商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第24回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2





次に…
「グロサリー部門」
発表企業&発表者は…

株式会社ウシオ
(島根県出雲市)


株式会社おおたや
(千葉県夷隅郡御宿町)

↓「グロッサリー部門」発表企業のご紹介映像



これまた、「大穴」中の「大穴」の選出。
今回は「サプライズ」選出が多いですね。
これまた凄いんです。

まずは「ウシオ」さん。
島根県出雲市は“山陰最大の激戦地”

「ゆめタウン」(山陰最大のSC)
「イオンタウン」(山陰最大のSC)
「メガドンキ」(山陰初)
「トライアル」(2店舗)
「プラント」(3店舗)
「コスモス」(多数)

それに、「地元資本のスーパーマーケット」
とにかく、物凄い激戦区。
特に「グロサリー」の価格はムチャクチャ。

「ドンキ」に…
「トライアル」に…
「プラント」に…
「コスモス」…

です。
「NB商品の安さ」では全く敵いません。
では、どうするか…。
「オリジナル商品」をつくるしかないです。
こういう風に…。

f0070004_15121252.jpg
f0070004_15122022.jpg
f0070004_12261148.jpg

f0070004_15133131.jpg

お菓子でどんどん「PB商品(オリジナル商品)」を作っています。
もちろん、「グロサリー」でも…。

f0070004_15140885.jpg
f0070004_15141543.jpg
f0070004_15143011.jpg
f0070004_15143787.jpg

こういう商品を地元メーカー様と「お取り組み」でどんどん開発してます。
たった7店舗の企業なんです。

「和日配」でも同じく…

f0070004_15150413.jpg
f0070004_15151286.jpg

信じられないくらい「オリジナル商品」を作っています。
もちろん「洋日配」でも…

f0070004_15151837.jpg
f0070004_15152573.jpg
f0070004_15153594.jpg
f0070004_15154160.jpg

どうやったらこんなに「プライベート」商品や地元メーカーとの「お取り組み」商品がつくれるのか…
それを発表してくれます。

NB商品の安さが全く通用しない地域。
遅かれ早かれ皆さんの地域もそうなります。
その中で、確実に結果を出している。
その「秘訣」・「秘策」を発表してくれます。
昨日のBlogでも書きましたよね。

「アマゾンが売らないモノを自分でつくる」

小さい規模のスーパーマーケットでも、これが出来ることを発表してくれます。
物凄い発表になるはずです。

ぜひ、グロサリーバイヤーならびにレッドオーシャンで苦しんでいる担当者…
参加してみて下さい。


そして、もう一社。
「おおたや」
多分、99%の方がこの企業を知らないと思います。
「大穴」のレベルを超えた「大穴」
でも、取り組みは凄いです。
なんと、エントリーのパワーポイント枚数「124枚」
この“執念”は凄い。


正直、今までは何の変哲もない「企業」でした。
今回、発表する方が一念発起して変えていったのです。
この企業も他の企業と同じく…
差別化したいと「こだわり商品」を入れたけど、全く売れない。
お客様に認知されない。
そんな時、ある“人間”と出会ったのです。

f0070004_15163961.jpg

同じく「倒産や競合出店の危機」にあった者同志。
情報交換がスタートした。

f0070004_15164781.jpg

f0070004_15165860.jpg

そこから、「MDマトリクス」を再構築した。

f0070004_15170565.jpg

そして、とうとうこんな“強引”なことをした。


f0070004_15171471.jpg

f0070004_15172347.jpg

f0070004_15172982.jpg

これくらい、“強引”でないとダメです。
すると、変わってきたのです。

f0070004_15173978.jpg

そして、「パートさんの意識改革」

f0070004_15174834.jpg

f0070004_15175643.jpg

自主的に「パート社員」さんが「コトPOP」を作り始めました。

f0070004_15180649.jpg
f0070004_15181328.jpg
f0070004_15182056.jpg
f0070004_15182619.jpg
f0070004_15183413.jpg

どのようにして、このような「パート社員」さんのモチベーションを上げたのかを発表してくれるはずです。


すると、こうなりました。

f0070004_15184205.jpg

「グロサリー(食品・菓子・酒)」がどんどん売上を伸ばしています。
粗利益はとてつもなく上がっているのです。
どのようにしたら、こんなに業績が上がったのかを発表してくれます。
凄いですよ!!
この発表!!


そして、この2社の「グロサリー部門」発表。
「第24回 やる気と感動の祭典」の目玉の発表になるかもしれません。

バイヤーは「オリジナル商品」の作り方や発掘を学べます。

担当者は「売場づくり」・「コトPOPづくり」・「商品」を学びます。

凄い発表になること間違いなし。
グロサリーのバイヤー・担当者全員集まれ!!
と言いたい凄い発表になります。





次に「女子力&イベントマーチャンダイジング」部門
発表企業&発表者は・・・

山成商事株式会社
石川県七尾市



「真打」登場です。
「売場大賞」の“チャンピオン”をなんと過去4回も受賞している。
とにかくこの企業・・・
「女子力」のパワーがすごい。

ちょっと紹介しましょう。
「父の日」の売場大賞でチャンピオン(最優秀大賞)を取った売場です。
f0070004_15193771.jpg
f0070004_15194723.jpg
f0070004_15195634.jpg
f0070004_15200003.jpg
f0070004_15200505.jpg
f0070004_15201605.jpg

f0070004_15203005.jpg
f0070004_15203730.jpg
f0070004_15204229.jpg
f0070004_15204733.jpg
f0070004_15210104.jpg
f0070004_15214120.jpg

さらに、これまた昨年の「Xmas」の売場大賞でチャンピオン(最優秀大賞)を取った売場です。

f0070004_15220668.jpg
f0070004_15221305.jpg
f0070004_15222021.jpg
f0070004_15222898.jpg
f0070004_15223777.jpg
f0070004_15224426.jpg
f0070004_15225344.jpg
f0070004_15225818.jpg
f0070004_15230158.jpg
f0070004_15231400.jpg
f0070004_15232021.jpg

ほとんど、女性陣が作った売場。
とにかくパワーが違う。
今回は・・・
それに加えて・・
「女性バイヤー」
「レジチェッカー」
「各店の売場担当者」
の中から、“精鋭”を選抜して発表します。
たぶん、あの“伝説の発表”と言われた・・・
「いちい」の「チームハピスト」を超える発表になると思います。
ものすごいパワーで発表してくれることでしょう。
「女性バイヤー」の取組み。
「レジチェッカー」の取組み。
「売場担当者」の取組み。
いろんな分野で発表してくれるはずです。

もう今からドキドキワクワクしませんか・・・
しかし、インターネットはすごい!!
SNSはすごい!!
山口宗大社長は今、フランスにおられる。
でも、LINEがあればすぐに通じる。
LINEを通じて、承諾を得た。

さあ!!
「真打」登場
です。
日本でも最高レベルの「女子力」を持っている企業。
日本全国のスーパーマーケットで働いている女性の皆さん!!
「夢」「希望」「勇気」を与える発表をします。
みんな集まれ!!





次に・・・
「第24回目」にして初の部門。
「食育」部門。
発表企業&発表者は・・・

日本食育コミュニケーション協会
(大阪府大阪市)
代表理事 
石原 奈津子 さん
理事 
宇都宮 越子 さん
講師 
徳永 ひろみ さん


皆さん、お馴染みの「日本食育コミュニケーション協会」さん。
全国に約4000名の「食育コミュニケーター」を養成された。
しかし、今回は「日本食育コミュニケーション協会」の石原奈津子代表に
大きな課題を提示したのです。

「食育基本法」が施行されたのが2005年
もう13年も経ってしまった。
「食育コミュニケーター」養成として、“女性の戦略的活用”という役目
という点においては、
全国のスーパーマーケットに大きな貢献をされたと思うんです。
しかし、13年も経つと“時代が変わってくる”んです。

f0070004_15445444.jpg
これからも、この活動はますます進んでくることでしょう。
しかし、これからは「店」単位ではなく、
「地域」・「コミュニティー」単位での食育になるのではないかと・・・

例えば、地域の病院とコラボ(ジョイント)して・・・
「薬膳料理(弁当)」の提案をするとか・・・

f0070004_18155011.jpg
f0070004_18155867.jpg
f0070004_18160353.jpg

そして、「予防治療」の一つとして「医食同源」の提案をするとか・・・

f0070004_18161068.jpg

地域の「ドクター」「栄養士」さんなどとコラボ(ジョイント)する食育へ
進化していくのではないかと・・・


また、今、社会的問題になっている「子どもの貧困問題」
それを解決したく活動している「子ども食堂」
ここにスーパーマーケットが「食育」として協力できないかと・・・
「未来のお客様」ですもんね。
この子たちが大きくなった時に・・・
母親や父親になった時に・・・
必ず、小さい時に助けてくれた「子ども食堂」を応援したスーパーマーケット
使ってくれると思うんです。
これこそ、本当の「食育」だと・・・

または、スポーツクラブやホットヨガなどとコラボ(ジョイント)しての・・・
「無理しない体操+食事」のコラボ提案。

というように、これからは「地域」・「コミュニティー」単位での「食育」
発展していくんじゃないでしょうか・・・

と石原奈津子代表にお伝えし、そういうことを今回、スーパーマーケットの方々に
提案していただけないかとお願いした。

f0070004_15453280.jpg
このように、大学とのコラボも必要になってくると思うんです。
こういう、「これからの食育」
「地域を巻き込んだ食育」
「異業種とコラボした食育」
へと進化していくのではないかと・・・

アメリカのスーパーマーケットでいう・・・
「サスティナブル戦略」です。

f0070004_15474464.jpg
f0070004_15471647.jpg

ポートランドの「ニューシーズンズマーケット」のように、
地域のコミュニティーの中心になる・・・
これこそ、これからの「食育活動」ではないかと商人伝道師は思う。

それを「日本食育コミュニケーション協会」さんだったら、
どう考え、どう取り組んでいくのか・・・
を発表してもらおうと思っています。
ものすごく“難しい課題”です。
しかし、このように「進化」しなければ、地域のスーパーマーケットは
「アマゾン」に・・・
「ドラッグストアー」に・・・
「ドンキ」に・・・
負けてしまうと思うんです。

「日本食育コミュニケーション協会」さんとしても
“本邦初公開”の発表をしていただけると思います。
「食育コミュニケーター」の資格を持っておられる皆さん!!
ぜひ、参加してみてはいかがですか・・・
「第24回目」にして、初の「食育部門」発表。
それも、食育業界をリードしてきた「日本食育コミュニケーション協会」さんの
代表自らの発表。
すごいことになります。
ぜひ、参加してみてください。



by akindonet | 2018-09-05 20:00 | Comments(0)