人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2006年 11月 26日 ( 1 )

商人伝導師、今日も驀進中です。
遠い所に、出張です。


今日は、日曜版で小生の過去について、恥ずかしいけど書こうと思います。

「なぜ、コンサルタントになったのか?」について。

小生は、商売人の息子!
だから、小さいときから、お店の手伝いばかり…。
夕食は、お店を閉めてからですから、毎日夜9時過ぎだったんです。
もちろん、お盆もなければ、正月も元旦のみ休み!
(ちなみに、正月にTVでも見ていたら、父親からの鉄拳制裁!!)


だから、小生は、 「絶対に商売人にはなりたくなかった。」
こんな家族嫌だ~、ってね。
他の友達と同じように、日曜日休み、正月・お盆休みという生活に憧れていたんですね~。
だから、中学生の時から 「学校の先生」になることが夢になったんですね。


そして、高校時代。
小生にかなりの影響を与えてもらった、 「恩師」二人の先生との出会い…。
「体育の先生」の夢が明確になる!


そして、大学時代。
高野進さん(同級生だけど、編入してるから先輩です。)、
海藤(バレーボール日本代表)、
須貝(柔道世界選手権金メダリスト)が同級生にいた環境。


また、先生には、
柔道の山下先生
マラソンの宇佐美先生
バレーボールの斉藤先生
松平先生、などなど。
今思うと、すごい先生や同級生と4年間過ごしたんだな~と、感じる。


そして、近頃、すごく感謝することは、
田舎で小さく商売しながら、私立の大学へ出していただいた、
両親にすごく感謝する
本当に感謝である。


しかし、それまで描いていた、「体育の先生」になぜ、ならなかったのか?
それは、国体開催後で地元宮崎の体育の教員採用がなかったこと。
それと、大学4年の春だったと思うが、父親が突然東京に来て、
「セミナーに一緒に行こうか。」と言われ、何もわからず参加したのが、
須田泰三先生の「商店指導センター」のセミナーだった。


ゲストは、当時、話題の「ヤオハン」和田一夫社長の講演。

「ショック!!」でした。

世界を相手にしている、スーパーマーケットがあることが…。


そこから、自分の中に“迷い”が出たんです。
「商売人もいいな~」と…。
たぶん、大学時代の環境が、 「世界」を目指している人間がいたから、
和田一夫さんの話しに何かを感じたんだと思うんですね…。
今、考えると。


それで、地元の教員採用もないし、いざとなれば、実家を継げばいいし…という、
安易な妥協から、この道に入ったんです。
ほんとに、安易な動機でした。恥ずかしいけど…。


そして、とあるスーパーマーケットに入社。
もともと、体育会系ですから、がんがん頭角現す!!
順調でした。


入社して、4年目だったでしょうか?
小生の一生を左右する、出来事が…。


実家の自己破産!!
何も知らない、小生は「連帯保証人」になっていた為に、全財産失う。
そして、多額の借金!!
途方にくれましたよ…。
でも、これが運命なんです。


お金がないから、夜とか遊べない。
だから、どんどん友人も誘わなくなる。
何もすることないから、夜、暇だから「中小企業診断士」の勉強始めたんです。
だって、このままでは借金を返すのが精一杯で、洋服とか全然買えないんですから…。
人並の生活したい!!という、一心から…。


必死で勉強しました。
一日3~4時間しか寝ない生活を半年間続けました。
奇跡的に、 第一次・第二次・第三次とストレートで合格しました。


たぶん、「神様」がご褒美をくれたんでしょう。
ありがたかった。
一次試験の合格通知の時は、 涙が自然とこぼれ落ちました。
その時のことは、今でも、鮮明に覚えています。
本当にその時のことは…。


そして、その後、コンサルタント会社へ転職したんです。


なんか、恥ずかしいblogでした。
みなさんに、 “てめえの浪花節書くな!!”と言われそうです。

みなさん、ごめんなさい。

最後に、今日の一言…。

「危険が迫った時、逃げ出すと危険が2倍になる。
決然と立ち向かえば、危険は半分に減る。
何事があっても決して逃げるな!」(チャーチルの言葉)


みんなに、支えられていることに、感謝します。

商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


by akindonet | 2006-11-26 22:57 | Comments(0)