商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

賀詞交歓会

今日も高知・・・。南国なのに寒い。

なんか、ものすごく忙しい日々を過ごしている。
「時間管理」、「人の使い方」のまずさを痛感している。

今、一番悩んでいることは、
来る1月16日の
「新春特別セミナー&賀詞交歓会」
の申し込みが意外と少ないこと。


正月の1月16日という日が悪いのか?
セミナー時間が長いのが原因か?
それとも、“横浜”という場所が悪いのか?

すごく悩んでいます。
2年に一回の開催。
それも、講演(セミナー)がなんと5つもある。
そして、最後に「賀詞交歓会」もある。なのに・・・。
実は小生の気持ちの中では、今回の開催を最後に、
この「新春特別セミナー&賀詞交歓会」は終了すると決めている。

理由は、独立して10年目の節目であること。
再度“基準”を上げるために、あえて毎回“感動”のあるセミナーを
終了することに決めた。

だから、今回は、今までのセミナーに比べて、「気合い」の入れ方が違う。
今までの「新春特別セミナー」の何倍もの仕掛けと内容になるように、
弊社スタッフは11時ごろまで準備している。

しかし、・・・・・・。申し込みが少ない。

自分の基準が下がっているのであろうか・・・。
もしも、まだ参加を考えておられる企業様、ならびに個人の方々、
お申し込みお待ちしております。

また、小生のクライアント企業のみなさん、
今回がこの「賀詞交歓会」も最後です。
みんなで、“有終の美”を飾りたいのです。
まだ、お申し込みいただいていない企業様、お申し込み下さいませ。

みなさん、不思議に思われるでしょ。
「なんで、そこまで執念を燃やすんだ!!」って。

小生の会社の社訓の一つに、
“真の幸せは「善行、利他行」を積むことである。(積善の家に余慶あり)”
というのがあります。

とにかく、スーパーマーケット業界の為に、
そして、お手伝いしているクライアント企業様の為に、
「お役立ち」することが自分の人生の使命であると思っているからです。


今回の「新春特別セミナー&賀詞交歓会」は、正直採算度外視です。
今までお手伝いさせていただいた報酬を、少ないですけど還元する目的もあります。

ですから、今回、基調講演される結城義晴先生にも
全く違った切り口でお話していただくようお願いしていこうと思っています。

全国のスーパーマーケットマンに
「夢と希望と勇気」を与えてもらいたい。


また、今回の“超目玉”である、3名の店長には、
“魂”を入れた発表をさせるつもりでいます。
とにかく、本人の“生き様”、“闘いに勝った執念”を発表させるつもりでいます。

そして、小生は、平成20年をずばり“斬り”ます。
サプライズのある内容になるよう、考えています。

そして、「最優秀店長、部門賞」
これは小生のクライアント企業から選出するのですが、ものすごく選出に苦労する。
実は、一日、一人ホテルにこもって
じっくりいろんな角度から分析して決めます。

まだ、決まっていない。苦しい・・・。
そして、受賞者は、“最高のパフォーマンス”の中で祝ってあげたい。
いわゆる「親心」
このように2年に1回の「新春特別セミナー&賀詞交歓会」は、
“執念”を燃やしてやっています。

ですから、他のセミナーとは全然違います。
どれくらい違うか?

全く違う!!


なんか答えになっていないけどそんなかんじです。
6回も続けた最後の「新春特別セミナー&賀詞交歓会」

“有終の美”を飾りたい。
強く、強くそう願っています。

Blog愛読者の方々、クライアント企業の方々、
お申し込みおまちしております。


あーーーー、今日は「セミナー」の押し売りになってしまった・・・。

ごめんなさい。


そして、今日の「一言」・・・。

「成功の鍵は、的を見失わないこと。それに時間とエネルギーを集中する。」

(ビル・ゲイツの言葉)

Commented by 同世代経営者 at 2007-12-08 21:06 x
時間管理のまずさを感じているには、”弊社スタッフは11時ごろまで準備している。”ということを平気で言う。なぜそんなに遅くまで残業しているのかを考えないのが不思議である。
それ自体が時間管理のまずさとなぜ気づかないのか?
あなたにとってスタッフは単なる道具?
仮にあなたがそう思っていなくても、外からみれば道具扱い。
自らの時間管理もそうですが、スタッフの時間管理をすることも経営者として必要なのではないですか。会社ごと、考えは異なるのは当たり前てすが、以前かかれていた社員がすぐに辞めてしまう、人が集まらないというのを想い出すと会社内部の問題が大きいのではないのですか?
Commented by 商人伝道師 at 2007-12-09 21:22 x
コメントありがとうございます。
「社員を道具と思っている・・・・」ハハハハ・・・・・。
小生のスタッフが見たら苦笑いするでしようね(笑)

小生は、社員に対し、「仕事を与えて、自分たちで考えて、協力して仕事を全うする。」
が、方針です。
だから、任せた以上は、口出ししません。
ただし、報告の義務化はしてますが・・・・。
ですから、「道具」どころか、小生を無視して、業務を行っています。
だって、「早く帰れ!」と、いつも電話している小生がここにいますもん。(笑)
お後がよろしいようで・・・・・・。
Commented by 同世代経営者 at 2007-12-10 15:58 x
コメント返事ありがとうございます。
「仕事を与えて、自分たちで考えて、協力して仕事を全うする。」
だから、任せた以上は、口出ししません。
という考えは私も同意見です。
しかし、これまでのあなたのブログを見ていると、社員が我慢をしてあなたに言われたことをやり続けているだけに感じてしまう。
仕事を任せたら、私はそのスタートを確認し、定期的に正しい方向に進んでいるか確認しています。
任せる=無視して業務をおこなわせるというのが何か違うように思います。
経営者としての仕事のスタイル、考え方の違いなのでしょうね?
あなたの社員ががんばれているのは、きっとあなたの考えを十分に理解できている優秀なスタッフが集まっているのか、あるいは社員とまとめる優秀なリーダー的なスタッフ、あなたの右腕といえる人材がいるのでしょう。
ある方からこのブログを紹介されていつも楽しく見させてもらっています。同じ経営者としてお互いがんばりましょう。
by akindonet | 2007-12-07 20:01 | Comments(3)