人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

アートとクリエイト -映像部 Eぐち

みなさま、はじめまして。
商人伝道師様の下で修行しております、映像部門 Eぐち と申します。

今回は伝道師様から、自己紹介をせよとのことなので、
この場をお借りして私のことを書かせていただきます。

しかし、名刺に書かれているような自己紹介では、退屈かとも思いますので、
ここでは私の内面にあるものをみなさまに聞いていただければ、
と思い筆をとりますので、お楽しみいただければ幸いでございます。



私、Eぐちは、映像のクリエイターを目指して(自称して)おります。
同時に私はアーティストとも思っております。

アート(芸術)とクリエイト(創造)

世間一般では、アートと聞くとちょっと敬遠しがちな、
ちょっぴり高尚な分野だと思われています。
現代社会でアートというものは、
恐らく、音楽、絵画、伝統芸能、などを指すと思います。


しかし、アートは人間が本来生まれながらにしてもっている能力です。

クリエイト(創造)するということも、
地球上のどの生物も持たない人間だけのものです。

今から数十万年前、
電話もメールもない時代に我々の先祖は、
隣の集落に情報を伝達するために山の上に登って甲高い奇声を発して伝えたと言います。
これがスイスのヨーデルなどになったのでは、
と言われています。

つまり今でこそアートの分野にある“音楽”も、
かつては“ただ情報を伝達する手段”だったわけです。

だから、歌には必ずなにかのメッセージがこめられているのです。

人が何かを伝えたいと思い、
それを頭の中で想像(イメージ)します。
そしてそれをどう伝えるかという手段を 
<創造(クリエイト)>するわけです。

人はこれを私たちの生まれる数十万年前から行っていました。

人は考え、想像し、創造し、伝達することをしないと生きていけないのだと、
私は思います。

だから、人間はみなアーティストとクリエイターなのです。


そう考え今日も、
自分が人に一番伝えたいことを考えています。


Eぐち

PS 伝道師様、 昨日は素敵なライターありがとうございました。  
   この場を借りてお礼申し上げます^^


f0070004_11452519.jpg
Commented by sato-katsuhito at 2006-08-18 12:20
映像部Eぐちさん、面白かった、
まじめに勉強なったよ(^^)
アートとクリエイトもっと教えてくれ!
Commented by Eぐち at 2006-08-18 17:03 x
佐藤先生、早速のコメントありがとうございます!
お話をうかがっているのと、商人ネットの番組でしか存じ上げなかったので、今、直接お言葉いただいて、本当に喜んでおります。

こんなお話でよければいつでもいたしますので、いつかお会いできることを心待ちにしております。

それでは、ありがとうございました。
Commented by 商人伝導師 at 2006-08-18 22:20 x
E口君、素晴らしいメールだよ。小生も勉強になった。アートの考えはその通りだと思う。君が最のアーティストになれるよう陰ながら支援していきたい。君が最後に書いていたように、人に伝えることを常に考えて行動してほしい。この商人ねっとは、映像を創ってるんではないんだよ。流通業に携わる方々に「夢」と「希望」と「勇気」を創ってるんだというアーティストの気持ちをもっていてほしい。このblogを見て、嬉しくて涙がでそうになった。小生はなんて運がいいんだろう。こんな素晴らしいダイヤモンドの岩石の社員がいることを…!岩石を磨いてほしい。光輝くダイヤモンドになれるように、君に徹底的に「投資」することを誓う。
あまりの嬉しさにお酒を飲み過ぎそうである。
最後に、商人伝導師様はないだろう!小生は殿様か?それとも独裁者か?みんな想像してるだろうな〜。
Commented by 佐藤勝人 at 2006-08-19 10:36 x
私は何となく「商人伝道師様」という表現から
社内では部下から見ると「お殿様」なんだろうね・・・。(^^)

ヨッ「殿」!

しょうがないんだよね、
そればかりは埋められない年の差!です。

「水元のオヤジ」といわれるれば違う世界になっちゃうしね。
Commented by Eぐち at 2006-08-19 18:50 x
伝道師様、心にしみるお言葉ありがとうございます。
一介の社員の声をこういう形で聞いていただける機会を与えていただけるだけでもすごいことだと思うのに、こうして熱い言葉までいただけるということは社員として、人として最高に幸せだと思います。

伝道師様のご期待には仕事と結果でお応えしていこうと思っています。

ありがとうございます。

ところで、私は戦国時代が好きなので、個人的には、社長のことを殿と思っています(笑)。
by akindonet | 2006-08-18 11:54 | Comments(5)