商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

事故米・汚染米について

 今日は、流通業界専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の撮影。
朝10時にスタートして、昼2時過ぎに終了。
その後、撮影スタッフ(YMCA秀樹君と梅ちゃん)と「うなぎ屋」へ・・・。

そして仕事・・・。

「アレッ!?日曜日だった・・・。」忘れていた。

ところで今日は事故米・汚染米」について・・・。
「事故米」不正転売問題は、とめどもない広がりを見せている。
いったいどこまで広がることやら。また、消費者の食に対する「不安・不信」が広がる。
「風評被害」もこわい。

「事故米・汚染米」の不正転売して、分からないと思っていたんだろうか?本当に。

それにしても、一番悪いのは、「農林水産省」。加工用で使用する量以上の米を払い下げすれば、
不正するに決まってる。
それを見て見ぬふりをしているとしか思えない。
今日の「日経新聞」コラムに、こんなことが書いてある。
-------------------------------------------------------------------------------

  将棋の谷川浩司九段が若き日に敬愛する大棋士、升田幸三と食事した。
 その席で、「谷川の将棋は全部見ている」と言われたと言う。
 史上最年少の21歳で名人になった才能溢れる青年は、升田が注目してくれることをが
 大変嬉しかったと振り返る。
 「どれだけの目がその人に向けられているかが大切なのではないか。
 逆に言えば、自分に向けられている目にどう気付き、どう応えていけるかです。」
 とは、朝日新聞に載った俳優仲代達矢さんの言葉だ。
 見ることで人を励まし、守り、鍛える。
 見られることで人に励まされ、守られ、鍛えられていく。
 そんな世の未来は、もうどこかへ消えていってしまったのだろうか。
 「事故米」不正転売問題に見えてくるのは、業者に向けられた農林水産省の
 おざなりな視線。
 そして、その視線をかいくぐって不正を図る業者の卑しい心根。
 何とも寒々しい景色ばかりである。
 国民目線だか消費者目線だかも、大臣・次官の座を失った二人にとっては
 ちょっとしゃがんでみました程度のことだったに違いない。
 その目に映ったのは、「役所に責任もないことでジタバタする消費者」の姿なのだろうか。
 そんな目にいくら見られても、励まされた、守られた、と思うお人よしはいやしない。
                    (春秋より)
-------------------------------------------------------------------------------
すべてこの論説が言い当てている。
でも、この「事故米」対策をしなければならない。
では、どうするか・・・。

方法は「コト販売」しかない。
チラシやPOPにこんなことを書いてみては・・・。

「またまた起きました。食品に対する事件。
もう国も守ってくれない。メーカーも信用できない。
家族の健康を考えながら、やはり自分達で自分達の健康や安全を守るしかないのです。
(悲しいことですが・・・)
そこで当店では、これから一ヶ月間、自信をもってお奨めする商品は、製造している
メーカー様の思いを直接伝えるPOPを用意しました。

是非、それを読んで頂き、信用・信頼できると思われたらお買い求め下さい。
当店は、第一にお客様の健康・安全を考えて、これから努力(販売)致します。」

ちょっと堅いですが、これくらいはアピールしないといけない。
「証明書」や「事故米」を使用した米菓はありません。というPOPではダメ!!
もっと詳しく「思い」を伝えるべきだと思う。
私達は、「エサを売っているのではない。地域のお客様の食生活の向上するような食品を
売っている」ことを全面的にPRするチャンス。
「食」をエンドユーザーに提供する者としては、これくらいの「不」の解消をしても
よいのではないでしょうか。
あぁ~あ、また“過激”なことを提案しましたね。
でも、こういう時ほど、自分達が扱っている商品に自信をもっている企業や店ほど
支持される。

“ピンチはチャンス!!”

こういう事件も「潮目が変わる」きっかけになるのです。
「損得より先に善悪を考えよ!」
まじめに「お客様に向き合っている」企業こそが、これから支持される時代。
「利益やローコスト、そしてオペレーションばかりに向き合っている」企業、
お客様不在の企業は支持されない時代が間違いなく来ている。

そして、今日の一言・・・。

「子供たちは、私たちの最も価値ある資源である。」
    (第31代アメリカ大統領 ハーバード・フーバーの言葉)

危険な「食」から、どうやって子供を守ったらいいのか・・・。
国もダメ!メーカーもダメ!こういう時ほど、小売が立ち上がれ!!
Commented by かわた青果の山中です at 2008-09-21 23:45 x
水元先生に質問です。今、私がやっている店の坪数は、たったの40坪しかありません。どうしたら、他社様のような、売り場作り、基準作りができるでしょうか。いまいち、イメージができないんです。こんな質問、大変、申し訳ありません。でも、もっと、もっと、売上、利益をあげたいのです。知恵と、ヒント、できれば、お願いします。申し訳ありません。
Commented by 商人伝道師 at 2008-09-22 07:40 x
山中さん、ありがとう。
小生は、売り場面積は全く関係ないと思うよ。
この前のセミナーを聞いて、自店の基準と違ったことありましたか?それをまずピックアップする。そして、それに優先順位をつける。その一番から「結果が変わるまでやり続ける。」
肝は、やってますレベルではダメ!見えてます・結果が変わるレベルまで"やり抜く"こと。
結果期待してます。
多謝☆
by akindonet | 2008-09-21 16:21 | Comments(2)