商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2007年 03月 23日 ( 1 )

今日は高知に来ています。
暖かいかな?と思っていたんですが、意外と寒いことにビックリです
しかし、何か南国というイメージがするのは春のようです。
気温は寒いですが、雰囲気が東京とは違います。
やはり南国なんだな~と・・・。
気持ちいい朝を迎えています。


そこで、今回も昨日のコンサルティングで気付いたことについて・・・。


「情報の共有化」「目的・目標の共有化」
店舗の活性化につながるんだな~と感じた一日でした。


店長は知っている。
チーフは知っている。
しかし、その部下は全く知らない。
だから店長だけが一生懸命努力している。
チーフだけが朝早くから頑張っている。
でも他の社員は何をやってんだろう?
何をあせっているんだろう?
と冷ややかな目。
これでは「結果」は出ませんよね。


こういうことって多くありませんか?
だから、「共有化」って大切だと思うのです。
情報や目標を共有化することにより、全員が進むべき道が分かるんですよ。


やるかやらないかは別として、情報や目標を共有化するだけで、
店長やチーフが何を目指しているのか、
何をしようとしているのかが分かるんです。
そうすればいつの間にか他の社員・スタッフさんも協力して
その方向へ進んでくれるんです。
そうなったら雪だるま式に業績の「結果」が変わってきます。
これが「共有化」のメリットです。


よく「システム化」だ!「マニュアル化」だ!と言われます。
確かにそれも大切です。
しかし人間の能力ってものすごく高いと思うんです。
その人間の潜在的な能力を引き出すことを行っていくことが、
このような「スピードの時代」・「変化の時代」には大事だと思うのです。
その人間の潜在的な能力を引き出すには、
「共有化」がキーワードだと思います。


みんなが情報や目的を「共有化」すると、ベクトルが同じ方向へ向かい、
“掛け算”でパワーを発揮することができると思うんです。
そのお役立ちできないかという思いで立ち上げたのが「商人(あきんど)ねっと」です。


セミナーには一部の人間しか参加できない。
店長やチーフはセミナーに行って“理解”しても、
それを伝えることができないことが多いのです。
「知っている」ことと「教える」ことは違うと思うのです。
ですから、みんなで学べる機会、店で学べる機会はないかと考えたのが
この「商人(あきんど)ねっと」でした。


まだまだ会員も少なく、もっともっと全国の方々へ案内していかなければと思っていますが、
確実に小生の思いが実現しつつあります。


店員の皆さんで「商人(あきんど)ねっと」やこのブログを読んで、
社員の意識が高まったという企業が増えてきました。
本当に嬉しいことです。
この小さな輪を少しずつ、一歩ずつ広げていきたいと考えています。
何事も一歩一歩ですもんね。
なんてったって「共有化」するツールとしては「映像」が最適ですからね。


皆さん、絶対に「情報の共有化」・「目標・目的の共有化」は店舗活性化のポイントですよ。
一部の人間しか知らない、理解している、では「結果」は変わりませんよ。
ご理解できましたでしょうか。
さあ今日やってみましょう。
「共有化」、「まず実践」です。


それでは今日の一言・・・。

「この仕事が天職だと決意してから仕事が楽しくなった。」
                  (ウシオ電機社長 牛尾次郎氏の言葉)


皆さん、天職だと思っておられますか?


商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-03-23 18:27 | Comments(0)