人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2010年 11月 03日 ( 1 )



「第八回 やる気と感動の祭典」
参加申し込み受付中!

11月16日(火)~17日(水)
大阪の迎賓館 リーガロイヤルホテル大阪にて開催!



詳細はこちらをクリックして下さい


申込み〆切まで、あと3日!
このチャンス…
逃しますか?つかみ取りますか?

皆様のお申込みを心よりお待ちしています。






朝5時起床。

準備して羽田へ…。
九州・佐賀へ直行。

もちろん日帰り出張。

さて、「第八回 やる気と感動の祭典」の申込み〆切まで
あと、3日

追加申込みも受け付けています。

11月16日(火)~17日(水)
とても待ち遠しくなります。

「発表者と会える…」
「ボランティアと会える…」
「参加者と会える…」


「出会い」って大切ですね。

小生はこんな「出会い」が大好きです。
一番“幸せ”を感じる時です。

素直にみんなに「ありがとう」と言える時。

沢山の人に「ありがとう」と言いたいから、
しつこく「第八回 やる気と感動の祭典」の申込み依頼しています。

しつこいと感じられますよね…。

当然です。

しかし、「ありがとう」の言葉を言いたくて、
当分、続けさせていただきます。


さて、発表者紹介もあと2部門となりました。

今日は「生鮮のトリ」の紹介です。

今回の「生鮮のトリ」は…

株式会社 文化堂 生鮮部 生鮮3課 係長
土戸 達也 氏


ここ数年、ぐっと力をつけてきたな~と思っていたら…。
急に失速。

「この企業の実力か…。これが限界か…」

と思っていたら、「第六回 やる気と感動の祭典」に
創業者 後藤せき子会長が、わざわざ参加された。

それから、ガラッと社内の雰囲気が変わった。

少しずつですが、あの「急成長」の時期に戻りつつある。

まだまだだが…。

その中でも執念を燃やしてきたのが、「精肉」部門
しかし、この部門は最激戦区でした。

株式会社いちやまマートの田村さん
株式会社ノムラストアーの藤井さん

など、過去の発表者はもちろんのこと、
エントリー企業のほとんどが50枚以上のパワーポイント枚数

その中で「期待度」にかけて選出した。

“実績”的には発表する段階まできているかわからない。
しかし、「可能性」に賭けてみた。

だから、土戸さんは「ニューへの挑戦」をどんどん発表してほしい。

素直に「実力投球」で、みんなの力をもらって発表してほしい。

では、エントリー内容の紹介です。

f0070004_199249.jpg

f0070004_1991387.jpg


この「素直」さが大切なんですよ。
毎日、言っていますよね。

「9割のモデリングと1割の独自化」ってね。

そして、「モデリング」の結果はこう…

f0070004_1992786.jpg

f0070004_1993833.jpg

f0070004_1994892.jpg


「大ブレイク」商品となる。
前月比132%を記録。
「前年比」はもう基準ではない。

f0070004_1910196.jpg

f0070004_19101240.jpg


と、「モデリング」を次々と実践していく。

そして、「1割の独自化」。
モデリングしていくと、この「1割の独自化」がメガヒットに繋がる。

f0070004_19114284.jpg

f0070004_19115416.jpg


なぜ、「カルビ」なのか?

それは、バラ部位は

「トリミングに時間がかかる」
「生産性が悪い」


だから、余ってもどの企業も手を出さない。
それを狙った…

「良識ある非常識」発想

f0070004_1912659.jpg

f0070004_1912165.jpg


いわゆる「B級グルメ」。
モデリングするから、こんな「オリジナリティ(独自化)」が生まれる。

f0070004_1912286.jpg

f0070004_19123963.jpg


こちらも「B級グルメ」。
前年、あまり“本気”で売り込んでいないから
大ブレイクする。

というように…。
「V字回復」の“肝”は…

「9割のモデリングと1割の独自化」

ということ。
これを実証してくれそうなのが、今回の精肉部門。

もちろん、今回は参加者に「モデリング」してもらわなければならないので…

「1割のモデリングと9割の独自化」

の発表にしなければいけないけどね…。

「第八回 やる気と感動の祭典」の“生鮮のトリ”。
みなさん、期待しておいて下さい。

そして、株式会社文化堂さんへ…

「第八回 やる気と感動の祭典」は、
後藤せき子会長と花岡秀政社長のお二人に
最前列で発表を聴いてほしいと願う。

「V字復活」の記念すべき日になるかもしれないから…。

小生の願いである。

では、改めまして
「第八回 やる気と感動の祭典」の精肉部門の発表者は…

株式会社 文化堂 生鮮部 生鮮3課 係長
土戸 達也 氏


乞うご期待…。


そして、「今日の一言」…
「チャンスは鳥のようなものだ。
 飛び去らないうちに捕らえよ」
(ドイツの詩人 フリードリヒ・フォン・シラーの言葉)

by akindonet | 2010-11-03 18:00 | Comments(0)