人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2008年 04月 17日 ( 1 )

違いを生む違い

今日は東京・・・。

結城義晴氏の「商人舎発足会」へ・・・。
朝早くの予定が入ったので、スタッフの亀谷さんに無理言って、
途中から講演を聞く。

講演のタイトルは、「小売流通サービス業が21世紀の日本を救う。」

結城先生のノウハウがビッシリと入っているので、
講演の中身は書けませんが、すごく勉強になりました。
いつもは講演する立場なので、講演を聞く立場ってとても新鮮。

一応、「セミナープロデューサー」も兼務しているので、
運営方法などをチェックさせてもらったり、
結城先生の講演の良いところを「モデリング」してもらったりと。

受講するだけではなく、いろんなところをチェックならびに
モデリングさせてもらった。
ありがとうございました。

あらためて・・・。
「商人舎、発足おめでとうございます。」
「これから、大いに期待しております。」


ところで今日は、「違い」について・・・。
まず、みなさん。
「食」に対する消費者のニーズが変わってきていることを
気づいていますか?
団塊世代が、30~40歳代の時は、とにかく「お腹いっぱい食べる」ことが
ステータスだったんです。

しかし、今はどうですか?
「モノを食べない」ことが良いとされてきましたよね。

去年の流行語大賞になった
「メタボ(メタボリックシンドローム)」
栄養過多や偏食は健康を害するということで、
「お腹いっぱい食べる」ことはダメ!!という風潮になっている。
もう180度、「食」に対する消費者ニーズが変わってきているんですよね。

みなさん、気づいておられますよね。

ということは、「量」から「質」への転換が必要ということですよね。
だから、今は「安さ」だけでは通用しなくなったんです。
「安さに付加価値をつける」ことが大切になってきてたんですよ。
でも、まだ「お腹いっぱい食べる」時代の売り方を続けていませんか?

何回も言います。
「食」に関する消費者ニーズが180度変わってきているんです。

そして「品揃え」の違いについて・・・。
大手チェーンとの品揃えの違いをどうだされていますか?
大手チェーンは「品揃えの幅」で攻めてくる。
徹底的に・・・。

それに対抗する地域スーパーはどうするのか?

そうです。
「品揃えの深み」で対抗していくんです。
大手チェーンを「品揃えの深み」で囲いこんでいくことなんです。

みなさんのお店は、大手チェーンが品揃えしてない「こだわり」商品
品揃えされていますか?

それも「コトPOP」をつけて・・・。

そして、「価格訴求」商品も品揃えされてますよね。
もちろんこれは、無理してでも大手チェーンと価格対抗していく。
特にお客様が“価格を比較される”商品を・・・。

でも、これでは利益がとれない。

だから、「量販」商品
いわゆる「売れてて儲かる」商品をフェーズ拡大して売り込む。
できれば、「3-3-3」の法則の徹底で・・・。
このように「違い」を出していくのです。

最後に「ポジショニング」って考えたことありますか?
この「ポジショニング」の明確化がこれからの時代に
とっても大切になってくると思います。

なぜか?

今まで、「中の中」をねらっていた「GMS」が
どんどんスクラップされている。


それに比べて「中の下+下」をねらった
「ユニクロ」や「しまむら」さんは急成長している。

「中の上+上」をねらった「コーチ」や「オメガ」も急成長している。

これからもわかるように、スーパーマーケットも
「ポジショニング」が大切になったということです。

このあたりは、5月15日発売の「食品商業」
詳しく書いてますので、読んで下さい。

今日は「違い」についてでした。

そして、「今日の一言」・・・
「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、
そのうち6時間を私は斧を研ぐのにつかうだろう。」
(元アメリカ大統領 アブラハム・リンカーンの言葉)


切れ味悪い斧で何度もチャレンジするより、
しっかりと斧を研いで準備を整えてから木を切り倒しなさい。
その方が成功する。
by akindonet | 2008-04-17 21:53 | Comments(0)