商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2008年 08月 09日 ( 1 )

今日は、「東京六社会」の勉強会。
この勉強会は、小生、大好きである。
6社が一同に集まるから、とにかく熱気がある
絶対に、この会のメンバーから次の時代のスーパーマーケット企業を出したいと
願っている。

そして、みなさんスタートです
といっても、「北京オリンピック」ではありません。
商人舎と商人ねっとのコラボレーション企画「CDオーディオセミナー」の会員募集
8月8日よりスタートしました
右端の「CDオーディオセミナー」をクリックして下さい。
小生のメッセージと申し込みフォーマットがあります。

お申し込みフォーマット
http://www.createlink.co.jp/pdf/audio_seminormoushikomi.pdf


その申し込みフォーマットをアウトプットしてもらい、
Faxしてもらえれば申し込み完了
業界初の試み。
「CDオーディオセミナー」
小生の長年の夢が、また一つ実現しました。
車の中で、電車の中での通勤中に、ただ聞いているだけで「潜在意識」にスーっと入っていく。
そして、何日も聞くことにより、成功者、知識人と同じ考え方になる。
そうすれば、その成功者と知識人と同じ結果を生み出すことができる。
だって、「成功=考え方×熱意×能力」ですもん。
これは、小生の柮著「スーパーマーケットの新常識」にも書いています。
この誰でも無理なく勉強できる教材。「CDオーディオセミナー」
月々5,250円(税込)で手に入れることができる。
“1回の飲み代を減らす”ことだけで、成功者・知識人の“生の声”“息づかい”を
手に入れることができる。
なんて、素晴らしいことでしょう。
その第一回目の、インタビュアー・結城先生とライフコーポレーションの岩崎社長
ダイジェストを公開してます。下をクリックして下さい。

「CDオーディオセミナー」
第一回 ダイジェスト版
http://www.akindonet.com/genki/audio/audioseminor.html


「小売業界を勉強する業界」に変えたい。
「流通業界の教育維新」を目指す。
そして、最終目的
江戸時代からある「士農工商」の序列を変えたい
その為には、業界全体が勉強する風土を造って行かねばならない。
その風土づくりの第一弾が「CDオーディオセミナー」教材です。

「みんな~、一緒に勉強しようよ!!」
「みんな~、会員になって、みんなで勉強しようよ!!」
入会を心より、お待ちしております。


「CDオーディオセミナー」(知識商人)
http://www.createlink.co.jp/seminor/cdaudio



実は、昨日の夜、またまた小生のスタッフと「飲みニケーション」する。
うちのスタッフは、なんか毎日やっているみたい…。

その席で、佑太君が…
何で、そんなに社長はセミナーにしても、CDオーディオセミナーにしても、
集客に執念燃やすんですか?」
もっと格好良くいきましょうよ。品格を上げましょうよ。」
と言っていた。

そこで小生、一言。
「知名度もない、実力もない者が這い上がるには、無茶苦茶やらなきゃいけないんだよ。」
「もう、下りのエスカレーターを、ダッシュで駆け上がるぐらいのスピード
進まなければいけないんだよ。」
「坂本竜馬は20歳で日本を変えようと動いた!俺達も流通業界の教育維新者になる為、
もっともっと坂本竜馬みたいに動かなきゃ!時間がないんだよ!

明治維新の立役者達は、みな20代~30代であった。
なんか、流通業も新たな「ステージ」になろうとしている。そんな予感がする。
だから、小生は「動く!動く!とにかく動く!
坂本竜馬のように…。
自分一人では何もできないけど、周りの人に呼びかけ、共鳴してもらい、
そして、その輪を広げていく。

「流通業界の教育維新」を成し遂げる為に…。
「士農工商」の立ち位置を変える為に…。

その第一弾が「CDオーディオセミナー」です。

みなさん、一緒に勉強しようよ。
個人で申し込める。「自分に投資しよう。」
お申し込み、心よりお待ちしてます。

また、来週は小生からみなさんへ、「サプライズ提案」「爆弾発言」が待っている。
来週も期待して下さい。

今日は、小売業の勉強ツール“維新”になるかもしれない、
「CDオーディオセミナー」申し込みについての、小生の思いでした。
この“維新”の生き証人に、みなさんはなるかもしれない。
なんて、幸せなことでしょう。一緒に生き証人になりましょう

そして、今日の一言…。

「障子を開けてみよ。外は広いぞ。」
(トヨタの創始者 豊田佐吉の言葉)


スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-08-09 16:32 | Comments(0)