商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「新しい旅立ち」

12月の"アファメーション(積極宣言)"

「12月の目的は、最大の売上高と、最高の粗利益高を、最小の在庫額で実現することである。」

今日はコンサルティングの今年最終日・・・。
のはずが、天候不良の予想で出張中止。
ということで、昨日の文化堂さんで、今年のコンサルティングは終了しました。
あっけなく・・・。(笑)
なんか、本当に、感慨にふけることもなく、終了。
小生らしくて良いでしょう。


ところで、昨日の「冬至」はいかがでしたか?
多少、全国的に気温が高かった為、ユズなどの動きが悪い店があったかもしれませんが、
在庫になったお店は保管をしっかりして年末に売り込みましょう。

そこで今日は「旅立ち」について・・・。

今年の5月から、小生のオフィスでアルバイトで働いてくれた、「佑太」君が12月20日をもってアルバイトが終了しました。

最終日、小生のスタッフ(アソシエイト)の「業務報告」を読むと、みんな淋しそうでした。
佑太君はまだ大学生。
来年3月、卒業予定。
「コンサルタント希望」です。
「世の中の若者に勇気を与えられるような、コンサルタントやセミナー講師」を希望しています。
その修行も兼ねて、弊社へアルバイトで働くことになりました。それが5月・・・。

それからです。彼は大学より会社の方が長い生活が始まったのは・・・。
ほとんど朝から夜まで、弊社で働いてました。
その間、入社するや早々、「商人ねっと」の管理、アフターフォローという、
“ものすごく大切な仕事”をいきなり担当させられた。人手不足の為・・・。
もう毎日のように、小生やスパコディ純ちゃんから叱られる毎日でした。

そして、6月、事件が起きる。
採用した女性社員の“大トラブル劇”
弊社設立以来、最大のトラブルでした。(詳細は言えませんが・・・)
その為、急遽小生の秘書役の仕事を任されることになる。
ここでも、小生から鍛えられる。

その間、“最愛なる稲君の永眠”という出来事もありました。
若い、多感気の若者にはショックの出来事だったと思います。


そして、8月は、たぶん二度と経験することがないであろう「阿波踊り」への参加。
メインスタジアムの前を踊るということは、“大スポンサー”がついていないと踊れないから・・・。
さらに、高知では「酔いつぶれの神様」とも出会う。
佑太君にとっては、「最高の幸せ」な時だったと思います。

まだまだ、佑太君は試練が続く。
「やる気と感動の祭典」の最高責任者という職務を小生から任命される。
なんとか、叱咤されながらもその職務を全うする。
もう、この段階になると、小生は佑太君に何も言わなくなっていました。
しかし、今思うと、これが良くなかったのかもしれません。
毎回のように“叱っていた”時の方が彼は目が輝いていた。
小生やスタッフが、任せるようになると、どんどん目の輝きがなくなってきていました。
小生のスタッフは皆、反省してましたが、もう少し「厳しさの中に関心をもってあげれば良かった」
と小生も猛反省しています。
今では、申し訳なく思っている。

佑太君とは、正味7ヶ月一緒に仕事をさせてもらいました。
とても明るく、頭の回転が良く、そして責任感の強い若者でした。

だから、小生もいろんな仕事を任せることをしました。
そうでないと、アルバイト生に会社の命運をかける仕事などを任せられません。
少しは「良い経験」になったのではと思っています。

この7ヶ月、“日本中の大学生”
の中で一番、仕事をし、一番有名な人物とも会い、
社会勉強したんではないかと思う。

この「経験」を少しでも財産にしてくれれば一緒に働いてくれた彼への小生からの恩返しになれるのにな~と思っています。

佑太君のご両親から、お預かりした以上、他の社員の誰よりも、
厳しく接しました。

愛情をもって、厳しく“しつけ”をしました。
「佑太君の成長を心から願って・・・」。
また、彼は
4月から「新しい旅立ち」をします。
陰ながら応援していくつもりでいます。

「第四回やる気と感動の祭典」は、研修期間に入って手伝ってくれることは難しいかもしれないが、
小生としては是非参加してほしいと願っている。
そうなることを期待して・・・。

小生がこよなく愛した“アルバイトのような正社員(アソシエイト)”君の話しでした。



そして、「今日の一言」・・・。

「心に一処に対すれば、事として通ぜざるなし。」

(安岡正篤先生のお言葉)

自己というものを本当に仕事に打ち込んでいく。
そうすると、自分の対象である仕事は、自己と一つになることによって精神化される。
すなわち対象に“魂”を入れることが「対心一処」である。


佑太君へ送る言葉。仕事はこれぐらいの境地で行うと本物になるらしい・・・。

〈PS〉
またまた人員不足。誰か紹介してくださーい。(笑)
Commented by 北のボランティアスタッフ at 2008-12-22 22:03 x
セミナーでお世話になりましたボランティアです
佑太くんとは花岡さんでしょうか? その節は大変お世話になりました
会場では水元さんや純子さんから罵声?(笑)を浴びながらも
柔らかな口調で私たちボランティアに指示を出していたのが
印象的でした 世間は不景気だ不景気だとマイナスしか言わないけれど
こんなときこそ人知れず自分を磨かないとなあと花岡さんを見ていると思います 同じ業界にたずさわる者としていつかまたお会いできればなあと思います そのときに恥ずかしくないように頑張ろうっと


Commented at 2008-12-22 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おつかれさまでした。 at 2008-12-23 13:29 x
 こういう話題ほど「商人ねっとスタッフブログ」で取り扱って欲しかったです...最近の「商人ねっとスタッフブログ」は宣伝ばっかしでつまらないです。
Commented by クボタ at 2008-12-23 16:16 x
佑太君お疲れ様でした。第一回やる気と感動の祭典では、ボランティアとして働かせていただきました。大学生でありながらあれだけの仕事を責任者として実行され、また中身の濃い日々を半年以上続けられたことは、今後の人生に役だつことと思います。私も若い佑太君に負けずに努力していきたいと思います。
Commented by カメラ大江 at 2008-12-23 22:46 x
佑太さんお疲れ様です、第一回、第二回のやる気と感動の祭典ではお世話になりました。
第一回の時は水元社長にインカム越しに怒鳴られてばかりでした
二回目では自主的に動いてトラブルに対処してた姿が自分の位置から見て印象的でした。
水元社長は『毎回のように“叱っていた”時の方が彼は目が輝いていた。』
とおっしゃっていますが、叱られている間は受け身で良いですが与えられた量しか成長しない、
しかし任されている時は責任感で押しつぶされそうになりながら大きく成長できる。
そんな体験を大舞台で肌で感じた大学生はそうそう居ないでしょう。
今後の花岡さんの活躍に期待しています。
Commented by roco at 2008-12-25 11:13 x
花岡さんお久しぶりです(*^_^*)
「第2回やる気と感動の祭典」ボランティアスタッフとして参加させて頂いたrocoです。

私にとって責任者だった花岡さんの印象
「とっても物腰の柔らかい優しい方」だなと思いました。
そして落ち着きがすごーくある方。
本当に大学生だったんですか?(笑)

そして花岡さんとの思い出は酔った勢いで
横浜プリンスホテルのロビーでも土下座した後のでんぐり返し!
きっと私たちだけではないでしょうかね~(笑)
とっても楽しかった「飲み」でしたね♪

これからも花岡さんの持ち前の楽しさと優しさをもって
成長していって下さいね♪

応援しています!

*花岡さんのブログ、とっても気に行っています。
  「上海の匂いだ!!」ってフレーズが好きで
  時々使っています(*^_^*)


Commented by ゆうた at 2008-12-25 14:51 x
大学生のゆうたです。
たくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。

多くの方々に支えられていたことを再度実感致しました。

経験もスキルもない僕をアルバイトとして迎えて下さった、水元社長。
失敗ばかりの僕を根気強くフォローし続けて下さった、スタッフのみなさん。
そしてセミナーにボランティアで参加頂いたみなさんにも、
たくさんご迷惑をおかけ致しました。

多くの方と出会いの中でたくさんの経験を得ることが出来ました。

僕は今、感謝の心でいっぱいなんです。
でも、自分の言葉で伝えるには経験が足りないので、
社長の言葉をモデリングです。

多謝☆
by akindonet | 2008-12-22 17:43 | Comments(7)