商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「ガムシャラに生きる」…。

今日から、広島へ…。

多分、1年の中で一番多忙を極めるのが、この時期。
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の、
小生が受け持つ「商売繁盛虎の巻」「X'mas・年末商戦」の収録がある為…。

「商売繁盛虎の巻」はこちらから…。
http://www.akindonet.com/movie/toratora.php


X'mas・年末商戦の収録だけで約12時間
準備に、その約5倍の時間を要する。
だから、もう“超睡眠不足”の日々が続く。
準備や収録があるからといって、「スケジュール」調整できるはずもない。
今週も全国を飛び回る。

その中での準備と収録。

それに加えて、セミナーや講演資料づくり。
正直言うと、「投げ出したくなる」時期…
しかし、「投げ出したい」と思うということは、
まだまだ真剣さが足りないんですよね。

忙しさを楽しむようでなければならない。
忙しいことが苦痛になるようなら、まだまだ仕事に対する姿勢が甘い。

「よ~し、楽しくなってきた~」と思えるようでなければならない。

そうですよね。この現実は受け止めなければいけないのだから…。
自分一人が大変ではないんですもんね。

収録するには。「テロップづくり」が必要だし、セミナーや講演するためには、
「パワーポイント」「レジメ」をつくってもらう人が必要なんですからね。

だから、小生の資料提出が遅くなればなるほど、その人たちの負担も大きくなる。
そういうことを考えなければならない。

しかし、どうしても「自分が甘えて」遅くなり、みんなに迷惑をかけている自分がいる。
本当に申し訳ないと思っている。

みなさん、仕事を楽しんでますか?

波に乗っている時は楽しい。
しかし、波に乗り切れていない時は辛いですよね。
本当の人間の真価は「波に乗り切れていない時」にでると、小生のメンターから言われた。

わかっちゃいるけど…。
いざとなると…。

そうですよね。
その時に小生は、どう考えるようにするか?!

それは…。

「とにかく、ガムシャラにやってみる。
やって!やって!やり抜いてみる。」


「猛烈にやると、何か効率みたいなアイデアが生まれる。
 ガムシャラにやってみると、意外とスルスルと進んでいける。」


ことがあるので、とにかく、猛烈に、ガムシャラにやります。
もう、何かに取り付かれたようにやります。

それが「楽しむ」ということなのかな?と思うようになったのは近頃。

「悩んでいても、苦しいと思っていても、何も解決しない。」

とにかく、ガムシャラにやり抜く。
それしか、小生には「能力」がない。
この「ガムシャラ」さが小生の取り柄なのですから…。

しかし、本当に多いんです。
仕事の量…。
この時期…。

それに、11月11日~12日の「やる気と感動の祭典(セミナー)」の集客活動も
今は入っている。

誰か、この集客の方は助けて~。活動しなくても集まって~!!

“心の叫び!!”でした。

「困難は逃げると、追っかけてくる。勇気を持って真っ向から立ち向かう。」

すると、自然と解決する。

なぜかって…。

それは、「その人間に解決できない問題や困難はやってこないから…。」

解決する可能性がある問題しかやってこないんです。
だから、逃げたらダメなんですよね。

あ~、すっきりした。
今日は、みなさんに小生の「ストレス」をぶつけました。

「ストレス発散」できました。(笑)

今日は、すごい「自己中(ジコチュー)」のBlogでした。
ごめんなさい。

そして、「今日の一言」…。

「絶対勝つと思ったら、勝つ。
 高く昇ろうと思ったら、高いところを思え。
 勝つのは、たいがい、勝てると思っている人間だ。」
(ゴルファー アーノルド・パーマーの言葉)



☆★☆★☆★「やる気と感動の祭典(セミナー)」事務局からのお知らせです☆★☆★☆★

ボランティアスタッフを募集しております。興味のある方は…

「ボランティアスタッフ」の応募・お問合せはこちらから↓。http://www.createlink.co.jp/seminor/yaruki/
Commented at 2008-10-06 20:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 実務者 at 2008-10-10 11:13 x
水元先生、
消費税についての、僕の考えを聞いてください。
 日本の消費税は、全消費に対してかけられる型の、世界では特例の消費税です。
世界の消費税は
食品非課税、食品は、低率がスタンダードです。
やはり、小売の場合、売価100円のものを105円(消費税5%の場合)、107円(消費税7%担った場合)売ることは、現実的には出来ず、100円になってしまいます。
 店サイドが、売価を上げずに、カバーしているのではないでしょうか(今後も)。
もともと、小売の営業利益は5%~なのに、内税や、消費税アップに、SM関係者が、幸福になれない、悪法が、消費税の外税化です。
◆ 小売業の外税化の復活
◆ 食品は、低消費税率や、もしくは、食品非課税
を、小売業者か、叫ばなければならない。
最小限、政治にも、働きかけなくてはいけない。
(内税のまま、というケースも想定して、実務もやっていますが)
水元先生、ご意見お聞かせください。

Commented by 商人伝道師 at 2008-10-10 17:10 x
「実務家」さん、コメントありがとうございます。
そうですね。
消費税については、小生はこんな考え方もってます。
1。消費頻度の高い商品の消費税は低率にする。
2。消費頻度の低い商品は高率にする。
3。そして、外税方式の復活。
4。消費税は大幅に上げ、平均10~15%程度にする。
です。しかし、今の政治家はこれを実行できるかな?
イギリスのサッチャーのような「冷徹な女」みたいな政治家が出てくることを期待してます。
以上です。

多謝☆
Commented by 実務家 at 2008-10-10 23:53 x
ありがとうございます。
水元先生の案なら、説得力あります。
( 今後、日本に水元先生のようなタイプの政治家がでてくること、期待します)

ちなみみ、04年の数値ですが
イギリス、 消費税17.5% 食品は、0%
オーストアリア消費税10% 食品は0%
フランス、消費税19.6% 食品5.5%
スイス 、7.6% 食品2.6%

 日本では、すくなくても、消費税の外税化の復活が、小売業には、必要だと思います。
チェーンストア協会や、セルフサービス協会など、各種団体が
政治に、働いていただけないかとも思います。

実務家ですので、現場でふんばります!


 
by akindonet | 2008-10-06 17:48 | Comments(4)