商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「やる気と感動」が人を、お店を変える

12月の「アファメーション(積極宣言)」

「12月の目的は、最大の売上高と最高の粗利益高を
最小の在庫額で実現する。」



今日は山梨・・・。
23連戦もあと、1週間あまりで終了・・・。

もう、ここまでくると、気分はウキウキです。(笑)

ところで、12月商戦、みなさんいかがですか?
小生はすごく心配していたんです。

しかし、お伺いしている企業のほとんどが、業績が良い

悪くない。
「不景気」風はどこに飛んでいったのだろうか?という感じ。
でも、ここで気を緩めることなく突っ走ってください。

それと、もう一つ。
面白い傾向。

近頃、小生に報告する資料が多くなって来ているということ。
かなり、3月の「第三回やる気と感動の祭典」をみんな意識している。
いいことです。

みなさん、「12月の結果で3月の発表者を決定します!!」
最後まで、諦めずにがんばって!

ところで、今日は「やる気が感動を呼ぶ」について・・・。
先週の後半は、ずぅ~っと高知でした。
その中で「やる気」をひしひしと感じたことがあった。

まずは、サンシャインチェーンの新店「クラージュ」
日曜日にまたまた連れて行かれる。(笑)
さすがに日曜日、ほとんど販促を打っていないのに“凄い客数”
でも、この客数は小生にとっては想定の範囲内の光景

それよりも、平日対策の指示をする。
クラージュの全チーフ、本部の全バイヤー、そして経営幹部が
休憩室に入り、小生の“激”が飛ぶ。

店は「千客万来(せんきゃくばんらい)」なのに・・・。
でも、その中で「さすが!サンシャイン!!」という出来事を見た。
それは、木曜日に売場で売場変更の指摘をしたことを、
「青果」・「塩干」・「精肉」・「和日配」がすぐに実施したこと。

そして、その変更がすぐに「効果・結果」として表れていること。
スピードが他社と全く違う。
これが「奇跡のサンシャイン」といわれる所以か・・・。

「すぐに指摘されたことは直す。」
当たり前のことであるが、それが出来ないのが現実。
それをすぐに行う。
そうすると「結果」が出る。

「結果」が出るから「やる気」が出てくる。
「やる気」が出てくるから、お客様が「感動」する売場に挑戦できるんです。

今後の「クラージュ」に大いに期待する。
そして、「ガイヤの夜明け」で特集された「ラヴィーナ」
その中でも、元気・やる気では誰にも負けない女性がいる。
酒担当の久保さん。

ボジョレーヌーボーの予約を1人で400本近くとってしまう女性。
そして、驚きは11月20日午前0時に「世界で一番早く売る店」
実現してしまったんです。

そうです。
店閉店後、店長・副店長・生鮮部長の応援をもらい、
自分で「自家製おでん」を大鍋で5枚分作り、「おでん食べ放題」という
とんでもない「サプライズ」企画で、店頭(外)で
4人で午前0時にボジョレーヌーボーを販売したんです。

そして、驚きは午前0時にスタートして2時間で21本も売ってしまった。
競合店のサ○ーマートの店長も、午前0時30分ごろに部下の方と共に
「競合店調査(笑)」に来られたそうです。

「本当にやられたんですね。凄い。」
といって、おでんを食べ、ワインをこの久保さんから無理やり
売りつけられて帰られたそうです。

この日は、ものすごく寒い日で、1本も売れないんじゃないかと思っていたそうです。
みなさん、どうです。
ここまで必死に「ボジョレーヌーボー」に対する
“思い”を持っておられる担当者の方がいますか?


この「情熱」が「人を動かす」んです。
そして、周りの人が「感動」するんです。
「スーパーマーケットの仕事って、楽しいんですよ。」

そして・・・。
「仕事って、とっても楽しいものなのです。」

「感動」は人を動かします。
いや、感動しか人を動かせないのかもしれません。

これからの12月商戦の後半戦。
「やる気と感動」が大きな成果として皆さんに返ってくることでしょう。
みなさん、「やる気100%」ですか?
「アフォメーション」を意識化していますか?

意識し、行動すれば、必ず実現できます。

そして、今日の一言・・・。
「人々貴き物の己に存在するを認めんことを要す。」
(吉田松蔭の言葉)


人々は貴いものが自分の中に存在することを認める必要がある、
ということらしい。
Commented by スーパーマーケット従業員 at 2008-12-16 02:03 x
感動的なお話、ありがとうございます。先生のブログは、いつも勉強になります。
サンシャイン・ラヴィーナは、僕も行ったことがあるのですが、近くのとても大きな競合店に、ひけをとらない、「ヤル気」に満ちた、充実した売り場だったので、僕は、驚きました。

ところで、僕は、数日前、雑誌「スーパーマーケットの店長会議」第2号(オフィス2020新社)を読んで、その充実した内容に満足し、共感をしました。 高質スーパーを特集した号で、サンシャインチェーンの記事、田村弘一氏の記事があり、そして、われらが水元先生の寄稿記事も8ページにわたって掲載されております。 水元先生は、写真で空手のポーズ(?)をとっておられます。
私は、この雑誌の関係者ではありませんが、この雑誌(この号)は、本当に充実した勉強になる内容で、スーパーマーケット関係者の方には、一読をおすすめします。
Commented by 商人伝道師 at 2008-12-16 09:23 x
コメントありがとうございます。
あの本に、あんな写真が載っていることも、記事が載ることも一切しらなかったんです。(笑)
だから、うちの"スパコディ純ちゃん"が写真を見て、スタッフを゚大怒り"したのを覚えてます。
いつも、ブログ読んでいただき、ありがとう。

多謝☆
Commented by ダヤン at 2008-12-18 08:37 x
お酒を担当されている女性…凄いですね、びっくりです。
それと仕事って、ヤッパリ、スピードが、かなり必要ですよね。
机の上で、ああだこうだと議論ばかり言っていても駄目ですものね。
車は、動いてないとハンドルをきっても方向が変わらないし、船も碇泊したままで舵をきっても舳先が、舵をきった方には向かないですものね。

スピードが速いほど、ハンドル、舵をきった時の方向変更は、早くできますからね。
Commented by 商人伝道師 at 2008-12-20 08:03 x
ダヤンさん、コメントありがとう。
これからは、「スピード」が全て。
「議論する前に、動け!」
「やりながら考える」
ですよ。
そうでないと、時代のスピードについていけない。
それと、これからは「他人からはアホと思える」ぐらいのことをやらないと、成功しないんです。
ダヤンさんも"挑戦"してみてください。

多謝☆
by akindonet | 2008-12-15 14:56 | Comments(4)