商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2007年 03月 31日 ( 1 )

今日は土曜日。
「商人ねっと」 の収録です。
桜の花が満開だというのに・・・。
お花見は来年に持ち越しです。(笑)


今日は、チェーンストアーエイジ誌の恒例となった
「ストアー・オブ・ザ・イヤー2007」の記事について・・・。


なんと、1位が「フードストアあおき豊洲店」
小生のBlogを賑わした「豊洲戦争」のライバル企業です。


なんか嬉しいですね。
競合店が1位にランキングされるなんて・・・。
そして、その「ストアー・オブ・ザ・イヤー2007」の店舗と闘って
”勝利”を収めた「文化堂豊洲店」”隠れ1位”というlことかな?


まあ、そんなことはないが・・・。(笑)
でも、そういう意味からすると、
文化堂豊洲店の皆さんは幸せです。
全国人気1位の店舗と闘うことが出来たのですから・・・。


「勝利」したからといって気を緩めないことです。
本当の真価は1年経ってからです。


競合店が出店して1年経って、
どれだけ売上げを伸ばすことができるか?ですからね。
最近、「基準」が落ちてきたという噂がチラホラ聞こえてきます。


あの戦争時の”緊張感”が無くなってきているのでは・・・
と危惧している今日この頃です。

また、この「ストア・オブ・ザ・イヤー2007」の2位以降を見ると、
面白い傾向が・・・。


それは、
①、店舗にお金をかけたお店が上位に入っている。
②、マスコミに取り上げられたお店が上位に入っている。

などです。


そして、ディスカウントタイプのお店が上位にランキングされていないということです。


業界では「EDLP」だ!
「チェーンストアオペレーション」だ!!という文字が躍るのに、
人気投票の店舗は、それとは正反対の店が多くランキングされている。
これは一体どういうことなのか?


この ”ねじれ” 現象が
今のスーパーマーケットの「迷い」・「不振」を物語っているのかもしれません。

皆さんはどう思いますか?

また、今回も「サンシャインチェーン」が9位にランクイン。
上位の店舗よりも絶対に良いお店だと思うのですが・・・。
立地と知名度の差か?!

そして、3位には、
昨年末お世話になった「ヨークベニマル市名坂店」がランクイン。
佐藤店長は頑張っていらっしゃることでしょう。


このように、小生が関わっている(?)店が
多くランクアップされていることに嬉しくなるし、
いつかは上位を総ナメするような状況を作っていきたいな~と、
密かに誓う小生でした。

それにしても、1年に何店舗開店するのでしょうね。
「少子高齢化」・「人口減」という環境の中で、
毎年毎年新しい店が開店し、
そして、それに伴い不振店や不振企業は廃業する。

その昔、
”スーパーとは、スーッと出て、パーッと消えるからスーパーと言うんだ”
とお年を召したコンサルタントの方から聞いたことを思い出します。
このような環境の中で、
既存店はどのようにして売上げ・収益を伸ばしていくのか?


すごく大変な時代になってきましたが、
考え方を変えると、
自分の「違い」を明確に”見える化” できれば、
競合店が出て来ることにより、
その店の”良さ”がお客様に”見える化”出来て来るのではないかと小生は思います。

その為には、社員全員が常に問題意識を持ち、
「お客様の不満・不便は何か?それを解消するには、どうすべきか?」
を考え、売場に具現化していくことが大切だと思うのです。

そのお手伝いとして、
このBlogや「商人ねっと」 を活用していただければありがたいと思っています。

そう思いながら、今日も約5時間、
「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の収録をしていた小生でした。

そして、今日の一言・・・。
「おもしろきこともなき世をおもしろく・・・」
                              (高杉 晋作の言葉)

厳しい世の中だから、楽しく有意義に仕事をしたい・・・。      
by akindonet | 2007-03-31 23:13 | Comments(0)