人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2011年 10月 12日 ( 1 )



「第10回 やる気と感動の祭典」


今回のテーマは「独自化」

大手企業がますます「巨大化」していく中、
生き残りのヒントがここにある…。

申込み〆切まで、あと5日。
(10月17日 〆切)



詳細はこちらをクリックして下さい


10月25日(火)~26日(水)
大阪の迎賓館
リーガロイヤルホテル大阪にて開催!
申込み締切は、10月17日。






朝4時30分起床…。

「第10回やる気と感動の祭典」の申し込み締め切りまで、
あと5日となりました。

昨日は、北海道の中標津に本社のある「東武」さんから、
なんと16名の申し込みがあった。

また、「基準」の高い企業さんから、
30名以上の申し込みが続出している。

今回も、「30名以上」ご参加の企業様
「座席指定」(団体席)にさせていただきます。

20名以上とも考えていますが、
そうなると前方席が埋まってしまうので、検討中です。
「情報の共有化」こそが、"加速成功"への近道です。
ぜひ、たくさんの社員さんと参加してみてください。



今日は長野へ…。

南信州の「ニシザワ」さんへ初訪問。
どんな店なのか?
楽しみである。

この企業も「やる気と感動の祭典」で
“企業文化”が変わろうとしている。

でも“変わろう”としている途中る

だから、“変わる”為の「ヒント」をお伝えに行く。

いわゆる
「商人伝道師流 競合店対策」の伝授。

環境の厳しい企業ほど、コンサルティングしたいと思う小生…。
相手が強ければ強い程、燃える性格の小生…。

“再生のヒント”を伝授できるか、
乞うご期待!!


さて、今日は「競合店対策」についてのBlogにします。

皆さんは「競合店対策」って、どのようにされてますか?

「店舗リニューアル」
「ディスカウント対策む
「経費削減」
「カードポイントの乱発!!」


というようなことでしょうか。
いや、違うことをやっている!!
という企業さんも多いことでしょう。

そこで、今日は「やる気と感動の祭典」で勉強すると、
こんな対策ができるようになるんだよ~。
ということを話します。

では、スタートです。


「第10回 やる気と感動の祭典」や「商人伝道師メソッド」を
理解すると、実は「競合店対策」が打てます。

今日、紹介するのは「キョーエイ空港店」
前店長のエントリーの場わーポイントです。
(今は別店舗で競合対策している)

f0070004_1041985.jpg

f0070004_10411833.jpg


など、全ての部門で…。

「レッドオーシャン」の取り組み
「ブルーオーシャン」の取り組み


を「あぶり出し」する。

すると、こうなります。
「ローカリズム」の徹底。

f0070004_1041298.jpg


「生産者コーナー」の“圧倒的地域一番化”を目指す。
“超鮮度”と“安心・安全”の見える化できる。

「地方スーパーマーケット」の“独自化”のポイントになる。

次に「丸魚」強化。

f0070004_10414129.jpg


「丸魚」は並べているだけでは売れない。
「ヒト」で売りぬくことがポイント。

だから、どのスーパーマーケットも
「丸魚」を縮小する。

よって「独自化」になる。

徹底的に「丸魚のヒト販売」する。
これもポイント…。

f0070004_10415520.jpg


精肉は「ローカリズム」の徹底。

地方の牧場で育て、「肥料」や「育て方」まで
小売側が指導する。

いわゆる「地産地消」の独自化
そして、こういうことも独自化になる。

f0070004_1042897.jpg

f0070004_1042156.jpg

f0070004_10444652.jpg

f0070004_10445638.jpg


これまた「ローカリズム」。

地元のお客様に「人気」のあるお店やメーカーさんを
どんどん導入する。

そして「ライブ」や「超鮮度」も行なった。
これも「独自化」の一つである。

さらに、「ライブ販売」。

f0070004_1045770.jpg


これは「ヒト販売」で圧倒的な違いを出す方法。

「ライブ」は当たり前のようにやっていかねばならない。
でも、ただ「ライブ」を行えばよいというのでないんです。

「独自化」商品
「美味しさリピート」商品
「非効率」商品


を行う。
なぜか…。

競合他社がモデリングできないからである。

さらに「単品量販」。
いわゆる「異常値販売」。

f0070004_10452193.jpg

f0070004_10453085.jpg


これも現場担当者の「基準」が高くないとできない。
だから、現場担当者の教育が必要なのである。

その教育も…、
「勇気」の教育が必要なのである。

さらに、競合が怖くて仕掛けてこれない商品の「単品量販」。

f0070004_10454185.jpg


そうすることにより…、
「リピート商品」の育成ができる。

担当者の「コト販売」や「試食販売」などの
「基準」が上がる。

とても大切なことと位置付けている。

最後に「コト販売」。

f0070004_1046183.jpg

f0070004_10461575.jpg


こういうことを「商人伝道師流 競合店対策」という。

理解していますよね。
まさか

「競合店が出店する=安売り」
「競合店が出店する=チラシ攻勢」


ということしかしていないということはないですよね。

昨日も、広島の「ニチエー」さんの新店をクリニックした。
広島県三原市にある「ニチエー 中之町店」

まだまだ問題だらけ…、
でしたけど、「独自化」店舗がまあまあ「合格ライン」スレスレ
という感じ…。

その競合店対策として…。

中国地方で勢いのある「エブリィ」さんは…。

「ガンガン安売り」で対抗してきます。
「ガンガンチラシ」で対抗してきます。

出店したニチエーさんより、チラシ回数が多い…(笑)

安さで対抗してくればくるほど、
“ニチエー”のもの。

「基準」さえ上がっていけば、
売上げは上がってくるでしょ。

なぜか?

それは「安売り」されればされる程、
「違い」が見えてくるからです。

「独自化」商品
「独自化」販売
「独自化」サービス


といったものを常に勉強しているからです。

おわかりかな…??
みなさん。

今日は「競合店対策」」についてでした。

ちなみに「キョーエイ空港店」。

お陰様で、前年比100%をクリアーしています。

でも、まだまだ「独自化」ができていない。
もっと、もっと…。

「やる気と感動の祭典」
で勉強せねば…。

そう思います。


そして、「今日の一言」…
「人には何度かチャンスがある。
 それに挑戦する人としない人の違いが、
 女神と握手できるかできないかの分かれ目です」
(経団連元副会長 三田勝茂氏の言葉)

by akindonet | 2011-10-12 18:00 | Comments(0)