商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「魚のゆくえ」について


第24回やる気と感動の祭典
参加企業様募集中!


10月29日(月)・30日(火)開催
場所:リーガロイヤルホテル大阪

来年(2019年)は
「消費税が10%になります」
「軽減税率が導入されます」。
ひょっとすると「総額表示に変わるかもしれません」。

そんな中、今、やらなければいけない正しいことを学ぶ日本で唯一のセミナーです。

セミナー参加お申込みはコチラから(公式webサイト)


全国より選抜された発表企業のご紹介 部門別リンク

・精肉部門(株式会社野川食肉食品センター 様)
・鮮魚部門(株式会社ショッピングセンター丸正総本店 様)
・デリカ部門(株式会社山彦 様)
・グロッサリー部門(株式会社ウシオ 様・株式会社おおたや 様)
・女子力部門(山成商事株式会社 様)
・食育部門(一般社団法人日本食育コミュニケーション協会 様)
・青果の調達&アマゾン対策部門(株式会社東武 様・美瑛町農業協同組合 様)
・店長部門(株式会社文化堂 様)
・基調講演(株式会社トクバイ 取締役COO 沖本裕一郎様)

鮮魚部門発表者のご紹介映像(Youtube・無料で視聴できます)

鮮魚部門
株式会社ショッピングセンター丸正総本店 様


昨対越えを達成し続ける鮮魚部門が発表!
Aランク・Sランク商品の再構築と新たなヒット商品提案!
「人の行く裏に道あり、宝の山」戦略を「第24回やる気と感動の祭典」で提案する!


セミナー参加申込みに関する詳細は
「やる気と感動の祭典」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

f0070004_18503418.jpg
参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
https://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.html




小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻
「Xmas・年末年始商戦特大号」

10月1日(月)配信開始!


Xmas・年末年始商戦の戦略を
果物・野菜・鮮魚・精肉・デリカ・フロアー・寿司で解説!
さらに800枚以上の昨年の成功事例写真もご紹介!
1年で最大商戦でもあるXmas・年末年始商戦を大成功へ導く特別番組です!

f0070004_11230815.jpg


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)



今日は朝6時起床。
寝坊してしまいました。
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて…
午前中は私用で飛び回り…
午後からは…
「スタイリスト」の会社に行き、コーチングなどを受講し…
夕方オフィスへ入る。

昨日、商人ねっとのアソシエイトと久しぶりに…
「飲みニケーション」する。
ちょっと飲みすぎました。(泣)
いろいろと話すこと…聞くことができてよかったです。


さて、「第24回やる気と感動の祭典」
発表者の「二次提出」が続々とメールされてきています。
今回は、異例中の異例なことが…
それは…

「提出することが目的ではないから…
 もっとつくりこんで…
 もっと考えて…
 提出しなさい!!」


と商人伝道師から指示がでる。
こんなこと初めてですが…
なぜこんなことを言うのか…

「第一次提出」の段階で…
「もうあとは大丈夫…」
という”確信”みたいなものがあったからです。
こういうことは今まで”初めて!”です。
それぐらい”クオリティー”が高い。
ほんとうに”クオリティー”が高い。
期待しておいて下さい。



もう一つ。
「第24回やる気と感動の祭典」
”お取組み企業様”を含めて21名以上でお申込みいただくと…。
「団体優先席」をご用意いたします。
例えば…
「自社参加11名+お取組み企業10名」
でも大丈夫ということです。
これってかなりハードルが低いですよね。
昨日も書きましたように…

「チーム作り」

がこれからのキーワードだと思うのです。
ぜひ、「団体優先席」「第24回やる気と感動の祭典」のクオリティーの高いセミナーを受講してみて下さい。





そして、今日は「魚のゆくえ」について。

今回、大穴中の大穴として…
東京の「丸正総本店」さんを選出しましたよね。

選出した時に申したように…
「前年比を大きくクリア」
している事実があるのです。


実は「丸正総本店」さんに商人伝道師から…
ある”ミッション”が言いわたされています。

それは…
「参加される鮮魚担当者のみなさんに…
”サムシングニュー(新しいことへの挑戦)”を提案しよう!!」
と…


例えば…
「マグロ」
刺身やサクの時代は終わった…。
”新しい商品”の時代が来た。
さらに、相場高が続く中、どのような対応をしていかねばならないか…
そういうことを発表してもらう。


さらに…
「生食」
「アフリカ産タコ」が相場高の中…
タコの売上げが激減…
それをカバーする手段はあるのか…
それを提案する。
これは必聴の価値あり。


「切身」もそう…
「丸正総本店」さんは今、切身は異常値を出している。
たぶん、これはみなさんの企業もそうかもしれない。
その異常値の”原動力”は何か…
を発表してくれる。


「丸魚」もそう…
よく「サンマが安いと他の魚が売れないと…
サンマが安くても、他の魚が売れる方法を発表する。
必聴の価値ありです。


「サーモン」もそうです。
サーモンは「安全・安心・サスティナビリティ」がポイントになる。
それを追求した「生サーモン」を発掘。
その「生サーモン」にかえて…
どう変わったかを発表してくれる。


「ブリ」もそう。
「養殖ブリ」と「天然ブリ」のマーチャンダイジングが違う。
「養殖ブリ」のマーチャンダイジングはどのようにしたのか…
「天然ブリ」のマーチャンダイジングはどのようにしたのか…
それを行って、どのように変わったのか…
をみなさんに発表する。


「貝」もそうです。
「アサリ・シジミ」の時代は終わろうとしている。
さらに、その「アサリ・シジミ」でサプライズ発表もしれくれる。
「値入50%以上」
そんな”Aランク貝”があることをみんな知らない。
それをみなさんに提案します。
すごいですよーーこれ!!


「うなぎ」に変わるヒット商品はあるのか…
これも、発表してくれるかもしれない。
「うなぎ」は今後”絶滅危惧種”に指定され…
食べることができなくかるかもしれない。
それに変わる商品があるのか…
まだわからないけど、提案してくれるかも…


このように…
「鮮魚担当者必聴」の発表をしてくれる。
”大穴中の大穴”の選出なので…
鮮魚担当者の参加が少ないのが…
ものすごくもったいない。


商人伝道師的には…
「一番収穫のある発表」になるかもしれないと思っているんですよ。
本当に…
だって、「サムシングニュー」を連射法のように発表するのですから…



ちなみに、今回も参加される…
銚子漁港の「参協未来株式会社」の佐野社長からこんなメールが届いた。
それを紹介します。

まずは、「全国の市場数」
「10年前と比べて、51.09%(2014年現在)」になっているとのこと。
最新のデータでは50%を切ることが確実。

全国の「漁業従事者」は…
2007年 204,330人
2017年 153,490任

「24.9%の減」

「国内漁業生産量」
1984年 1,282万t(生産量ピーク)
2016年 436万t

ピーク時のなんと「66%減」

しかし…
これ見て下さい。
「水産物の輸出(日本から海外へ)」は…
2001年 30万t
2017年 60万t

なんと、輸出はどんどん増えているのです。

漁獲高は減っているのに…
輸出量は増えている。

これでは「日本人は魚が食べれない」ですよね。(笑)
特に、日本の漁獲高の50%以上を占める…
「特別第3種漁港」はその傾向にあると…



こういうことをしっかりと学んで…
そして、今回発表する「丸正総本店」さんの…
「サムシングニュー」の発表で学ぶ。
これが大事だと思う。
今回、参加されるのと…参加されないのでは…
「鮮魚部門」は大きな差になる
そう確信してます。

以上のデータをみて、みなさんわかったでしょ。
日本の漁業自体が”大きな転換期”をむかえているって…
漁業生産量が激減して…
輸出が倍増している…
これじゃ「魚はいないはずだ!!」と…
だから「ニューへの挑戦」していかねばならないと…。

よって、「第24回やる気と感動の祭典」では…
「ニューへの挑戦」を行い、こんなに結果が変わりましたよ…
という「ビフォー・アフター」を発表できる…
企業を選出したのです。
おわかり…。


全国に数多くのセミナーがありますが…
こんなに深く考えて、セミナーを運営している者はいない。
「今起きている未来」をさっちして…
どのように「対策」していかねばならないか…
それをセミナー内容にする。
これが「やる気と感動の祭典」なのです。
ぜひ、参加してみて下さい。


「第24回やる気と感動の祭典」鮮魚部門のご紹介映像


セミナー参加申込みに関する詳細は
「やる気と感動の祭典」 公式ページへ


そして、「今日の一言」…。
「求められているのは、「競争」よりも「変化」である。同じ土俵で競うのではなく、次々に変化し土俵を変えていくことが評価されるのである」
(鈴木敏文)

by akindonet | 2018-10-02 18:00 | Comments(0)