人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2007年 05月 20日 ( 1 )

今日は日曜日ですね。
5月も20日くらいになると、もう夏の気配がしますね・・・。
今日の小生は久しぶりに”お休み”です。

しかし、次の”お休み”はいつになることやら・・・。(トホホ・・・)

まぁ、いいかッ・・・。


今日は、 TFA について。
何?!ナニ?!
TFAて何?と思われた方がほとんどだと思いますが、
これは「トランス脂肪酸(Trans Fatty Acids)」の略なのです。

エッ?!ひょっとして「トランス脂肪酸」を知らない方っています?
あ~、これはマズイ!!

でも、心配しないで・・・。

スーパーマーケットで働いている方で、このTFAを知っている方は恐らく5%くらいかな?
ほとんど関心なし・・・。

なぜか?


それはね、勉強してませんもの~。(あ~、ちょっと刺激的な発言ですね)
でもね、皆さん、
海外では、このTFAはいわゆる「社会問題」になっているのです。

アメリカは勿論のこと、お隣の韓国でもTFAは社会問題になっているのです。
では、この「トランス脂肪酸」について、ちょっとだけ説明をしましょう。

このトランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、
善玉コレステロールを減らす危険性があり
「心臓病」になるリスクが非常に高いことが分かっているのです。

どれくらい高いかと言うと、
「総摂取エネルギーの中で、
たったの1%しかTFAを摂っていなくても心筋梗塞のリスクを11,5%高める」

のだそうです。
今や、アメリカでは、「心臓病」が死因のトップなのです。
ですので、このTFAについての関心は非常に高いのです。

ちなみに、このTFAって何に多く含まれているのか知っていますか?

それは、 「マーガリン」と「ショートニング」なのです。

毎朝食パンに付けている「マーガリン」は、「心臓病」になり得るリスクの高い商品なのです。
ビックリでしょう・・・。

先日、アメリカのスターバックスは、「TFA追放」を宣言しました。
しかし、日本のスターバックスはしていない。
”日本をナメとんのか~!!”と怒っている小生がここにいます。

また、韓国ではロッテグループが「「TFAゼロ化」を発表しました。
では、日本は?!・・・。

なぜ、日本ではこのTFAについて判断が無いのか?
農林水産省と食品安全委員会の見解は、
「欧米に比べて摂取量が少ない」というのがその理由。

世界保健機関(WHO)と国連食糧農業機関(FAO)が勧告した
「1%未満」の基準に収まっているからだそうです。

本当に、これでいいのでしょうか?
「日本の未来を担う子供たちにTFAが含有される商品」を
このまま摂取させていいのでしょうか。

小生は「No!!」 です。

TFA低減は世界的な流れなのですよ。
なぜ、日本だけが?!
どこかに見えない”力(圧力)”があるのではないかと勘ぐってしまいます。

「洋風化・欧米化がどんどん進む日本」では
この「TFAゼロ化」を一日も早く取り入れられるよう願わずにはいられない小生です。

”まずいよ日本!!マズイよ!スーパーマーケット!!」
一体、アメリカの何を視察して来ているんだい?
日本の流通業の経営者は・・・。


そして、今日の一言・・・。
「国があなたのために何ができるかでなく、
      あなたが国のために何をできるか、問い掛けて下さい」

                                 (ジョン・F・ケネディーの言葉)


「未来の子供たちの為に・・・」
TFAはもう要らないよ。

商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-05-20 23:45 | Comments(0)