人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2008年 04月 25日 ( 1 )

最強フォーマット

今日も福岡…。

九州地区スーパーマーケット協会連合会主催のセミナー。
なんかこの2ヶ月間で九州横断している。
ちょっとハードな旅。


ところで、今日は「最強フォーマット」について・・・。

実は先日、約1ヶ月前にOpenした「トレッサ横浜」
というS・C(ショッピングセンター)に、クライアント様と店舗視察に出かけた。

今、横浜はS・Cラッシュ。
港北ニュータウンを中心に、「雨後の竹の子」のように、
ボコボコとショッピングセンターができている。

今日の「トレッサ横浜」もトヨタと三井不動産の
共同開発したショッピングセンター。
かなり苦戦するのでは?という予想に反して、
幸先の良いスタートを切った。

その中に、スーパーマーケットとして入居しているのが、
「スーパー三和」さん。
川崎の「ラゾーナ」で大成功を収めた勢いにのって、出店する。

小生、正直に言うと、
「ラゾーナはあまりにも良い立地なので、成功して当たり前。」
と思っていたし、今回の「トレッサ横浜」は、近くに「OKストア」の
ドル箱店舗が控えているし、イトーヨーカドーの「ららぽーと横浜」もあるし、
苦戦するのではと読んでいた。

しかし、フタを開けてみると・・・。
「絶好調」!!

すごい客数。
うわさによると平日1400~1500万円。
週末は軽く2000万円以上の売上げをたたき出しているという。
それも、スーパーマーケットだけで…。

たぶん、それくらい売っていると思う。
昼12時すぎの平日に行って、レジ10台がフル稼働していたので、
この数字はまんざらウソではない。

なぜこんなに集客できるのか?と小生は考えてみた。
答えとしては…
 ①売場面積1,000坪という広さ
 ②徹底した青果と日配の安さ。
  (とにかく、青果の安さはビックリである。特売品は、ほとんど68円)
 ③にもかかわらず、内装はオシャレ感がある。チープな感じがしない。
 ④こだわり商品もあり、小生の言う、「こだわり 価格訴求」の
  商品の囲い込みができている。これは、1000坪という売場面積が成せる技。
 ⑤開店前の「集中作業」でオペレーションコストを下げている。
  (朝6時30分~10時で5000円/日給という募集チラシがあった。)


という感じでしょうね。
とにかく、青果がものすごく安い。
そして、日配品も…。
これだけ安く売って、なおかつこだわり商品までの品揃えの深みを
持っているのだから、中の上から中の下として下流層まで取り込めるはずである。

そして、1000坪あるので、「スイーツ」コーナー、「ワイン」コーナー、
「チーズ」コーナーなど、“ニューラグジュアリー商品”の展開ができる。

そして、品揃えの囲い込みもできる。
なんといっても、24万円/本のワインまで品揃えしてるのですから…。
これじゃ、関東の勝ち組スーパーマーケット「OKストアー」さんも苦戦するな…
と思っていたら、案の定今までの活気が売場に全くなくなっていた。

ここ当分、「OKストアー」に勝てるスーパーは出てこないと思っていたが、
この「スーパー三和」さんの店は“勝てる”かも知れない展開。

今の状況が続けば、年商70億円?!
それもスーパーマーケットだけで…。
ウソのような売上げ。
「最強フォーマット」になりうるのか?

一度、視察される価値のある店です。


近ごろ小生は思う。
やっぱり「売場面積」は大切であると。
それに「EDLP」「品揃えの深み」

そして、「オシャレ感」のある店作りの融合体と小生が唱えている
「圧倒的な基準」がマッチングすれば“最強フォーマット”になるのではと…。

「売れてて儲かる」商品をダイナミックに展開する場所さえあれば、
EDLPを行っても、粗利益率確保できるな~と確信を持てるようになってきた。

それが今回の「スーパー三和トレッサ横浜店」の成功によって、
その確信がますます高まってきた。

あとは、スーパーマーケット経営者が1000坪前後の店をつくる“勇気”
あるかどうかだと思う。
何か「最強フォーマット」が見えてきたような気がする。

しかし、書きながら笑えてしまったこと。
それは小生の対極と思われる渥美先生の店舗戦略と
小生の店舗戦略が似てきてしまったこと。


ハハハハッ…。
細部ではかなり相違点はありますが…。
まぁ、そんなんどうでもいいか。

今日は、何か大手量販店とは違う「最強フォーマット」が浮き彫りに
なってきたことのBlogでした。
ぜひ、東京へ行ったときは視察してみて下さい。
みなさん、いろんな感じ方があると思いますので…。
周りの競合店と比較するととても面白いです。

そして、「今日の一言」
「「これぐらいでいいか」ではなく、
「ここまでやるのか」というところまでこだわってやる。」

(イエローハット相談役 鍵山 秀三郎氏の言葉)

by akindonet | 2008-04-25 20:50 | Comments(2)