人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「数字・データ」の見方・生かし方

日本列島、どこも寒波が訪れています。
そして、風邪が大流行しています。
毎日の手洗い・うがいの慣行が風邪対策になります。


当たり前のことですが、この当たり前のことを行うことにより、
体調を管理できますよ。
何と言っても、これからの “書き入れ時”に風邪で休むというのは、
休まれる職場の方も大変ですが、休む方もゆっくり休んでいられませんよね~
ですから、体調管理がすごく大切なのです。
自分の体調を管理できない人がリーダーになれますか?
自覚を持っていきましょう。


ところで、今回は「データ・数字」の見方を生かし方について・・・
近頃、「データ・数字」の見方や生かし方ができない方が多くなりましたね~


例えば、POSデータは一応見る。
しかし 、 生かし方が分からない。
また、毎日の売上げ・仕入れ・差益は記入している。
しかし、 記入の仕方や生かし方が分からない。
だから、年々、利益が取れなくなってきているのです。
悲しい現状です。
そこで、年末商戦に向けて、小生からの「ワンポイントアドバイス」


①「おせち・かまぼこ」の発注について
販売期限5日以内という“スーパー際商品”です。
12月31日を過ぎるとゴミになる商品ですが、この商品の見方が分かっていない。
発注の仕方が分かっていない担当者が多い。
例えば、昨年のデータをどこから見ますか?
この見方でロスが減るのですよ。


a.まずは、昨年売れなかった商品は大胆にカットする。
数量を減らすことはしない。
なぜか?
数量を減らせばもっと売れなくなるから。
まず、売れない商品を発見することが大事なのです。


b.次に売れ筋・売り筋商品を見つける。
そしてそれを大胆に仕掛けてみる。
20~30%増で仕入れてみる。
これを計画した“大胆な仕入れ”というのです。


c.そして、商品の導入をするのです。
キーワードは「商売繁盛虎の巻」でも述べているように、 「消費の2極化」です。
このキーワードで新商品の導入を決める。


d.最後にこれを忘れがち。
仕入れ総額を計算する。
例えば、売上げ目標が前年比105%なのに、仕入れ総額が前年比85%なら、
絶対に目標に行きませんよね・・・。
これを忘れる担当者が多いんだな~


というステップなのです。


いいですか!!
「見る」から「観る」へ、そして「診る」へと進むのです。
このステップで発注してみて下さい。
結果が変わります。


②「生鮮部門」の「差益管理表」の記入の仕方
毎日の売上げ、仕入れ、そして差益を記入している担当者は多いが、結果に結びつかない。
なぜか?
それは記入の仕方が間違っているから・・・。
小生の独自理論に 「マラソン方式」というのがあります。
それは、まずはゴール(毎月末の差益額)を記入するのです。;
そして、そのゴールタイムを達成する為の「途中計測」毎週日曜ごとにやっていく。
そうすれば、
「よし、このまま行けば、目標達成できる。」
とか、
「すこし、目標達成できてないな~、仕入れミックスをしっかりやり直そうか。」
とかを「意識化」できるわけです。
そうすると、 “結果” が変わりますよ。
(わぁ~、このブログ無料なのにすごい利益をプレゼントしてしまいました!!)


以上です。


数字は記入すれば良いというものではないのです。
「結果」を変える為に記入しているのです。

これを忘れて、「記入すること」が目的となっている。


また、発注も
「昨年のPOSデータをしっかり見て発注しろ。」
と言われるから、昨年のPOSデータを見てそのまま発注する。
正確に言うと、
「昨年のPOSデータを 観て 、思い切った発注をしなさい。」
というのが正しい指示ですね~。
そうしないと「結果」が変わらない。
だってそうでしょう。
昨年のPOSデータ通りなら、前年比95~103%が関の山だからです。
お分かりですかな?
今日は「データ・数字」の見方・生かし方についてでした。


今日の言葉・・・。

「調査する目的は前例を真似する為でなく、
“前例を真似しない為”である。」
(オリエンタルランド顧問 堀 貞一郎氏の談)



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓


Commented at 2009-11-04 08:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akindonet | 2006-12-04 17:17 | Comments(1)