商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「年末商戦」総括?!

2007年もあと2日。

もうここまで来たら、ジタバタしても仕方ない。

計画通り、粛々と事を進めていきましよう。
自分たちの「事前戦略」が間違っていないことを信じて・・・・・。

今日は、「年末商戦」総括について・・・・。

「まだ、終わってねえじゃねえかよ!」
と、みなさん思ってますよね。

でも、小生の中では、終わってます。
結果は、売り場を見ればわかります。

そこで、大手量販店を中心に「年末商戦」の仕掛けについての総括を・・・・。

1。やっぱり、メインディッシュは「寿司」。
ただ、提案量目が小さくなっている感じです。
また、刺身に比べると、一貫当たりの単価が低い。
これは、狙い目です。
1貫150円以下ですもんね。
まだ寿司の「価値」が見えてないから、1貫150円以下なんだね。
まだまだ、伸びることを確信しましたね。



2。刺身盛り合わせは、今年は高いね~。
大手量販店の中には、6点2980円・8点3980円なんていう売価がチラシに載っている。

これは、原料高による「売価転化」ですね。
グロッサリは「価格据え置き」宣言している割には、大胆な「価格転化」。

う~ん、このあたりが大手量販店と"勝負できるポイント"かな?

3。和牛は、「肩ロース」中心に、"解凍"商品が多いですね。
このあたりは、戦略的な"勉強"になるし、逆に「違い」の見える化できるチャンスかな?

4。今年は、"豚肉量販"元年だったですね。
牛肉が相場高だったから、"こだわり系"豚肉にシフトしてきていますね~。
まあ、「想定内」。
心配いらず。
でも、もっと豚肉仕掛けてくるかな?と思ったけど、意外と少なかったです。
このあたりも"狙い目"ですね。


5。おせち材料は、かなり消極的ですね。
大手量販店は、完璧に、おせちは「セット化」にシフトしていますね。
このあたりも"狙い目"ですね。

ちなみに、小生は、"単品訴求派"。
まだまだ、売れるよ。
おせちの単品!
仕掛けでの「違いの見える化」できればですね。



6。かき揚げの「300円」時代が来ましたね。
エビ天の売価アップが限界にきているから、次は「かき揚げ」の単価アップに向かっている。
これは、当然だろうと思いますね。



7。「中華オードブル」多くなりましたね。
揚げ物中心の「オードブル」が飽きてきてるんでしょうね。
みなさん、「オードブル」も根本的に見直さなきゃいけませんね。

それにしても、なぜ「おかず類のファミリーパック」を積極的にやらないのかな~。
売れるのに・・・・。

8。意外な感じは・・・

・鴨がチラシに多く掲載されていること。

・納豆などの日常商品がチラシに多く掲載されていること。

・「スイーツ」が意外と販促していない。ウシッシッ・・・(笑)

・雑煮、年越しそばの販促が弱いこと。



というのが、今までの「年末商戦」総括です。

これは、あくまでも、小生が打ち立てた「事前戦略」との違いを述べたものです。

しかし、最後にすごく感じたこと。
それは・・・・
"年末商戦を無理しなくなったこと!!"

これは、チャンスですね。
だって、百貨店などの人手をみると、まだまだ年末ニーズは高い。

あとは、いかに「価値の見える化」できるかでしょう。

しかし、いろんなスーパーマーケットを見たけど、
この「価値の見える化」。
下手だね~。ほんとに下手!!

「これじゃ、安い商品しか売れんわ!」
と思います。

小生のクライアントの昨年の年末商戦写真を見ているだけに、そう思う。


「消費の二極化」
と言われて、久しいのに・・・・・。
まだ、それが、売り場に「具現化」できていない。

だから、まだまだ、大手と戦う、"術"があるということ。


今日は、"日本一早い"年末商戦の総括でした(笑)。


そして、「今日の一言」・・・・・。

「20世紀は"技術革新"の時代。
21世紀は"提供技術革新"の時代」

(小生の手帳に書いている言葉)




<正月の業務休暇>

12月29日~1月3日

です。
よろしくお願いします。

by akindonet | 2007-12-30 12:09 | Comments(0)