人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2010年 11月 28日 ( 1 )



商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」



今日は休日・・・。

約10年ぶりくらいに「ラグビー」を観戦へ・・・。

実は小生「ラグビーおたく」だったんです。

ラグビーを観る為ならフランスやニュージーランドへ行ってもいいと考えるアホな男です。

だから来年の「W杯」はニュージーランドへ行くかもしれません。(冗談です。)

しかし、指導者って、スポーツの世界では重要ですよね。

あの「弱かった」明治大学ラグビー部が復活した。

一人の男の力で・・・。

吉田義人監督が就任して一気に強くなった。

また、わが母校も「関東リーグ全勝優勝」。
もっか、大学では”敵なし”の感・・・・。

「卓越したリーダーとサポートする参謀」がいればどんな闘いにでも勝てる。

ラグビー観戦しながら、思ったことでした。

今、日本に必要な人物。

それは、まさしく「卓越したリーダー」なのかもしれませんね。

そこで、今日は「指導者」について・・・。

小生は「体育会系」で若い時は過ごしました。

その中で素晴らしい“指導者”にめぐり合いました。

小生にとって、「最大の財産」だと思っています。

高校時代・・・。

「全国高校駅伝7回優勝」している宮崎県立小林高校。

その陸上部を長年率いておられたのが、外山方圀先生でした。
小生の”恩師”です。

厳しい人でした。

今だったら、大騒ぎになるでしょうね。

あの“スパルタ教育”は・・・。

いつも竹刀を持っておられて、その中には新聞紙がつめられてました・・・(笑)

それで殴られると痛いのなんのって・・・。

それでもみんなこの監督について行きました。

なぜか・・・。

「生きざまが憧れ」でしたから・・・。

監督と奥様の生徒たちに対する接し方は「人間の鑑」でした。

自分たちの生活を全ての生徒たちの為にささげている姿を目のあたりにすると、

竹刀で少々ぶん殴られても、ついて行きます。

「この監督と奥さんの為に、全国制覇するんだ!」

そうずっと思い、努力してきました。

駅伝チームは・・・。

小生は“スプリンターチーム”だったんですけど、なぜか“主将”にされて、

いつも“ぶん殴られ役”でした。(笑)

「人間性で選手を引っ張ってこられた指導者」でした。

そして、大学。

ここでは、「世界を目指す」とはどういうことかを指導者から学ばせてもらいました。

「短距離チーム」に宮川千秋先生というコーチがいました。

アメリカに「コーチ留学」して帰国したばかりの頃。

バリバリにアメリカナイズされた指導。

「トップアスリート」しか指導しない。

彼の目指すものは「世界」でした。

日本で絶対に太刀打ちできないと言われたスプリント競技(短距離)。

それに、あえてチャレンジしていた指導者でした。

その宮川先生の指導の中から高野選手、伊東選手、末継選手と生まれ、

その教え子である高野進先生率いる400mリレーチームが念願の北京オリンピックで

「銅メダル」を獲得しました。


「世界を目指すにはこんな指導者じゃなきゃいけないんだろうな~」と。

いわゆる「職人」でした。

”ストイック”なまでに追求する。

「目標や夢で選手を引っ張ってこられた指導者」

そして、小生が在籍した当時の東海大学は“スター選手”だらけでした。

現役バリバリの柔道の山下泰裕選手。

大学生で世界一になった須貝等選手。

バレーボールの日本代表、奥野選手、海藤選手などなど・・・。

400メートルで、日本初の”ファイナリスト”。高野進選手。

もう「世界」を目指す選手を身近に接していると・・・。

彼らは、「努力」の域ではないんですね。

もちろん「執念」の域でもない。

「ストイック」な域ですね。

尋常じゃない世界でやっている。

生活そのものが「柔道」であり「陸上」であり、「バレーボール」だったんですね。

「24時間」その為に費やす。

それで「何がおもしろいの~」と思われるかもしれない。

しかし、これこそ・・・。

「精進の中に楽あり。」です。

「人生の楽しみはひたすら努力、精進の中にこそ潜んでいる。」のです。

まだまだだな~。小生は・・・・。

そう感じた、「ラグビー観戦」でした。

そして、「今日の一言」・・・。

「教育の最大の目標は知識ではなくい行動である。」

(社会学者 ハーバード・スペンサー氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-28 18:00 | Comments(1)