商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2013年 10月 25日 ( 1 )

儲けについて…


新着動画情報
究極の裏舞台シリーズ第4弾
最高昨対比735%!!
最も売上を上げにくいグロッサリー部門で
売上・利益3ケタUPを連発する方法


f0070004_17451926.jpg


長野県に展開する株式会社ニシザワの近くに次々と強豪が出店、事態は最悪の窮地に。
生き残りを賭け女子力投入を決断した結果、部門売上・利益が3ケタUPした大変革の秘密を一挙大公開!!



動画視聴はこちらから



f0070004_2051582.png

Xmas~年末(正月)商戦の成否のカギは
“鮮魚部門”が握っている!

エビ・養殖魚・マグロ・サーモンなどの相場高が続く!
どうなるー?鮮魚部門!!


“商品を仕入れる”前に、“情報を仕入れよ!!”

このままでは最悪の結果をもたらす!!
鮮魚バイヤー・担当者よ!!
絶対に参加せよ!!


セミナー参加・詳細はこちらから!



今日は朝5時起床。

Blogを書いて…
今日のセミナーの復習をして…
新宿へ…。


急遽、開催が決まった
「クリスマス~年末・正月商戦対策
 商人伝道師 5部門6時間集中セミナー」


急遽、開催することを決定したにもかかわらず、
参加者は…、37名、18社。


もっと少ないかと思いましたが…、
「感謝」の気持ちを込めて、ガンガン行きます!

会場は…
「TKPスター貸会議室 西新宿」

朝10時スタート。

f0070004_12321341.jpg


全て、「潜在的ニーズ」について…
「クリスマスはいちごを売りましょう」
「クリスマスはサラダを売りましょう」
「クリスマスは骨付きももを売りましょう」
なんて、話は一切なし!

むしろ…。
「クリスマスはイチゴを売り込むな!
 その代わり今年は…」
「クリスマスは海鮮サラダのような生産性の低い商品は作るな!
 その代わり今年は…」
「クリスマスに骨付きもも?古い!今は…」

という感じで、ガンガン“潜在的ニーズ”をお話致します。

今年は「10万人主婦の声」で検証しているから、
自信があります。

初めて聞かれる方はビックリされるでしょう。
いろんな「切り口」で話します。

ありすぎて書きませんが…。
「潜在的ニーズ」と「売れて儲かる」ことの話ばかり。


今年は、思いっきり「儲けて」ほしいのです。
ですから、この「儲け」の話を徹底的にしました。


たぶん、終了時間が30分程度オーバーするかもしれません。
台風が近づいているので、心配していますが…。


台風よりも「モンスター級」の話をしますので、
参加してよかった…、というセミナーにしたいと考えています。


11月1日も「鮮魚部門 戦略・商品化提案セミナー」を
開催いたします。


急遽、堀内先生に「実技」の時間を削ってもらって…、
「クリスマス~年末・正月商戦の相場高対策」について、
約2時間~3時間お話をしてもらうことにしました。


ですから“悩んで”おられる鮮魚バイヤー・チーフは
ぜひ参加して下さい。

“絶対に参加される価値あり!”です。


参加のお申込みをお待ちしております。





お申込みはこちらから



そして、今日は「儲け」について…。

小生はよく「売れて儲かる」商品って言いますよね。

たぶん、この言葉も小生の“造語”だと思います(笑)
「ハイライトアイテム」とか…。
「重点商品」とか…。
という言葉で表現されてて、「儲ける」という
言葉を使わないようにするという風潮がありました。

しかし、言葉はシンプルでなければいけない。


「売れて儲かる商品」
すごくシンプルですよね。

みんなが、わかりやすく覚えやすい言葉で統一する。


それが、結果を大きく変える訳です。

しかし…。
間違う人がいる。

いわゆる「売れて」が抜けている人がいる。


「これ粗利益率が50%取れるんです」
「で、どれだけ売れるの…??」
「一日一個か二個です!」


これでは、「売れないで、儲かっているつもりの商品」です(笑)



「売れる」というのが基本なんです。
「粗利益高の最大化」
でないと、意味が無い。

これを履き違えると、とんでもないことになる。
みなさん、しっかりと理解してくださいね。

これを理解すると…。

この「売れて儲かる商品」の視認率を
高めていけば良いわけです。



「場所」
「コト」
「試食」
「3-3-3展開」

これを駆使して、“視認率”の最大化する。


しかし、これができない。

だから、昨日お伺いした企業は…。
小生から“大目玉”を喰らうわけです。

「売れて儲かる」商品は、とにかく目立たせる。
そして、「売上の最大化」を図る。


すると「粗利益高」の結果が大きく変わる。



「第14回やる気と感動の祭典」で店長発表をした…。

「いちやまマート」の古屋店長。

発表後の10月も絶好調。
なんと「ビッグ」さんの出店後も、売上高・粗利益高を伸ばし続けている。
なんと出店前の売上高や粗利益高の伸び率を越えていく勢いに。



なぜか…。


「売れて儲かる」商品の意識化を徹底しているからです。
競合店が出店してきても「粗利益高」を伸ばし続けている。


それは…。
この「売れて儲かる商品」の全員の意識化と行動しかない。

古い言葉だが…。
「儲け」とは「信者(しんじゃ)」と書く。
「ファンづくり」が儲けにつながる。

だから「ファンづくり、おひねりを頂くこと」


これを「儲け」という。


ですから、堂々と「儲け」なければいけない。
ですから、堂々と「儲け」という言葉を使わなければいけない。

「儲け」
悪い言葉ではない、良い言葉なんだ!

「儲け」とは…
「ファンを一人でも多く作り、
 “おひねり”をいただける商売をすること」
なんです。


だから、もっと「儲けよう!」。


そして、今日の一言…。

目標を持ちなさい。
目標をもったらすぐに諦めない。
コツコツと、少しずつでもいいから前進することが成功の秘訣だ。

松下幸之助さんの言葉

by akindonet | 2013-10-25 18:00 | Comments(0)