人気ブログランキング |

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


ラッピングの差別化セミナーのご案内
2019年7月17日開催

これからは「心の豊かさ」を求める時代。
「サービス」や「経験価値」が重要になってきます。
その一つの手法が「ラッピング技術」。

しかし、基本やマナーを知らずにラッピングを行っていると…
「心の豊かさ」や「サービス」どころか…
トラブルにつながる可能性があります!

f0070004_11150297.png
そこで今回企画した「ラッピングセミナー」では基本技術から応用まで
実際に体験しながらラッピングの技術を学ぶことができます !

先生は「マツコの知らない世界」にも出演された
ラッピング・コーディネーターの武田真理恵先生。


当日の実技のDVDがついてくる特典もございますので社内で後日共有できます。
あなたの企業でも優秀なラッパー(ラッピング・包装師)を育てませんか?

お申込みはコチラから

皆様のお申込みお待ちしております。


f0070004_21591046.png

コトPOPマイスター認定講座 3時間受講コース
コトPOPインストラクター認定講座
お申込み募集中!

■マイスター認定講座
7月10日(水) 10:00~13:00

初めての方はこちら!コトPOPの基礎知識を身に着け、
すぐに店舗で実践できます!

■インストラクター認定講座
7月11日(木) 10:00~17:00

マイスター取得後の上級資格
コトPOPの指導・コンサルタントの知識が身につき、
協会認定講師としても活動できます!

会場:東京 神田 NATULUCK神田北口駅前店 4階小会議室





第37回売場大賞「父の日」
f0070004_13111661.png
写真をまとめて送るだけでエントリーが完了!
エントリーした皆様に、全エントリーを編集した売場写真集がプレゼントされます!
ぜひ、次回のイベントにお役立てください。

最優秀大賞に選ばれた方には…
やる気と感動の祭典EX26の無料参加チケットを進呈いたします!
皆様のエントリーをお待ちしております。

売場大賞公式HPはこちら





今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
かるくジョギングして…
読書を約2時間…
その後…

川崎にできた「ヨークマート」さんの新店や…
2~3の店舗を見てみます。
一応、オフなんですけど…
オフじゃないですよね。(笑)
まあ、夕方に帰宅して…
酒飲んで早く寝ます。(笑)



そして、今日は日曜日…。
「心のオアシスの日」



Wedge 創刊30周年記念インタビュー
「平成から令和へ新時代に挑む30人」より


「高崎 義一 ドレミングホールディングスCEO」

ドレミングのシステムが広く世界にしられるようになったのは、あの「Uber」を世に送り出した米サンフランシスコでのITベンチャーコンテスト「テッククランチ」だった。

創業者、高崎義一の「銀行口座やクレジットを持たない、世界でおよそ20億人いると言われる金融難民を救いたい。搾取なき会社を作りたい」という理念と希望を具現化するドレミングのシステム。
テックランチを見た英国政府が我先にと手を挙げドレミングに接触。北アフリカのモロッコでは中央銀行総裁が「法律を変えてでも導入したい」とドレミングを絶賛している。

創業者であり、開発者でもある高崎の経歴は異色だ。
地元の工業高校を卒業後、板前、ハンバーガーチェーンの店長といった職業を転々とする。店長時代の1995年には阪神淡路大震災で被災。店長を務めていた三つの店は倒壊する。
この時、高崎は自らの生かされている意味を深く知る。店長時代、働くアルバイトのために作った、人事勤怠システムがドレミングの源流となる。

高崎は常に考えていた。働く者が不利益にならないようなシステムはできないか?こうしたやむにやまれぬ思いが、当時清算・入金機能「Suica」を開発したJR東日本の最高幹部に手紙を書かせる。高崎が開発したシステムを同カードに載せてほしかったからだ。
それは叶わなかったものの、1000万円の投資を受けることができた。
こうした紆余曲折を経て辿りついたのが、先の「テッククランチ」だった。

「学歴がなく英語も話せない僕が、世界中を飛び回り人をうごかせるんだから、誰でもやればできる」理念と理想と実行力で現実を突き破ってみせた高崎。



「山田 敏夫 ファクトリエ代表」

「30年後、自立する工場が増えていれば、日本の素晴らしいモノづくりの技術は間違いなく生き残っています。」そういって山田は笑顔を見せる。

「世界が認める日本の工場と、あなたを繋ぐ。」というコンセプトで運営する「Factelier(ファクトリエ)」。世界的に通用する技術をもちながらも、安い海外工場との競争で低価格での納品に追われている日本の工場。
山田は2012年の創業以来、これまでに670もの工場を回り、今では55の工場と契約するまでになった。

決してファクトリエのモデルがアパレル業界のメジャーになることはないということは居山田には痛いほどわかる。だが、顧客の中には、値段やデザインだけでなく、「作り手の想い」で買いたい人がいるはずだ。いや、むしろ便利になった今の時代だからこそ、そうした「本物」が求められているのではないか。

55の工場経営者を山田は「革命の同志のような存在」だという。
そうした工場を応援することがメイド・イン・ジャパンの「本物」を残すことにつながると信じている。
だから、ファクトリエを卒業して自社ブランドで自立する工場があってもいいのだという。
ファクトリエをメジャーにするのではなく、ファクトリエの考え方をメジャーにしたい。
それが、山田が創業以来、一貫して追求していることなのである。



いかがでしたか。
今日の心のオアシス。

同じ日本に、自分の信念をもって、挑戦している人たちが沢山いる。
そして、雑誌に取り上げられることがなくても、今まさに努力している人が数えきれないほど沢山いるんだろうなー。そう思う特集記事でした。
みなさんに少しおすそ分けです。


さあ、今週は「第1回上海視察セミナー」です。
なんか…
ものすごいタイトなスケジュールに…
いろんな方々や企業様のご協力を得て…
すごいスケジュールになっていますが…
参加される方々はお許しを…
とてもおもしろいセミナーになると思います。

メーカーさんと行かれる方が多いと聞きますが…
やはり、商人伝道師のセミナーは違います。
価値があると思います。

期待しておいて下さい。


そして、今日の一言…。
「あらゆる偉業の出発点は、目的を明確にすることから。」
(W・クレメント・ストーン)




by akindonet | 2019-06-23 18:00 | Comments(0)