで“寒魚ミュージアム”を1月に開催しないの?」
「調達力を駆使して、圧倒的な“寒魚”の品揃えをしてごらんよ!」
「例えば、寒サバ一つにしても“関サバ”・“清水サバ”“玄海サバ”など
全国の“有名寒サバを品揃えしてごらんよ!」
「原価が高ければ、少量で値ごろを出せばいいじゃん!」


「お客様に本当においしい寒サバを食べていただきたい」
その気持がたいじなんじゃないかなと思うんです。
「この前食べたサバ美味しかったよ!」という声を沢山いただけるようになれば、
お客様は“口コミ”で自然と増えてくる。
無理するな!ですよ。

店長にも…

「あなたの店は楽しいかい!!店長…」
「この店、来るのが楽しみなのよー!と言ってくれるお客様が
何人いるかい?!」
「良く頑張っているねーと何人のお客様に言われている?!」


「楽しい店」をつくろうよ!
「喜んでくれる店」をつくろうよ!
それだけにフォーカスするの。
そうすれば、必然とお客様が集まるから…。

前にも申したことありますよね。
「集客」とは…
「お客様を集める」というのと…
「お客様が集まる」という…
二つがあると。

店長たちは、二つ目の「お客様が集まる」ように、いろんな仕掛けを
行ってみてはどうですか…。

「安さ」ではないよ。
「集客」は…。
「あわてるな!」・「あせるな!」
「自分たちの進むべき道を徹底的に究める」

でも間違わないでもらいたい。
「自分たちは商品軸でいくから、集客できなくてもこのままでよい」
という、慢心は絶対にダメ。


商品力が進化していないから…
「もっともっと美味しいモノを…」という“貪欲さ”が足りないから…
お客様は飽きる。

「やっと見つけました!」
「ついに見つけました!」
「とうとう見つけました!」


こういうフレーズの商品が店内にありますか…??
ないから、お客様は「またか…」となる。
「商品軸」の探求心が足らない。
お客様はどんどん情報が入ってきて…。

賢くなってきているんだから。
「商品の良し!悪し!」は見極めできるようになっています。
ですから、本気で商品力を上げていけば必ずお客様は支持してくれます。

ですから…
「集客しよう!」と考えずに…
「もっと美味しい商品を…」
「もっと楽しい売場を…」
「もっと優しいサービス(接客)を…」
この「もっと」が集客につながるのですよ
おわかりですか…


そして、「今日の一言」…。
「自らも楽しみ人々にも喜びを与える。
大切な人生をこうした心構えで送りたい。」
(松下幸之助)

by akindonet | 2015-12-09 18:00 | Comments(0)