人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2010年 11月 07日 ( 1 )



「第八回 やる気と感動の祭典」
参加申し込み受付

レジメ印刷ギリギリまで受付ます!



「もう〆切が終わってしまった」と
諦めている方!
まだ間に合います!
このチャンス!是非掴み取って下さい!!
皆様のご参加をお待ちしています。






昨日は、夜?3時まで、発表者のパワーポイントチェック。

そして、今日は朝、6時起床。
ジョギングし、スタジオ(?)へ…。

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」の人気番組
「商売繁盛虎の巻」の1月号の収録

朝9時から昼2時ぐらいまで続く。

その後、「CDオーディオセミナー」の収録。
そして、新しく入社したSE担当者との打ち合わせ。

終わるのは夜かもな…。

まぁ、「第八回 やる気と感動の祭典」まで休みなしを覚悟しているので、
問題なし。

ところで、発表者のパワーポイントはほとんど
まだまだのレベルでダメだし!!が出た。

でも、本当に、みんな必死でつくりあげてくれてます。
「感謝」の気持で一杯です。

しかし、今は「鬼」に徹してます。

とても”大事な”セミナーだからです。

この「第八回 やる気と感動の祭典」は、
これからの3~5年のスーパーマーケットの“指針”を示すセミナー
なると感じてます。

そんな内容にしてみせます。

参加される方々の予想を上回る内容にすると信じています。

ですから、まだまだ「お申込み」受付しています。

印刷に出す。ギリギリまで受け付けてますので、
“追加”や“新規申込”お待ちしております。

<詳細はこちらをクリックして下さい>
さて、今日は「ボランティア」について…。

辞書でひくと…

【ボランティア】
 自主的に社会事業などに参加し、
 無償の奉仕活動をする人


とある。
「第八回 やる気と感動の祭典」も12名のボランティアに参加してもらい
運営してもらいます。

しかし、今回は「初めて」のボランティアがほとんどですので、
「ボランティア」という考え方でなく

「お手伝い」

という考え方が強い。
その為、ボランティアがコミュニケーションをとっている
「Mixi」で、昨日、小生から“激”が飛びました。

「やる気がないと感じたら、当日、帰ってもらう」
「学校のクラブ活動の延長なら、ボランティアを辞退しろ!!」


などです。

「なぜ、協力者にそんなに厳しいことを言うんだ!!」

と思われてますよね。
それは…

小生は「発表者」に“最高のパフォーマンス”をしてもらう為に
尽力する使命があります。

小生は、参加者に大きな気づきを持ち帰ってもらう
という責任があります。

ですから、弊社の“アソシエイト”も、
協力してもらう“ボランティア”にも要求を高めています。

「発表者」と同じく「ボランティア」も“人間性”を高める仕事なのです。

「手伝い」ではありません。

今までのボランティアは…

仕事・家事などが終了した後、
夜中まで準備した人が一杯いました。

参加者の為に、
“こんなことをしてはどうでしょうか?”
という提案を一杯してくれました。

ボランティア同士で、より“基準の高い運営”をする為に、
一杯提案していました。

しかし、今回はそれがない。

なぜなんでしょうね…。
小生が思うには…

「自分たちの力で、第八回やる気と感動の祭典を大成功させる!!」
「自分たちの力で、参加者が快適に受講できるようにする!!」

という
「善行利他行」
の気持ちが足らないからだと思う。

ボランティアしか味わえないことがあります。

それは…

本当に“執念”で参加者のサポートをしていると…
みんなから…

「ありがとう」

という“言葉のシャワー”を浴びることができる。

本気で!
必死に!


準備し、全力でサポートしたボランティアしか
この“言葉のシャワー”をもらえない。

これ、ほんとです。

是非、「基準」をもっと上げてほしい。

では、ここで、今回、協力いただける12名の「ボランティア」を紹介します。

小野寺大介さん
島津諒子さん
千葉周一さん
平井政和さん
佐々木智幸さん
柴田祥平さん
奥原雄大さん
津野誠治さん
又野邦明さん
中尾卓也さん
山村克仁さん
井上靖寛さん


そして、今回、事務局の梅ちゃんが
リーダーとサブリーダーに選出したのが…

リーダー 小野寺大介さん
サブリーダー 島津諒子さん


リーダーは弱冠、18歳
サブリーダーは、26歳

全て、今回は梅ちゃんに任せました。
「リーダー選出」は…。

18歳のリーダーを、いかに他の11名のメンバーがサポートするかですね。
11名の“サポート力”が、ボランティア全員の「人間性」を高めることができる。

「リーダー」には2通りある。

いわわゆる「俺についてこい!!」というリーダータイプ。
そして、「みんなの協力を得る」というリーダータイプ。

今回は後者かな…?!

今回の「第八回 やる気と感動の祭典」は、
ボランティア運営でも“大きな賭け”“大きな冒険”を決断しました。

選出した“梅ちゃん”は全責任を担っている。

リーダー以外のボランティアメンバーは、
“リーダー”をいかに盛りたてて、

最高の「やる気と感動の祭典」にするかの責任がある。

「責任」

重い言葉だけど、必ず背負わなければいけないこと。
まぁ~。

「ニューへの挑戦」

という意味では良い事だと思う。
ちなみに、ボランティアしかわからないことがある。
それは…

「参加される方々に対する“裏方の執念”です」

前日の準備まで含めると、
チーフディレクターの☆たけ君は、

「3日間、不眠不休」

で準備にあたります。
他のアソシエイトも同じような状況…。

参加者の想像を超えるハードさです。

「なぜ、そこまでするの…」

そう思われますよね。
それは…

「参加者からの“ありがとう”“お楽しみ様”の一言」
「発表者の発表終了後の“笑顔”」


それだけです。
しかし、これってなかなか体験できないですよ。

「ぶっ倒れそうなくらい」辛いけど…。

終了した時の“発表者の笑顔”
一言の“言葉のシャワー”をもらえることの為に…。

今回もやります。

だから、12名のボランティアも“執念”を持ってやってほしい。

「やる気」
「感動」
「祭典」


これを実現してみせる。
御存知の通り、全て“自前”で準備し、運営してます。
外注一切なし。

「不可能なことを可能にする」軍団。

それが、

「やる感スペシャルチーム」

です。
この「やる感スペシャルチーム」の活躍も期待しておいて下さいね。

11月16日(火)~17日(水)は…。


そして、「今日の一言」…
「万策尽きたと思うな!自ら断崖絶壁の淵にたて。
 その時はじめて新たなる風は必ず吹く」
(松下電器創業者 松下幸之助氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-07 18:00 | Comments(0)