商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「脳」と「心」の関係。

九州地区スーパーマーケット協会連合会主催のセミナー講師2日目。
朝10時~夕方4時30分まで。
1時間30分~2時間の講演が、今思うと羨ましい。(笑)
しかし、5時間30分でも話しきれないのですから、
本当に根っから好きなんですね。
我ながら、笑ってしまう。

もっと、「力を抜けばいいのに…」
でも、要領が悪いから仕方ないですね。



ところで、今日は「脳」について…。

みなさん「ナニ・ナニ・ナニ…」と思われたでしょう。
もっと、ひどい人だと「とうとう商人伝道師」宗教の道へまっしぐらか…。
なんて、思われた方もおられるでしょうな…。ハハハハ…。

実は、そんなんじゃなくて素直に、この「脳機能」を勉強して
コンサルティング方法に活用できないかと思っているんです。

よく、「普通の人は、人生のうちで脳機能の1~2割しか使わない」と言われているでしょう。
また、先日の「やる気と感動の祭典(セミナー)」の基調講演で
サンシャインチェーン相談役竹島寬氏が、頻繁に「脳みその改装」という言葉を言われていましたよね。

だから、ちょっと「脳機能」の勉強をしてみようかな?と思い、
いろんな本を今、読んでいます。
そこで、分かったことを、少しおすそ分け。

まずは、「脳」「心」の違いについて。

みなさん、どうです。
「脳」「心」違いって何だと思いますか?

実は、「脳」と「心」は同じなんです。

難しいことを言うと、情報空間の働きのことを「心」といい、
物理空間の働きを「脳」と呼ぶんだそうです。
何だか、分からないですよね。

例えば、こういうことです。

体が怒りの感情を誘発する出来事に遭遇した時に、
「頭にきた」という表現をしますが、
脳は「頭にきた」とはいいません。
心が「頭にきた」という訳です。

ですが、「頭にきた」という心の動きがある時、
脳の働きからみれば血圧が上がるとか
アドレナリンが分泌されるとか、
生体の物理的なホメオスタシス(恒常性維持機能)も引き起こされている訳です。

ちょっと難しかったですね。(笑)

要するに、「心の持ち方」とは「脳の使い方」と同義語ということなんです。

次に、「モチベーションが長く続かないか?」について。

よく、こういうことを聞きます。
「こうすれば変われるよ。」と具体的な方法を教わって
本人も、その場では「よし、やるぞ!!」と意気込んだとしても、すぐに諦めてしまったり、
又は自分を変えるための行動に移れないということがよくあると思うんです。

こういうことに対し、一般的には「やる気や根性がない!!」という話で片付けられてしまいがちです。

実は、人間の脳には、元々そうした変化を避けようと働く機能が備わっているのです。
ですから、現状を簡単に変えられないのは、ある意味、当たり前らしいんです。

人間は、知らず知らずのうち「そこに留まりたい」というゾーンを
意識の中に作り出すんだそうです。
これを脳科学的には「コンフォート・ゾーン」と言うんだそうです。

いくら「変わりたい」とか「現状を脱したい」といっても
できあがっているコンフォート・ゾーンからはでないように
思考や行動を勝手に制限してしまう脳の働きがある。

では、どうするのか?

それは、コンフォート・ゾーンをズラすことらしいんです。
何でもいいから暫定的にゴールを一つ作ることから始める。
重要なのは、その達成までに必ず期限を設けること。

1年で売上げ200%まで持っていく。」
5年でバイヤーになる。」

でも、なんでもいいらしいんです。
問題は、あまりにも身近な目標だと、コンフォート・ゾーンをズラすことには繋がりません。

むしろ、どうやって実現するのか、
現在の自分からは見当もつかないくらいの方がいいらしいんです。
期限についても、実現可能かどうかということを考える必要はない。

ポイントは目標や期限を設定した時、
未来においてそれを達成するのであれば、
「今の自分はどうならなければならないか?」ということを想定することが大切
なんだそうです。
その「今、こうなっているべき自分」にコンフォート・ゾーンを持っていくことなんだそうです。

そうすると、思考や行動を勝手に制限する脳の“基準”が上がるんだそうです。
要するに、目標や期限を設定し、「今、こうなっているべき自分」になるように
行動をおこすことが、脳のコンフォート・ゾーンを上げることになるということらしいんです。

その為には、脳(心)に刺激が必要らしいんです。
「脳をマヒさせる」・「心を揺るがす」刺激が…。

そうすれば、行動できる。
それを繰り返すごとに「コンフォート・ゾーン」の基準が上がってくらしいんです。

だから「脳」に対する刺激が必要なんです。

お分かりでしょうか。
みなさん、脳への刺激を設けてますか?
目標や期限を設定してますか? 途方も無い…。

アレッ!?誰だ!! 小生のスタッフが笑ってます。

そうです。小生のオフィスには、この途方も無い「目標と期限」が至るところに貼ってある。(笑)
これからのコンサルティングは「脳」や「心理学」の勉強をしなければ
ダメだなぁ~と近頃感じて、このような勉強してます。

しかし、変わっているでしょ。小生。
こんなこと考えているコンサルタントいないですよね(笑)。

だって、「結果を出すこと」が小生の使命ですから…。
実は「やる気と感動の祭典(セミナー)」の運営にも
この「脳機能」のシステムがプログラミングされているんです。
おわかりでしたか?

今日は、途中から何を書いているか分からなくなったBlogになってしまいました。(笑)

そして、「今日の一言」…。

「人生における悲劇は、目標を達成しなかったことにあるのではない。
 それは人生に目標を持たなかったことにある。」
(アメリカの教育者 ベンジャミン・メイズの言葉)

Commented by 継夢 at 2008-09-26 00:42 x
いつもありがとうございます。
 水元先生に、一つだけ、お願いがございます。
水元メソッド(SMの新思考・新常識)の用語集を、お願いできないかというものです。
 水元メソッドのオリジナル用語ふくめ、50くらいございます。(ライブ販売、味比べ、コト販売、超鮮度、夕方再開店、3-3-3、MDマトリックス、モデリング、基準を上げる、価値の見える化、Newへの挑戦、消化率、アウトスタンディング、改良・改善・進化、量頃感、非効率の効率化、 5つのコト、サプライズ商品、知識・観識・胆識、小売業のブルーオーシャン戦略 など)
すべて、新常識・新思考の用語です。
本来なら、自分でまとめればいいのですが、最初が肝心で、きちっとしたものを、部下とともに学んでいきたいです。
 そして、実施するメソッドの優先順位、実践した進捗状況を、部下と共有化したいのです。
 すいませんが、ご検討ください。

PS,カツノリ君と古田選手のこと、お騒がせいたしました。
ありがとうございます。すっきり、しました(感謝)
YMCA秀樹も、そうなんですか。
人財で~す。今後とも、後輩をよろしく、お願いいたします。
by akindonet | 2008-09-25 18:19 | Comments(1)