商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


第24回やる気と感動の祭典
参加企業様募集中!


10月29日(月)・30日(火)開催
場所:リーガロイヤルホテル大阪

来年(2019年)は
「消費税が10%になります」
「軽減税率が導入されます」。
ひょっとすると「総額表示に変わるかもしれません」。

そんな中、今、やらなければいけない正しいことを学ぶ日本で唯一のセミナーです。

セミナー参加お申込みはコチラから(公式webサイト)


全国より選抜された発表企業のご紹介 部門別リンク

・精肉部門(株式会社野川食肉食品センター 様)
・鮮魚部門(株式会社ショッピングセンター丸正総本店 様)
・デリカ部門(株式会社山彦 様)
・グロッサリー部門(株式会社ウシオ 様・株式会社おおたや 様)
・女子力部門(山成商事株式会社 様)
・食育部門(一般社団法人日本食育コミュニケーション協会 様)
・青果の調達&アマゾン対策部門(株式会社東武 様・美瑛町農業協同組合 様)
・店長部門(株式会社文化堂 様)
・基調講演(株式会社トクバイ 取締役COO 沖本裕一郎様)

青果の調達&アマゾン対策部門発表者のご紹介映像(Youtube・無料で視聴できます)

青果の調達&アマゾン対策部門
株式会社東武 様


競合店と圧倒的な差をつける「商品調達」!
「経験価値の最大化」で日本一と呼ばれる企業が考えるAmazon対策のポイント!
その具体的戦略・戦術を「第24回やる気と感動の祭典」で提案する!


セミナー参加申込みに関する詳細は
「やる気と感動の祭典」 公式ページへ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

f0070004_18503418.jpg
参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
https://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.html




小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

商売繁盛虎の巻
「Xmas・年末年始商戦特大号」

10月1日(月)配信開始!


Xmas・年末年始商戦の戦略を
果物・野菜・鮮魚・精肉・デリカ・フロアー・寿司で解説!
さらに800枚以上の昨年の成功事例写真もご紹介!
1年で最大商戦でもあるXmas・年末年始商戦を大成功へ導く特別番組です!

f0070004_11230815.jpg


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝5時30分起床。
久しぶりにジムに行って…
その後は台風なので…
家でずっと仕事します。

そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですよね。

今日は…
ある書店の話です。

「ラスト・ブックストア」


彼は、全国で他の書店が次々に閉店していた時期の2009年、
ロサンゼルスのダウンタウンに「ラスト・ブックストア」という書店を開きました。

そして2011年、さらに閉店する店が増加し、
巨大書店チェーンのボーダーズが破産申告したその年に、
ラスト・ブックストアは事業を拡大し、
同じロサンゼルスのダウンタウンにある一万平方フィートの旧銀行ビルへと移転しました。

スペンサーが本の販売を始めたの21歳の頃。
小型バイクの事故に遭い、車いす生活になってからなのです。

「趣味として始まり、仕事になって、それがビジネスになりました。
車いすでもこれといった手助けを必要とせずに自力でできることでしたし、就職するための労力も不要でした。
障害を補うため、ありとあらゆる面でできる限り速やかに、無駄なく仕事をすることを覚えました。
この試練のおかげで、仕事に対して熱心になり、より向上しました。」

スペンサーの店には約25万冊の本があります。
新刊は2万冊で、あとは古本です。

旧銀行ビルにある彼の書店はは丸天井になっています。
彫刻やコラージュで飾られ、古い手動式タイプライターが一台、
ほとんど見えない糸で吊るされて空中に浮かんでいます。

そして「ラビリンス」と呼ばれるフロア、本棚の迷路や隠し部屋、曲線的に本を積み上げたトンネル、
さらには1冊1ドルのの中古本を約10万冊収めた「ダラー・ルーム」などもあります。


彼は言います。

「自分の仕事とは大量に並んだ本を売ることで、その多くは古本で値の張らないものです。
でも、本だけかというと大きな間違いです。僕は体験を絶対に作り出したかったのです。
みんな本を買うためだけに来るのではない。本はアマゾンだって買えるのですから。」

「人間というものは世界を体験することが好きで、
僕らは自分の五感を使うことや、他人と一緒にいることが好きなんです。」

ちょっといい話シリーズより


いかがでしたか…
今日の心のオアシス。

「人間というものは世界を体験することが好きで、
僕らは自分の五感を使うことや、他人と一緒にいることが好きなんです。」



業種は違えど、考え方は同じだと思うんです。
スーパーマーケットに買い物に来られる方も、
同じだと思いませんか?

彼は最初、オンライン販売から始めたそうです。
しかし、自分の行っていることが「いつまでも続くガレージセール」
のように感じて、実店舗を開くことを決意したそうです。


彼の書店はこんな感じのお店です。

f0070004_11241043.jpg

f0070004_11241668.jpg

出展:http://yadokari.net/yadokari-feature/45766/



さあ、10月です。
10月は…
「第20回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」と…
「第24回やる気と感動の祭典」と…
大きなセミナーが続きます。


特に、「第24回やる気と感動の祭典」
f0070004_19361767.jpg


ムチャクチャ今回いいですよ。
”やる感史上最高!!”の内容になるかもしれません。
ムチャクチャすごいですよ…
今回…

ぜひ、参加してみて下さい。


そして、「今日の一言」…。
「顧客はより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ。」
(スティーブ・ジョブズ) 



by akindonet | 2018-09-30 18:00 | Comments(0)