商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2006年 09月 23日 ( 1 )

f0070004_1356059.jpg
今日は、 「商人ねっと」のプロデューサーの顔。
「ワインの伝導師」山田先生の撮影。


12回シリーズで、やりますからこれを全部見ると、
あなたも「ワインマスター」になれるかも?

第1回目、どうなるかな?と思ったけど、
すごくおもしろい番組に仕上がりましたよ!
今回は、「ボジョレーヌーボー」のことがふんだんに織り込まれていますので、
お酒担当者は必見の“ワイン講座”となりましたよ!
これ見ると、「ボジョレー・ヌーボー」の“達人”になれるかも?
お楽しみに…。
10月中旬には公開予定。


今日は、「商人(あきんど)」について…

近頃、商人や商売人が少なくなったと思いませんか?
POSシステムやEOSシステムなど、環境整備が進み、効率化は飛躍的に進んだのに、
それと反比例して、社員の能力や知識の低下が著しい。

だから、無機質なスーパーマーケットが多くなってきてるんだよ。

これからの消費者は、「感性」が大切なんだよ。


「感性」は、プロ意識をもってないと、磨けないんだよね。
だから、プロの「商人」づくりをこれからはやっていかねばいけないと思うんです。

今は、いい時代になったんだよね。
“インターネット”という武器があるんだもん。
この武器使えば、社員全員を「商人」にできるんだよ。

これからは、「知識(知恵)の専門集団・専門店」が必要なんだよ。
この武器を使うか?使わないか?
で、これからはかなりの差がでてくることを早く気付いてほしいんだな。
だって、インターネット普及率90%以上、ブロードバンド普及率70%以上が
もう3年以内にやってくるんですよ。
だから、この「商人ねっと」を小生はスタートしたんです。


みなさん、アルバイト・パート社員・若手社員さんまで、みんなで「商人」教育できるんだよ。
「商人」がこれからのキーワードだと思う。


それと、業界紙などのマーチャンダイジングに苦言!
みなさん、業界紙の方々が
「団塊の世代・高齢者マーケティング」ばかり
特集しているんだけど、みなさん冷静に考えてみなさい!

今の消費を支えているのは、“団塊ジュニア”なんだよ!
団塊ジュニアは、“飽食の時代”に生まれているんです。
食べ物に何にも不自由してない世代が、お父さん・お母さんになってるんだよ!

わかってないんだな~。

団塊ジュニア世代が30代になっているんですよ。

この世代の特徴は、

1.「感性」が豊かであること。
2.「モノ」消費から「コト」消費へ変化してるんだよ。
3.「お金」の使い方が極端であること。

   (自分の納得したモノにはお金だすけど、
      納得しないモノ・価値を見出だせないモノには一切お金を払わない)

があるんだよね。

わかってますか?

この世代の対策していかないと、取り残されますよ。
この対策は、業界紙は特集してないんだよ。
というより、分からないのかもな~。

執筆の先生方の年代が、団塊の世代以上なんだよね。
だから、小生、若手コンサルタントの先生方の番組
「商人(あきんど)ねっと」でやろうと考えたんだよね!

どんどん番組撮っていきますよ。
お楽しみに…。


では、今日の一言…
「これからの消費は、経済学でなく、心理学である。」
(セブン&アイホールディングス会長鈴木敏文)






by akindonet | 2006-09-23 13:56 | Comments(1)