人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2006年 12月 07日 ( 1 )

「チェーンストアオペレーション」「POSシステム」「本部集中管理」等は、遅ればせながら、小売業においても「システム化」・「マニュアル化」され、環境整備されてきている。


しかし、その弊害が近頃出てきているような気がするのです。
例えば、

①レジチェッカーが「商品」と「売価」を覚えなくなった。
②担当者が「ワーカー」になり“考えなくなった”。
③本部集中した為に一部の人間の負担が大きくなり、昨年の延長が今年となっている。
④店舗が「無機質」になってきている。


などが起きていると思う。


もちろん、小生は「チェーンストアオペレーション」や「システム化」・「マニュアル化」を非難しているのではない。
小生もこの流れは大いに推奨する立場にいる。
しかし、それと「人間力」の低下とは別問題であると思う。


よく、小生はこのブログでも「脱常識」という言葉を使いますよね・・・。
「非常識」とどう違うのですか?という質問が多いのだが、
非常識とは常識全てを否定することですよね。
それに比べて「脱常識」とは、
「常識を分析して時流に乗った新しい切り口を見つけること。」
とでも言いましょうか。
つまり今売っている商品が本当に売らなければならないのか?を常に考えていけば、
「今までの常識」を超えた「知恵・発想」が出てきますよ~ということかな!!


ましてや、これからの“稼ぎ時”である。
Xmas~年末・年始商戦は、
まさしくこの「脱常識発想」が必要とされるのです。


今日の「商人(あきんど)ねっと」の「商戦繁盛虎の巻」を見ても分かりますよね。


今まで考えてもみなかった切り口がどんどん出てきていませんか?
これが「脱常識」なのです。
皆さんも、この“脱常識”、考えてほしいな・・・。


例えば、
①何故、Xmasはイチゴなの?
②みかんの相場高=箱入り売れない?コレ本当?
③マグロが相場高=マグロ売れない?コレ本当?
④「Xmas=骨付もも」でいいの?
⑤Xmasケーキは当日には売れない!?コレ本当?


などなど。
スーパーマーケットで言われている、「常識」が15~20年前とほとんど変わっていない。
悲しい現状・・・。
これでいいの?
これが「脱常識」の考え方なのです。
それを今回「商人(あきんど)ねっと」の「商売繁盛虎の巻」
この「脱常識」を話しています。
是非見て下さい。     (こちらからどうぞ↓↓↓↓↓)
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=30&subCd=1&auto=0

「人の行く裏に道あり。花の山」


この詩は小生がとても気に入っている詩です。
その通りだと思う。


「商人の心得30か条」の中に、

「同じような商品を同じようなところで、同じような値段で、同じような売り方をしている限り、儲かるはずがない。」

という一文があります。

皆さん、この一文を“肝に銘じて”いきましょう。
“脱常識”。
これがXmas~年末商戦のキーワード。


最後に、今日の言葉・・・。
「天才とは1%の霊感と99%の汗のことである。」
                     
(発明王 トーマスエジソン)



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


by akindonet | 2006-12-07 17:47 | Comments(2)