人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2006年 08月 12日 ( 1 )

“花火のように花開くか?”

「花開きたい!!」という思いが2つある。
一つは、「商人ねっと」事業でパッと花開きたい!という思い。

昨日の夜、弊社の社員E君が小生にボソッと「インターネットでカネとれますかね?インターネットはタダという感覚ありますよ。」
確かにそうである。
しかし、小生はあえてその常識を打ち破りたい。
有料番組提供で事業を大成功させたい。

新しい“ビジネスモデル”をつくり、世にそのモデルを広めたい。
その為には…

1.クオリティーの高い、魂の入った番組をつくること。
2.斬新なマーケティング戦略を構築すること。
3.アフターサービス・フォローを徹底的にやり続けること。
4.トップ以下、社員全員の“志”が高く、考え方のベクトルが一緒であること。


がポイントだと思う。

なぜ携帯サイトは有料が支持され、インターネットは有料サイトが支持されないのか?
この矛盾に華麗に挑戦してみる。
“脱常識”を実現したい。

“人の行く裏に道あり。花の山”

もう一つが、「社員の能力がパッと花開いてほしい。」という思い。

今回、この「商人(あきんど)ねっと」を立ち上げるにあたり、今まで勤めてくれていたコンサルタントを独立させ、会社の総務を一括で取り仕切っていた小生の実妹も辞めてもらい、自分を窮地に追い込んで全く新しい気持ちと社員でスタートしている。

今回の採用において一番重視したことは、今までのスキルや経験ではなく、
“志と心底その仕事が好きか?”ということであった。

一次面接でスーパーコーディネーター純ちゃんが必ず聞くこと。
それは「三年後の自分はどうなっていたいですか?五年後は?十年後は?…」。
これをしっかりと答えられた人間のみを採用したのである。
会社にとってはスキルや経験をもっている人材を採用するのがリスクなく良いと思われがちだが、小生は今回挑戦してみる。

人材を“人財”にすることに…。
人材は育てるものである。

“社員の成長は自分の成長”
“社員の立ち振る舞いは、自分だと思え。社員は自分の鏡である。”

と思う。
だから、教育投資し、アウトスタンディングな人財になってもらえるよう、一緒に成長していきたい。

社員のみんな、よろしくな。

“ジンザイ”とは「人罪・人材・人財」と書く。
自分の会社の社員がどれにあてはまるか?

これは、トップの教育次第でいかようにもなる。

「部下に無能者はいない。部下を使いこなせない無能なリーダーがいるだけだ!」

これは弊社の「社員の心得30箇条」の一文。
“人財” いい漢字である。

最後に、お盆にあたり皆さんへ…

“玉、磨かざれば器をなさず。人、磨かざれば道を知らず。”

中国古典の礼記の言葉である。
小生、かなり気に入ってるので、みんなにプレゼント

今日は、小生のオフィスから見える、「東京湾花火大会」の日。
「花火のように花開く」ことを願って…
小生は柏で、コンサルタントの仕事…。
by akindonet | 2006-08-12 09:17 | Comments(2)