商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「鍋パーティー・・・」

今日は東京でセミナー講師・・・。
その後、夜は「お楽しみ会」・・・。

お金がないので、オフィスで「鍋パーティー」
その為に、自宅から鍋とコンロを持ってくる。
満員電車の中を・・・。

とにかく、何かあるとすぐに「飲み会」をする。
とっても変わった会社。

トップが「飲みニケーション」が大好きだから、仕方ない。
いつも会社に居ないので、こういう時しか
「自分の考え方」を社員に伝えることができない。
時に、近頃「ダラーッ」としている時だけに、今日は「気合い入れ」もある。

ところで、実は昨日、夕方から埼玉県越谷市にOPENした
「イオンレイクタウン」に行ってみた。


東京ドームが5個も入るSC。
とてつもなく大きかった。

でも、こんな大きいSCって「今、必要なの?」という感じがしたのは
小生だけではないと思う。


なんか「戦艦大和」のような感じがする。
いろんな機能はあるけど、身動きが取れない“巨大戦艦”。
買い物する立場のことを考えると、こんなに広かったら疲れるだけ・・・。
そして、中に入っているテナントもどこのSCにも入っているテナント。

全く魅力なし。

う~ん、厳しくなるかもしれない。

そして、その中に入っている「マルエツ」「ジャスコ」「成城石井」と
3店舗も食品売場があるが・・・。


マルエツさんをみて、久しぶりに「スタンダード型」SMを見た感じ。
正式に言うと、「進化」していない。
ちょっと期待していたんだけど・・・。


「成城石井」さんは、“インショップ型”でこんな感じでの
SC出店ってありかもしれないと思った。
非常に「リスク」のない店舗。駅ナカ出店よりも出店立地としてはいいかもしれない。


そして「ジャスコ」。
久しぶりに「ジャスコ」という店名を見る。
「ニューへの挑戦」をいたるところでされている。
そうとう人時をかけている。
本当に、これが長生きするのか・・・。
他のSCのように「開店花火」のようにならないことを期待する。


この「イオンレイクタウン」を見て思ったこと。
それは、これからより一層、
スーパーマーケットの時代がくるのかもしれないということ・・・。

高度成長期は、GMSがシェアを伸ばし、その後はSCがシェアを伸ばしてきた。
しかし、もうSCも“飽和状態”の様な気がする。

それからすると、まだまだスーパーマーケットの出店余地はある。
問題は、いかに「特徴(チャームポイント)」をつくるかだと思う。
これからは「個性の時代」と言われて久しい。
でも、その「個性」って、出すのがとても難しい。


個性は店舗だけでは出ない。
「鮮度」「品揃え」「接客・サービス」「運営」など、
ソフト面での「個性」が、これからクローズアップされてくると思う。

ここ5~10年、「ハード面」での個性を出した店舗が、脚光を浴びてきた。
これからは、「ソフト面」での個性を出した店舗が脚光を浴びる時代が来ると感じた。

特に昨日、お久しぶりに大手チェーンの売り場を拝見させて頂き、
今、小生がクライアント企業などに要求していることが
いかに「アウトスタンディング」なレベルであるかが、立証できた。


もっともっと「見える化」していき、
ソフト面での「個性」で競合店との違いを出していくことがこれからの
時代にフィットするな~っと帰りの車の中で、考えたのであった。

時代は間違いなく「動いて」来ている。
変化が顕在化していると感じた「レイクタウン」視察であった。



そして、今日の一言・・・

「エリートとは、断れば断ることのできる債務を、あえて受諾する者である。
自分自身の上に、困難を積み重ねる者である。」

(スペインの哲学者 オルテガの言葉)


変化の時代において、進んで困難に立ち向かうことのできるものだけが、
人生におけるエリートではないだろうか。

by akindonet | 2008-11-17 17:19 | Comments(0)